2018年11月09日

EPA介護福祉士候補者への研修カリキュラム

現在、EPAに基づき日本で研修を受けているカリキュラムの目的は下記の通り。
@生活適応:地域社会で生活できる十分な日本語運用力・生活適用力の獲得(日本語能力試験N3レベル)日本の社会・生活習慣への理解・適用学習範囲の70%以上の理解)
A職場適応:職場で即戦力として就労できる十分な日本語運用力・職場適応力のい獲得(専門日本語 学習範囲の70%以上の実践、職場への理解・適応)
B自律学習:職場および地域社会における自律的学習能力の養成。
日本での研修期間(6か月)で定期試験・中間試験が合計6回ある。
これだけハードな研修の後に試験に合格して働く介護職員の職場の待遇は受け入れるのに十分なのだろうか?気になった。
阪大と介護福祉士候補生交流会.jpeg
posted by ケチ at 10:51| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EPA介護福祉士候補者と大学との交流会へ出席

EPA(経済連携協定)に基づき、来日しているインドネシア人看護師・介護士候補者との交流会へ出席する為に、地下鉄御堂筋線あびこ駅を降りた。スマホの地図を頼りに夜道を辿るとあびこ中学校の隣に「海外産業人材養成境界・関西研修センター」があった。場所的には大阪市立大学
東側に隣接している場所。今年は329名が登録されていて、看護師候補者の31名は東京研修センターで、一方介護福祉士候補者の298名のうち109名が大阪研修センター、中部が189名とか。確か10年ほど前に始まったこのEPAによる研修コースでは、滞在中の3年間で実務経験の受験資格を得て受験し、合格すれば日本での就職が可能だが、合格しなければ帰国する条件だった。外国人が日本語で介護福祉士試験を受験するのは大変厳しいと思っていたら、案の定、初回は数名の合格者だけで、大半は帰国した。最近では、事前に現地で約半年、日本語教育を受けた上で、選考されて来日し、更に半年間の日本での研修を終える。合格率は50%位だとお聞きした。この12月から各自が採用された事業所で勤務しながら受験資格の3年間の実務経験を満たした後に、受験する仕組みである。今回の交流会は毎年、阪大インドネシア語専攻の学生との交流会。原教授と現役学生4名(女子)と小生の6人、約百名中の研修生のうち20名が選抜(?)されて、交流会に参加した。皆さん結構研修や受験準備に追われている様子だった。大部分は独身のようだったが、Bali人と結婚している女性も居た。3乃至4年の日本の生活は研修生にどれ程の影響力を与えるのだろうか?
良い印象を持って知日派となって帰国してほしいものである。
介護福祉士候補生と.jpeg
posted by ケチ at 10:15| 大阪 ☔| Comment(0) | ボランテイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ウサギ会コンペ(狭山中学同期生)泉佐野CC

先に、泉佐野CC(現在アコーデイア)の事を書いたが、久しぶりのビジターとしてコンペに出席した。コースは台風21号によってかなりの被害を受けていた。大きな松の木も根こそぎ倒れていた。関空の近くにあるゴルフコース、広いヘアウエイを21号さんは思い切り駆け抜けていったのだ。長かったコースはお得意様のご老人衆の為に、思い切り短くしてあったが、ボールは飛ばない上に真直ぐにはいかない。練習不足を自覚していたので最初からBB狙い。狙いが的中してBBだった。13名のメンバーは来年には大台に乗る面々だ。それでもゴルフを続けられるだけ元気。来年ン予定は奈良ロイヤルと決まった。
KIMG0543.JPG
posted by ケチ at 20:52| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の海外駐在員の動向

私が海外へ出張・赴任した当時と比べると昔日の感がある。グローバル化の進展した昨今、駐在員先も大きく変化している。新聞に現状が出ていた。6年前に比べて、中国への駐在は7万人で6%減少したが、ASEANへは32%増加して8.3万人、米国へは5.3万人、欧州は3万人だそうな。昔の駐在員とは違って、ホワイトカラーだけが駐在員となっている訳ではない。製造工場が安い労働力を求めて沢山海外進出している。半面、日本では産業の空洞化が進展している。少し昔は、韓国製、台湾製の商品が多かったが、今では中国からベトナムやインドネシアなどへシフトされている。中国への駐在数がASEANに負けたのは、中国の労働賃金が高くなった為だが、こうやって賃金のグローバル化が進んでいくのだろう。日本では労働者不足が深刻になり、外国人労働者を増やす施策が進みつつあるが、欧米の先例をよく研究し、同じ轍を踏まないように注意すべきだろう。
posted by ケチ at 08:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

久しぶりのホームグラウンド(?)でのプレイ

春にコンペに参加してから久しぶりの中学校同級生のコンペに泉佐野CCへ行った。このコースは私が45年程前に120万円を投じて会員になっていたホームコース。当時から距離とフェアウエイが広くて気に入っていたのだが、東京勤務などが長くてアブセント会員にしていた。帰阪後は時々はプレイし、HC20になっていた。忙しさにかまけて、ご無沙汰していた間にアコーディアに買収され、更に年会費がアップ。年会費未納を続けていた為に会員権の権利が抹消されていた。3年間未納を続けたら抹消するとの規則になっているらしい。全く一方的な言い分である。証拠としての会員証は今も金庫の中に保存しているが、一体この始末はどうすれば良いのか分からない。バブル崩壊して20数年。バブル以前に購入していた会員権なのに、救済方法は無いのだろうか?一方的な連絡通知を無視した方が悪いのだろうか?
ところで、コンペ結果は、80歳台のテイグラウンド(グリーン)からのスタートで、6割ほど短縮されたコースを回ってもグロス107、Wぺリア方式の近コンペでBB.(12/13人)。寄る年波には勝てぬという事か。
posted by ケチ at 09:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光陰矢の如し

毎日、多忙なのにかまけて、ブログを更新しなかったら、あっという間に1年間が過ぎてしまった。人生の持ち時間が充分に有るわけでは無いのに、何たる事を仕出かしたのか。大反省しながら久しぶりの記事を書いている。自宅や事務所のPCを使う時間が、スマホ利用の便利さに負けて随分と少なくなったことは確かである。今まで小生のブログを読んで頂いていた読者にお詫びし、
今後はもっと頻繁に自分の意見・主張を書き続けることをお約束する。
H290401小原座姿勢.jpg
posted by ケチ at 08:53| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

大義無き解散と受け皿無き野党

こじ付け解散の2週間、いよいよ投票日となった。当初の予想とは異なり主たる野党の「希望の党」の旗色が悪い。もともと、コア(核)を持たない急造の政党なので無理はないが、凡そ政党の体を成していなかったのが敗因?(投票締め切りまでまだ2時間半ほどの時間があるが)台風21号の来週の最中の投票で関係者は大変だっただろう。それでも600億円の税金が費消されたのは紛れもない事実である。今の選挙のやり方を変えてもっと合理的に実施すべきだろう。ITがこれだけ発展している社会で意思表示や集計方法をもっと考え、無駄な費用を掛けないようにしたいもの。何時まで記名式にこだわっているのか。ボタン操作でデジタル式に集計すれば夜中まで掛かってワイワイと処理する必要が無くなる。関係者の誰もが合理化を主張しないのは不思議である。主権在民を考えれば、国会議員も公務員も主権者たる国民の幸福の為に税金で雇用されている身分である。所謂一般管理費が高すぎる。
posted by ケチ at 17:52| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

大義無き衆院の解散だが

必ずしも首相の専権事項ではない筈だが、1年2か月の任期を残して衆議院が解散された。戦いでは相手の準備態勢が整わない時に攻めるのが常套手段だが、主権者である国民の事を考えたら、600億円も掛かる税金の無駄遣いをして欲しくない。首相の解散権は余程の理由が無い限り制限すべきである。ところで、今回、藪をつついたら、蛇が出てくると思ったが、どうやら恐ろしい「まむし」が出てきそうにない。頭は沢山あるが、弱り切った「大蛇」がよろよろと出てきそうである。まだまだ日本には本当の民主主義が育ってないと見える。国民のレベル以上には政治も行かないようだ。「看板、カバン、地盤」がまだまだものを云う社会か。代議士という地位にありつきたい輩が右往左往している。

posted by ケチ at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

市民懇親カラオケ大会をさやかホールで開催

市立公民館の登録団体と老人福祉施設(さやま荘)の団体で組織された「さやまカラオケ愛好者連盟」が以前からさやま荘でカラオケ大会を開催している。その連盟が今回はさやかホールで手作りのカラオケ大会を企画して催行した。募集や当日の司会、その他全て手作りだから大したものである。当日は81人の出演者がフルコーラスで日頃の喉を披露した。小生もエントリーナンバー77で、「湯原昌幸の柚子」を。上手くは歌えなかったがオリンピックと同じで参加する事に意義を見出している。
最初は、開催にあまり積極的では無かったようだが、言い出しべえの一人として、会が盛況裏に終わったのでほっとしている。
市民懇親カラオケ大会.JPG
posted by ケチ at 00:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護が必要になった原因

厚労省のデーターによると、65歳以上の死亡原因と要介護の原因:
@悪性新生物(がん)が28.9%、A心疾患が16.4%、B脳血管疾患が14.9%、C肺炎が1.5%。老人の肺炎は誤嚥性肺炎が多い。一方、65歳以上の要介護の原因は:@脳血管疾患が26.1%、A衰弱が17.0%、B転倒・骨折が12.4%、C認知症が11.2%、D関節疾患が1.6%である。日頃から足腰を鍛えておくことが必要である。それには「ちょこまかと動く」生活習慣が良い。
健康寿命を延ばすにはスポーツに如かず。
 要介護の原因.JPG 65歳以上の死亡原因.JPG
posted by ケチ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする