2017年08月27日

NHKラジオ体操(LIVE)に出席

大阪狭山市の市制30周年記念イベントとして企画されたNHK朝のラジオ体操が総合体育館横の野球場で開催されたので、朝4時半沖起きで参加した。5時半頃から説明があり、ジャスト6時半からラジオの生放送で全国と国際NHKラジオの聴衆に発信。第1、第2のラジオ体操をしたが、第2の方は久しぶりだった。合計10分程のパフォーマンスだったが、久しぶりに早起きをした。天候に恵まれ、一日の活動時間に余裕が出来た。早寝早起きは得するようだ。自転車(電動)で坂を上ってゆく途中、二上山の上に朝日が昇っていた。
DSCN4343.JPG   DSCN4342.JPG 二上山の朝日.JPG
posted by ケチ at 16:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風で倒れた我が家のバラ門

和歌山へ上陸した台風、大阪への影響は少なかったが、我が家のバラ門を倒して過ぎ去った。朝起きたら、家内が門から出られないと告げに来た。10数年、我が家を守ってくれていたバラの門が外側に倒れていた。枝の手入れが不十分で張りすぎて重くなっていたのだろう。鉄パイプのアーチも曲がり折れていた。最早打つ手はない。先ず前の道を開ける必要があり、枝を切る作業に着手。
出入りが出来る空間を確保したので、後は業者に頼むことにした。切ってしまおうとしが、再生できるとの勧めにより、お任せする事になった。細かく枝を選定してくれたので、今はスキンヘッドのような清々しい存在である。毎春には短い期間ながら沢山の白薔薇を提供してくれた老木、千葉の八千代市の京成バラ園から運んできたもので、新設のアーチで、再び蘇る事を祈っている。
H29我が家のバラ.JPG 倒れたバラ門.JPG 剪定したバラ.JPG 
posted by ケチ at 15:54| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

東京から孫(一真)が帰って来た

Aliさん一家と入れ替わりに東京から孫(一真)が来た。今回は和歌山あたりへ連れて行くことにした。一日は、加太へ電車で行く。
南海のさかな線で到着、夏休みの割には閑散としているのは近頃は海へあまり来ないのだろうか>
海辺のホテルで入浴をしたのちに、昼食を摂り、和歌山城へ。異常に暑いせいかここでも訪問客は多くは無かった。

続きを読む
posted by ケチ at 17:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クアラルンプールからのお客さん

7月の末に、クアラルンプールのAliさん一家が訪日。約10間の大阪滞在。関空で出迎えた。関空内での礼拝室はビルの一番端にあり、向学の為に入室した。ごく狭い空間で、10分ほどの礼拝だったが、敬虔なイスラム教徒は一日5回の礼拝を守っているのは偉い。イスラム教の教えは良い筈なのに、何故、人々を簡単に殺害するのだろうか。宗教は人を幸せにする筈なのに。Ali博士は10年ほど前に、府立大学の航空工学科の博士コースを修了し、博士の称号を得て帰国された。インドネシアのバンドン工科大学出身(スカルノ大統領の出身校)で国ではエリート。バンドンにある国営の飛行機製造会社(社長がハビビ元副大統領)に所属していたが、大学教授となり、現在は国際イスラミック大学の客員教授。スマホで宿泊先や訪問先を考えられたようだ。新幹線の広島までの割引運賃制度を調べて先ず空港で購入された。宿舎は、JR新今宮駅の近くのコンドミニマム?のようだった。確かに、市内のホテルでの宿泊は高すぎる。大阪人とは違って、外国人にとっては西成でも釜ヶ崎でも関係ない。自宅へ来てもらえば良かったが、流石に一家4人を快適に宿泊してもらう場所は揃えられなかった。部屋数は結構ある我がウサギ小屋だが、最近では物置部屋と化している。クアラルンプールを訪問した時には毎日、市内を自家用車で案内して頂いた。新今宮駅近くの宿舎を起点に割引乗車券で広島市を連日訪問したらしい。良いアイデアである。JR新今宮駅の北側は長い間空地であったが、星野リゾートは数年以内にホテルを建設するらしい。新今宮駅は今後は押し寄せる外国人旅行者のメッカとなるだろう。但し、安い目の価格設定が必要だ。
IMG_1169.JPG IMG_1182.JPG IMG_1202.JPG


posted by ケチ at 17:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの香港

20数年ぶりで、香港旅行をした。家内が最低年に1回は海外旅行をしたいという。余り長旅は出来ないので東南アジアを選んだ。
インドネシア、ベトナム、マレーシア、タイ、台湾、中国、韓国は既に行ったので、残る手軽な場所は香港。現役時代に会社が香港で工事をしていたので、その関連で、3回ほど訪問していた。中国へ返還される3年ほど前のことで返還が話題になっていた。あれから20数年、香港は変わっていた。香港島には海岸沿いに高速道路が出来ていたし、地下鉄も整備されていた。この香港、初めて訪れたのは、昭和41年、インドネシア滞在を終えて帰国の途中で一人でビクトリアピークや香港島を巡ったが、一人でバーへ入る勇気は無かった。7月1日は香港が中国に返還されて丁度20周年記念日で習近平主席が訪問していたようだが、直接には関係なかった。日本では反対デモの様子が伝えられていたようだが、ごく一部での騒ぎで、一般民衆は20周年記念日にあまり関心がないように感じた。
ブランド製品や食料品も日本と同じ位の価格で、中華料理も特段美味しいとも感じなかった。これ位なら、わざわざの香港旅行はお勧め出来ない。
香港島H29.JPG 香港空港.JPG 香港ペニンシュラH.JPG
posted by ケチ at 16:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

世はグローバル化がますます進展

マレーシアのアリさんから、7月下旬に関西を訪問するとのE-メールがあった。数日間、滞在されるらしい。2年前にクアラルンプールを訪れた時には大変お世話になった。7月末の3日間ほど名所をア案内する予定。それにしてもグローバル化の進展は凄まじい。NPOの理事をお願いしているS先生は数年前にタイからの留学生の面倒を見ておられ、タイにも行かれた。事務所のケアマネの娘さんは入社4年目にして、タイへの赴任を告げられて10月に着任するようだ。タイにはダイキンの工場がある。タイはアジアにおける自動車生産国である。今から55年前、初めてインドネシアへ行った時には、ビザの取得の為に第2次大戦での兵役照明を要求されたものだ。ジャカルタ経由のパレンバンと日本間の航空運賃は20万円だった。大卒の初任給が2万円の時代である。飛行機の発達で地球が実質的に狭くなったのは良いが、異常気象は困る。今年の梅雨は雨が少ないし、世界各地で猛暑だそうだ。
続きを読む
posted by ケチ at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑映え、水きらめく田園都市?

大阪狭山市内に溜池が約120ある。その溜池の上に太陽光パネルを敷き詰める計画が出てから2年を迎えようとしている。既に3か所にパネルが設置された。東池尻地区にある大鳥池には約9000枚のパネルが浮かんでいる。当初、反射光や反射熱の問題が懸念されたが、案の定反射光が問題になっている。環境アセスメントなおざりにした結果である。一方、住民の反対により、設置が中止された新池は自然の儘である。マンションに囲まれた新池に設置されなかったのは本当に良かった。
H29年6月新池 - コピー.JPG ☆☆大鳥池パネル1.JPG

posted by ケチ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

早期発見、早期治療がベスト

6月22日、小林麻央さんが34歳で死去したニュースは、報道で大きく取り上げられた。1年ほど前に癌と診断され闘病生活を送られていた。発見が遅れた理由は不明だが、がんでも他の病気でも早期発見が必須である。予後が良いとされる胃がんでもて遅れた場合の死亡率は高い。早期発見にはやはり一病息災が良い。何か一つ病があれば、気を付けるし、かかりつけ医に掛かっておれば、病変を発見してくれる確率が高い。但し、かかりつけ医が藪医者でないとの条件である。辺りを見回して結構藪医者はおられるようだ。それと共に、自分の健康を守るために最低限の自身の知識も必要である。
posted by ケチ at 00:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤井四段の快挙!!

日、藤井四段の快挙をテレビや新聞が報道している。中学3年生なのに、落ち着いていて謙虚な態度が何とも言えない。近頃の子供達とは違っている。プロも参加した詰将棋の大会で3連覇している実力派並大抵ではない。プロ転向以来29連勝は余ほどの精神安定者でないと出来ないだろう。新聞で生い立ちなどを読むと、集中力が素晴らしい。頭の回転が速いのでコンピュータのように早く先を読めるのだろう。小学6年の時の担任は「目立たなく物静か。勉強が出来るが、普通の子だった」と。このような子を本当に頭の良い子だと言えるのだろう。本市大阪狭山市にも将棋で有名な人物が2人いる。一人は奨励会3段の西山嬢、もう一人は女流3段の室谷嬢。どちらも女流のトップクラス。幼いころ少し教えたことのある近くの先生の予想では西山嬢は、ひょっとすると奨励会で初めての女流プロ(4段)になる可能性がらしい。素晴らしい御仁だが、この藤井四段の登場で、今のところは少し影を潜めた存在である。初の女流プロが誕生したら又その時には話題になるだろう。藤井4段の出現は気持ちが温まる出来事である。
posted by ケチ at 00:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

78歳の誕生祝いを孫の愛生たちと

最近、齢を重ねることはあまりうれしく感じないようになったのは確かである。77のSunset streetがあっという間に過ぎてしまったのだから、残った余生の時間が日ごとに短縮している。誰も自分の寿命が判らないから毎日幸せに過ごせるのである。癌という病気の宣告を受けて、残りの命が1か月位だと宣告されたら辛いだろうと思う。6歳年下の妹がまさにその経験をした。しかし彼女は大変気丈夫で涙や弱音を少しも表に出さなかった。見上げたものである。身辺整理をして、子供たちには残った財産などを平等に分配して、たった2日間の昏睡状態の後に息を引き取った。3年前の事である。今年も多くの有名人が無くなった。人間は必ず死を迎えるのだ。そう考えると、少しでも楽しい思い出を作ってゆくのが我が人生である。人とは少し違った人生を歩んできたと自負している。遅く生まれてきた2歳7か月になる愛生(メイ)はどんな女児になるのだろうか?運動神経は良さそうだし、利発そうだ。河内長野にある「しっとう屋」での誕生祝い、お腹一杯になった。精一杯生きてやる。
DSCN4167 - コピー.JPG

posted by ケチ at 22:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする