2017年05月25日

多すぎる日本の大学数

少子化が進んでいるのに日本の大学数は増え続けてきた。今では名前を始めて聞くような大学が一杯ある。規制緩和時代だとは言え、設置認可が緩すぎるのではないか?以前から、大学進学への投資効率は良くないと指摘されて来た筈。4大が1996年に576校だったのが、2016年には777校になっている。18歳人口が減少する中、自然淘汰で大学の数を少なくするしか手が無い。昨年度に定員割れをした大学が44.5%で、経営悪化で廃校になった大学もある。人口問題と一緒で、東京都内にある大学生数が約75万人を数え、東京一極集中が進んでいる。経営が一番苦しいのは地方の私立大学で、公立化も一つの解決方法だがそれは止めておいた方が良い。将来に亘って当該地方の負担になるだけである。卒業生を地方に留める為に大学を誘致しても、その地方に就職先が無ければ都会に出てしまうだけ。昔は、大学教育を受けるだけの資質ある人の割合は同年代の5%位だと言われていた。猫も杓子も大学・大学の時代は終わっている。志願者数が一番多いなどと競争するのは程度が低すぎる。また、大学教育の無償化もナンセンス。
posted by ケチ at 23:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

さやまナツメロ・カラオケ大会へ参加

さやまカラオケ愛好者連盟が主催するなつめろ・カラオケ大会に出演した。参加者は96名、朝9時40分から夕方5時近くまで一日がかりのカラオケ三昧である。今回は出番が最後から2番目だったので、全ての曲を拝聴した。昔の演歌は懐かしい。カラオケの愛好者は元気な人達だ。医学的に見ても、カラオケを歌うのは健康的に良い。今回の小生の歌は湯原昌幸の「冬桜」。数年間に覚えた歌だ。取りのの一つ前の出演でオリンピック精神で力一杯謳った。この大会はかれこれ10年になる。出演者のレベルアップは凄い。やはり継続は力なりである。
posted by ケチ at 10:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazonのPODについて

前に出版した本「維新の力でまちを変えようや!」に関して、出版元の文芸社からAmazonのPODについての勧めがあり、その話に乗った。契約が切れて、一般の書店が扱わなくなった本をAmazonが一冊づつでも印刷をするという話である。通常、印刷物には経済部数が存在する。製版にお金が掛かるからであるが、最近のデジタル化でこの辺りが解決したのかも知れない。折角PODに乗ったのだからとアナログのチラシを作ることにした。裏面を利用して、今までに出版をした本の紹介もしておいた。今までの出版が4冊なのでせめてもう1冊はしたいとの思いが湧いてきている。小説ではなくノンフィクションの「我が一生!」。第3の人生を纏めて、以前の部分に書き加えたい。今年の我が齢はラッキーナンバー「77」である。


posted by ケチ at 10:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

多夢路会一泊旅行

狭山中学S29年度卒業の同窓生の有志が、多夢路会を創ってから久しい。名前は「たむろ」する会で夢が多い会をもじっている。現在の正式の会員数は22名。毎年一回は一泊旅行している。今回、ドタキャン2名が出て、男性6名、女性10名の参加となった。行き先は知多半島。途中で名古屋の徳川園に立ち寄り、昼食後、園内を散策し、知多半島の先端へ向かう。8年ほど前にセントレアへ来て、豊浜まで足を延ばしたことがある。今回は南知多温泉郷「花の丸」で泊まった。最近、この種のプライベートバス旅行は、バス代が上がったので高くつく。参加者が少ないと共通経費のバス代が参加費に跳ね返り割高となる。会費の3万5千円はオーバーしたようだ。年金生活者には堪えるが、78歳平均の参加者は元気である。帰途、御在所岳に登ったが、ゴンドラロープウェイからの景色は見事だった。何時頃まで、皆元気で参加できるのだろうか?死ぬ間際まで、多くの楽しい思い出を創り、記憶して置いたとして、意識が無くなる直前の自分の頭に残っている記録は焼かれて灰になり永遠に消えてしまうのだろうな、とふと考えた。いつ終わるかも知れない寿命、普段はそれを意識せずに堂々と生きている。それでいいんだ、それでいいんだよ。

H29上野SA.JPG H29徳川園.JPG H29多夢路会.JPG
posted by ケチ at 22:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

久しぶりに知り合いが来所

久しぶりにまち研の時の仲間が市役所に来られて雑談をした。以前よりも少し瘦せられた様子なのでお訪ねしたところ、特に体調が悪いわけでは無いが、83歳になると体力の衰えが身に染みるとのこと。曰く「80歳を過ぎると体力ががたんと落ちる」と。一般的にはそのようだが、信じたくない。個人差がある筈だ。外国ではエリザベス女王の夫君が95歳になり公式の場からは引退すると宣言された。一方日本の天皇陛下も高齢の為に天皇を退位される予定。日本の男子の平均寿命は英国のそれより長い筈だが、個人差もある。恒例になった時の母は、時々「寄る年波には勝てぬ」とぼやいていたことを思い出す。しかし、私的には体力、気力には個人差があるとの強い思いをもって生きてゆきたい。
posted by ケチ at 23:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回さやりんフェステイバル

5月14日(日)にさやかホールの大ホールで第3回さやりんフェステイバルが開催されたので、出席した。このフェステイバルは市内の狭山中学の円卓会議が主催しているものである。大ホールを利用してのフェステイバルだったが、残念ながら観客は少なかった。主催者はボランテイアとして、忙しく準備をしてくれるのだが、最近、どのような事業をしても、出席者を集めるのは難しい。それだけ社会が多様化しているからであろう。芸人でも誰でも有名な人々には関心を持ち、沢山集まるミーハー的なものはあるが、兎に角人の動員は難しい時代である。地域のクラブの発表会で太鼓やフラダンスなどのパフォーマンスがあった。知り合いの野元女史の絵が展示されていた。お上手なものだ。
さやかホール.JPG 3回さやりんフェスタフラ.JPG 野元さんの絵画.JPG

posted by ケチ at 00:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の新大統領の気になる政策

日米も懸念を抱いているムンジェイン大統領、北朝鮮に秋波を送り、経済支援で北の変化を促す積りだろうが、北の政治体制や金王朝のことを考えれば、上手く行く政策とは思えない。自分の保身の為に身内や恩人たちを無慈悲に粛清している為政者である。国連の警告を無視し、核兵器を開発し、ロケットをぶっ放すやばい相手である。南北の交流が進めば北に資金が流れる。その資金が国民の生活に回らずに、物騒で人騒がせな武器を製造する為政者である。新大統領のご両親は北の出身らしいが、その想いだけで南北統一などの淡い夢を追いかけるのは危険である。隣国である日本もあまり右往左往せずに冷静に推移を見守ればよい。
posted by ケチ at 00:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

大阪狭山市都市間市民交流協会(第17回)総会に出席

5月13日(土)市民交流協会総会に出席した。今年は第17回の総会である。昨年は狭山池創造1400年の記念式典と年に当たり、米国オンタリオ市や韓国のキムジェ市からの訪問客があり、補助金が350万円出たが今年は290万円に減額された。市からの補助金は事業費に使うようにしてほしいとの意見を述べておいた。姉妹都市として交流している米国へは過去40年間、市民の相互派遣事業が続いている。今年も15名の志願者から5名が選抜されて2週間、米国でホームステイをしてきた。その報告があった。厳しい審査をするのだから、もう少し派遣者への補助を増やすべきである。また、派遣費用を負担できる候補者だけになってしまうのは問題で、余裕のない家庭の生徒も応募できるような方策が望ましい。40年の間毎年交換派遣しているのは素晴らしい事である。高校・大学時代に外国生活を体験するのは有益であるが、当初協力を惜しまなかった当事者が段々恒例になるので、この交流を如何に次世代に引き継いでゆくかが、今後の課題である。
posted by ケチ at 23:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

介護関係事業所研修に出席

NPOふれ愛さやまは介護関係の事業所を運営している。ケアプランセンター、訪問介護事業所への恒例の事業所研修会が松原市文化会館で開催されたので出席した。初めて行ったが、開館の前は広々として綺麗だった。終了後、駅までの途中、浦野後援会事務所を見つけたので立ち寄った。秘書の「平野さん」が補選に立候補するようである。若い女性に頑張って貰いたいもの。同じ地域に属しているが、この松原市には滅多に来る機会がない。確か元丹南藩があった所である。大阪(摂河泉)の6つあった藩の一つである。狭山と丹南という河内の2藩、何れも小藩だったので親しみを覚えるが、このまち、江戸時代の名残がどれほど残っているのだろうか? 帰途は、遅い昼食を摂るために河内松原駅から近鉄で阿部野橋へ行くと、足は自然にハルカスに向かっていた。13Fで、韓国料理を済ませた後、無料の16Fの庭園からは、残念ながら北方面だけが望めた。上の展望階へは経済的な理由で遠慮した。行ったことが無いところへ行くのは新たな発見があり楽しいものである。
松原文化会館前.JPG ハルカス16F庭園.JPG 松原補選 (2).JPG


posted by ケチ at 10:25| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

拙著、「維新の力でまちを変えようや!。PODてご存知で

最近、アマゾンのPODを薦められ、トライしています。3年前に「維新の力でまちを変えようや!」を文芸社から発刊したが、契約期間が過ぎましたので、A4たて_裏面 [著書紹介].pdf文芸社からAMAZONのPODを薦められた。手に入らなくなった本をAmazonが注文を引き受けて、1冊でも印刷するそうです。PODはPrint On Demandの事です。通常、書籍を印刷する場合は印刷部数の経済単価が存在します。1冊づつ作成したら単価が高くつきすぎる筈ですが、1冊の注文でも印刷して送ってくれるようです。興味がありそれに乗っかかって、PR用のチラシを作成しました。是非とも拙著をご拝読頂ければ幸いです。チラシの裏面に現在まで上梓した拙著も案内しておきましたが、これらPODではありませんので、絶版です。5冊目は、最後として「男の遺言状パート2」の上梓を考えているが、果たして出来るかどうか?。
H29拙著4冊.JPG


posted by ケチ at 23:27| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする