2017年06月21日

78歳の誕生祝いを孫の愛生たちと

最近、齢を重ねることはあまりうれしく感じないようになったのは確かである。77のSunset streetがあっという間に過ぎてしまったのだから、残った余生の時間が日ごとに短縮している。誰も自分の寿命が判らないから毎日幸せに過ごせるのである。癌という病気の宣告を受けて、残りの命が1か月位だと宣告されたら辛いだろうと思う。6歳年下の妹がまさにその経験をした。しかし彼女は大変気丈夫で涙や弱音を少しも表に出さなかった。見上げたものである。身辺整理をして、子供たちには残った財産などを平等に分配して、たった2日間の昏睡状態の後に息を引き取った。3年前の事である。今年も多くの有名人が無くなった。人間は必ず死を迎えるのだ。そう考えると、少しでも楽しい思い出を作ってゆくのが我が人生である。人とは少し違った人生を歩んできたと自負している。遅く生まれてきた2歳7か月になる愛生(メイ)はどんな女児になるのだろうか?運動神経は良さそうだし、利発そうだ。河内長野にある「しっとう屋」での誕生祝い、お腹一杯になった。精一杯生きてやる。
DSCN4167 - コピー.JPG

posted by ケチ at 22:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

禁止されている焼却(焚火)処理なのに

夜遅く電話がなった。少し離れた隣人からである。拙宅の裏の庭で焚火をして、燃えているが大丈夫なのだろうかとのこと。寝間着を着替えて裏の家に行き焚火を消してもらうことにした。剪定枝の処理に困って焼却しているらしいが、市内では焼却処理は禁止されている。それが理解できないようだ。水道水で消火して呉れたが不十分なので追加して消火作業を続けた。これで大丈夫だと思われるが、追加作業をしている時に、隣人は暴言を吐きだした。当方はそのような暴言を聞いても屁とも思わない。兎に角大丈夫と思われるまで水道水を掛けておいた。梅雨とはいえ雨が降らず乾燥状態が続いているので、火には気を付ける必要がある。今夕、山本地区で竹藪が燃えたらしい。傍若無人な燐家のお人は困りものである。
posted by ケチ at 23:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

大阪市内、毎日が「天神祭り」

最近、大阪市内へ行くのは、本町の那須歯科での歯の治療のためが多い。先般、家内と一緒に治療を受けた後、本町から心斎橋筋を南下した。沢山の外国人客が心斎橋を闊歩している。爆買いの様子ではない。自分自身もパリや上海、ソウル、台北、釜山などの市場をぶらついた経験があり、心斎橋筋の商店街で買い物を楽しんでおられる旅行客の気持ちは理解できる。それにしても連日の荷際には驚きである。道頓堀橋では多くの人達が記念撮影をしている。川の左岸では「仮面女子」がダンスを披露して、多くの観客が楽しんでいた。毎日が「天神祭り」のようである。このような傾向はここ2年前ぐらいからである。多くの旅行客、特に中国や台湾、韓国、東南アジアの方に大阪をエンジョイして欲しい。旅行客は小さなお子さん連れも多い。民間人の自然な交流は世界平和に繋がる。一方、世相を反映してか、日本から中国や韓国への旅行客は激減しているようだ。解決策は韓国政府の日本敵視政策を止める事だろう。
仮面女子.JPG 道頓堀川.JPG

posted by ケチ at 11:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯茎と運動(スポーツ)、栄養素の関係

奥歯の一本が欠けてダメになり、抜歯した。これで奥歯が2本欠けたことになるが、80−20から見るとまだ良い方である。入れ歯や差し歯ではなく、ブリッジで空いた部分を繋いでくれるようだ。その時、掛かりつけの女性歯科医師から「抜歯した後の歯茎の状態がすごく良い。良い食べ物を食べ、運動も十分にしているのでしょう」と言われた。胃食同源は知っているし、適切な運動も重要であることは承知しているが、口腔の歯にまでそれらの影響が現れるとは驚きである。放送大学の講座に「長寿の為のスポートロジー」があり、視聴してスポーツの大切さを実感している。@人体は60兆個の細胞からなっている。血管の総延長は10Km。B心臓の一日の鼓動数は10万回。C心臓の血液の排出量は一日7t。これらを知って、生体の不思議さを痛感している。
posted by ケチ at 10:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学同級生の帰国予告

パリからメールが届いた。約40年間、フランスのパリに在住していた同窓生(浦田良一君)が日本人会の会長を辞したので、程なく帰国するという。前回彼とあったのは、叙勲で帰国した時である。旭日中受賞は勿論友達としては初めての事で、誠にめでたい事であった。光陰矢の如しであれからでも既に6年が経つ。日立製作所の駐在員として長く外国で活躍されて来た彼の海外滞在記は是非とも読みたいと出版を薦めたが、彼氏の考えは違うようだ。一方、滞在中に家内とパリを訪れたいと思っていたので、帰国の時期を聞いたら、もうしばらく滞在するとのこと。それなら、是非とも訪仏を企画する。人生自身が旅なのだから。
続きを読む
posted by ケチ at 10:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

元の会社OB会総会での黙祷

富士車両株式会社の第39回OB会総会が開かれた時に「黙祷」の儀」があった。その中に西川氏や杉浦氏の名前があった。両氏は大阪府立大学出身の技術者で在勤中にはお世話になった方々である。特に杉浦氏は陸軍中野学校の出身で優秀な方だった。開発部での部下としてお仕事を長く一緒にした。ドイツ語を独学で勉強され、確か2つの部門の技術士を取得されていた筈。実直ではあられたが、今流行りの「忖度」も考えられていたお方のようだ。上司の意向を忖度して業務を実践するのは日本のどこの社会でもあるのだ。ドイツや米国へ一緒に旅した思い出がある。また、西川氏には詩吟「岳風会」でお世話になった。岳風会の奥伝までお付き合いできたのは氏のお陰である。懐かしい壮年時代の思い出の一つである。各位のご冥福をお祈りする。
posted by ケチ at 11:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

後期高齢者健康診断を受診

久しぶりに健康診断を受けた。体重・身長を測って、BMIを計算したら25余りだった。バリュームを飲んでの胃と食道、肺のX線撮影では全く異常なしとの先生のご診察で心電図も正常とのこと。尿検査、検便、血液検査は後日に結果が判るが、兎も角、今のところ異常は無さそうで安心。このところ多くの友人が異常が発見されたとの話をよく耳にするので、適当な運動と生活習慣を正しくする必要性を痛感している。貧乏をしていても、健康が一番である。先ず、生涯現役を追及しよう。
posted by ケチ at 00:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

会社のOB会総会に出席

富士車両株式会社のOB会総会に出席した。毎年6月に大阪商工会議所で開催されている総会だが、今年の出席者は57名。毎年、参加者が減っているのは、会社の規模が小さくなっているのと、新しい定年退職者が増えていないことによる。OB会員数も随分と減少しているのは、倒産(ではない)同様になり、規模を縮小し、上場廃止したからでもある。自分が定年退職してから既に17年が経過した。元の会社の規模も、大阪経済も随分と先細りしている。首都圏一極集中をどうにかして阻止して、関西地域の復興をも一度死に物狂いで実現させる必要がある。そうでないと日本が危ない。昔懐かしいお仲間と雑談しながらふとそのような考えが心を過った。行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。今日も地球は、太陽の光を浴びながら自転している。
posted by ケチ at 16:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「嘘をつくこと」「胡麻化すこと」は怖い事

森友問題や家計問題で、国会も世間も荒れている。文科省では怪文書(?)の存在を再調査する事に決めたらしい。家計問題は獣医学部の許認可に関する事だが、当事者の前事務次官がその文書を見たと主張しているのに、正式文書ではないとか、怪文書呼ばわりで済ませようとする行為は悲しい事以上に「怖い事」である。官房長官が記者会見で関係者の個人的なプライバシーまで暴露し、最大手の読売新聞までがそれを即座に取り上げるなど、昔の大本営発表を思い起こさせる。森友問題では、溜池ご当人の曖昧さをついて有耶無耶に処理できたかも知れないが、前事務次官の場合は事情が違う筈だ。首相は勿論だが、官房長官も国民全体の奉仕者である。公務員は国民の為に仕事をしている事をゆめゆめ忘れてもらっては困る。官房長官はいくら首相の女房役とはいえ、主の為に物事を胡麻化す事は止めた方が良い。小さな嘘、誤魔化しが段々大きな流れになることを恐れる。
posted by ケチ at 12:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

今の所、当方は平和であるが

久しぶりに狭山の3つの円卓会議のメンバーで聖丘CCのコンペに出席した。2週間前の奈良の秋津原CCでの中学同窓会コンペでは散々なスコアでBM獲得の栄誉を得たが、今回は2位だった。勿論持ちハンデイのお陰である。元シングル級の同い年のプレイヤーは「ゴールド」のテイグランドからスタートし、見事セブンアンダーで優勝された。オリンピック精神で参加している身としては、順位は全く関係ない。「ゴールド」からのドライバーショットは願い下げしたい。「ゴールド」スタートなら、「グランドゴルフ」に転向する。幾ら飛距離が出なくなっても、ナイスショットした時の快感は忘れられない。それにしても、半世紀に及ぶ我がゴルフ人生、下手に成ったままである。
聖丘CCH29夏2 (1).JPG 聖丘CCH29夏2 (2).JPG
posted by ケチ at 10:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卓球界でのニューヒロー誕生(運動と頭脳の相関)

13歳の中学生が、日本の絶対的なチャンピオンだった水谷選手に勝利した試合をテレビ観戦した。張本選手は強かった。最近、卓球界で若手の強い選手が続出していて嬉しい。それぞれ、小さい時から卓球の環境に恵まれ努力した結果が表れている。どのような協議でも同じであるが、小さい時から英才教育をしないと、今の世の中、世界レベルで一流にはなれない大変な世の中だ。今、私的には、健康上の理由で週2回の卓球いやピンポンに汗している。スポーツと頭脳との関係は相関関係にある。一流のアスリートは頭が良い人が多い。
posted by ケチ at 09:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真実を述べない恐ろしさ

家計問題で、政府と民進党、自民党の間で論争?が続いている。首相が、指示をしたとかしないとか。恐らくは直接の指示は無かっただろうが、周りが「忖度」し過ぎである。英語でも「Whisper](ささやき)との言葉がある。「注進」、意を組んで側近が主の思いを遂行する手である。世の中、この種の事は多い。その為に、権力者は普段から自らの行動を厳しくしておく必要がある。そうでないと、「李下に冠を正さず」のような事が起こる。首相ご夫妻にはこの点を強く指摘したい。主に取り入って、点数を稼ぎたい手合いが沢山に居るこの日本なのだから。「私は指示をしていない」との言葉だけでは一国の指導者としての自覚に欠ける。

posted by ケチ at 09:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

義母(99歳5か月)の骨折事故

堺市大美野に住んでいる家内の母親、離れに住んでいる無くなった長男のお嫁さんと暮らしているが、夜、頻繁にトイレに行くので危険だと、兄弟がシフトを決めて泊まりにいっている。その甲斐あって、夜中での事故が無かったが、一昨日、昼間、ヘルパーが少し目を離した隙にトイレまで歩き、廊下でこけた。転倒と言うほどの事故では無かったようだが、ケアマネやかかりつけ医も駆けつけ、骨折の可能性があると、救急車で病院に搬送された。検査の結果、大腿骨頸部骨折と判明。体調など患者の状態を診察し、家族の希望なども考慮して、今日にも手術の是非を決定するようだ。最近は、セラミック製の人工骨を埋め込む手術で、1時間弱で終わるらしい。手術しないと治癒するまで長い期間が掛かる上に、その間、痛さが残り寝たきりになる。半年で100歳になるご老人だが歩けなくなるのは良くない。最近、高齢者、特に女性のこの部位の骨折が多い。そこそこお元気な高齢者でも転倒事故には特に注意する必要がある。
posted by ケチ at 08:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

さやまナツメロ・カラオケ大会へ参加

さやまカラオケ愛好者連盟が主催するなつめろ・カラオケ大会に出演した。参加者は96名、朝9時40分から夕方5時近くまで一日がかりのカラオケ三昧である。今回は出番が最後から2番目だったので、全ての曲を拝聴した。昔の演歌は懐かしい。カラオケの愛好者は元気な人達だ。医学的に見ても、カラオケを歌うのは健康的に良い。今回の小生の歌は湯原昌幸の「冬桜」。数年間に覚えた歌だ。取りのの一つ前の出演でオリンピック精神で力一杯謳った。この大会はかれこれ10年になる。出演者のレベルアップは凄い。やはり継続は力なりである。
posted by ケチ at 10:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amazonのPODについて

前に出版した本「維新の力でまちを変えようや!」に関して、出版元の文芸社からAmazonのPODについての勧めがあり、その話に乗った。契約が切れて、一般の書店が扱わなくなった本をAmazonが一冊づつでも印刷をするという話である。通常、印刷物には経済部数が存在する。製版にお金が掛かるからであるが、最近のデジタル化でこの辺りが解決したのかも知れない。折角PODに乗ったのだからとアナログのチラシを作ることにした。裏面を利用して、今までに出版をした本の紹介もしておいた。今までの出版が4冊なのでせめてもう1冊はしたいとの思いが湧いてきている。小説ではなくノンフィクションの「我が一生!」。第3の人生を纏めて、以前の部分に書き加えたい。今年の我が齢はラッキーナンバー「77」である。


posted by ケチ at 10:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

多夢路会一泊旅行

狭山中学S29年度卒業の同窓生の有志が、多夢路会を創ってから久しい。名前は「たむろ」する会で夢が多い会をもじっている。現在の正式の会員数は22名。毎年一回は一泊旅行している。今回、ドタキャン2名が出て、男性6名、女性10名の参加となった。行き先は知多半島。途中で名古屋の徳川園に立ち寄り、昼食後、園内を散策し、知多半島の先端へ向かう。8年ほど前にセントレアへ来て、豊浜まで足を延ばしたことがある。今回は南知多温泉郷「花の丸」で泊まった。最近、この種のプライベートバス旅行は、バス代が上がったので高くつく。参加者が少ないと共通経費のバス代が参加費に跳ね返り割高となる。会費の3万5千円はオーバーしたようだ。年金生活者には堪えるが、78歳平均の参加者は元気である。帰途、御在所岳に登ったが、ゴンドラロープウェイからの景色は見事だった。何時頃まで、皆元気で参加できるのだろうか?死ぬ間際まで、多くの楽しい思い出を創り、記憶して置いたとして、意識が無くなる直前の自分の頭に残っている記録は焼かれて灰になり永遠に消えてしまうのだろうな、とふと考えた。いつ終わるかも知れない寿命、普段はそれを意識せずに堂々と生きている。それでいいんだ、それでいいんだよ。

H29上野SA.JPG H29徳川園.JPG H29多夢路会.JPG
posted by ケチ at 22:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

久しぶりに知り合いが来所

久しぶりにまち研の時の仲間が市役所に来られて雑談をした。以前よりも少し瘦せられた様子なのでお訪ねしたところ、特に体調が悪いわけでは無いが、83歳になると体力の衰えが身に染みるとのこと。曰く「80歳を過ぎると体力ががたんと落ちる」と。一般的にはそのようだが、信じたくない。個人差がある筈だ。外国ではエリザベス女王の夫君が95歳になり公式の場からは引退すると宣言された。一方日本の天皇陛下も高齢の為に天皇を退位される予定。日本の男子の平均寿命は英国のそれより長い筈だが、個人差もある。恒例になった時の母は、時々「寄る年波には勝てぬ」とぼやいていたことを思い出す。しかし、私的には体力、気力には個人差があるとの強い思いをもって生きてゆきたい。
posted by ケチ at 23:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回さやりんフェステイバル

5月14日(日)にさやかホールの大ホールで第3回さやりんフェステイバルが開催されたので、出席した。このフェステイバルは市内の狭山中学の円卓会議が主催しているものである。大ホールを利用してのフェステイバルだったが、残念ながら観客は少なかった。主催者はボランテイアとして、忙しく準備をしてくれるのだが、最近、どのような事業をしても、出席者を集めるのは難しい。それだけ社会が多様化しているからであろう。芸人でも誰でも有名な人々には関心を持ち、沢山集まるミーハー的なものはあるが、兎に角人の動員は難しい時代である。地域のクラブの発表会で太鼓やフラダンスなどのパフォーマンスがあった。知り合いの野元女史の絵が展示されていた。お上手なものだ。
さやかホール.JPG 3回さやりんフェスタフラ.JPG 野元さんの絵画.JPG

posted by ケチ at 00:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の新大統領の気になる政策

日米も懸念を抱いているムンジェイン大統領、北朝鮮に秋波を送り、経済支援で北の変化を促す積りだろうが、北の政治体制や金王朝のことを考えれば、上手く行く政策とは思えない。自分の保身の為に身内や恩人たちを無慈悲に粛清している為政者である。国連の警告を無視し、核兵器を開発し、ロケットをぶっ放すやばい相手である。南北の交流が進めば北に資金が流れる。その資金が国民の生活に回らずに、物騒で人騒がせな武器を製造する為政者である。新大統領のご両親は北の出身らしいが、その想いだけで南北統一などの淡い夢を追いかけるのは危険である。隣国である日本もあまり右往左往せずに冷静に推移を見守ればよい。
posted by ケチ at 00:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

大阪狭山市都市間市民交流協会(第17回)総会に出席

5月13日(土)市民交流協会総会に出席した。今年は第17回の総会である。昨年は狭山池創造1400年の記念式典と年に当たり、米国オンタリオ市や韓国のキムジェ市からの訪問客があり、補助金が350万円出たが今年は290万円に減額された。市からの補助金は事業費に使うようにしてほしいとの意見を述べておいた。姉妹都市として交流している米国へは過去40年間、市民の相互派遣事業が続いている。今年も15名の志願者から5名が選抜されて2週間、米国でホームステイをしてきた。その報告があった。厳しい審査をするのだから、もう少し派遣者への補助を増やすべきである。また、派遣費用を負担できる候補者だけになってしまうのは問題で、余裕のない家庭の生徒も応募できるような方策が望ましい。40年の間毎年交換派遣しているのは素晴らしい事である。高校・大学時代に外国生活を体験するのは有益であるが、当初協力を惜しまなかった当事者が段々恒例になるので、この交流を如何に次世代に引き継いでゆくかが、今後の課題である。
posted by ケチ at 23:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする