2018年11月13日

日本の資格社会は経済発展を妨害していないか?

EPA制度によるインドネシア人の介護福祉士候補者との交流会に出席した後で感じたことは、この日本は如何に資格社会になっているかという事である。3年間の実務経験を積むために、インドネシアの若者が日本に滞在して、日本語での介護福祉士試験を受験する。しかし、幸運にも試験に合格しても、この介護・福祉の業界の給与は特別に良いわけでは無い。他の職種と比べてきつい、汚い、安い状態が続く。崇高な職業ではあるが、報酬など報われていない。介護保険の運用にしても、例えばケアマネジャーに対する報酬は実に低いのに、義務的な研修も多い。教育的な研修は、結局は官の天下りの道具になっては居ないか?
posted by ケチ at 19:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独身の日(11月11日)の爆買い(中国)

中国の独身の日(11月11日)にアリババの売り上げが一日で3兆54億円だとの報道を見て驚いた。魔法使いのような名前の「アリババ」通販の最大手らしい。中国のEコマース企業「Alibaba Group]が運営するECサイト。BtoBのECサイトではAmazonと並ぶ世界有数のシェアを誇っている。自身もAmazonはよく利用する。何しろ便利である。宅急便が届いて、一日前に注文したものと知り驚く。HPを開くとログインしなくても自分のページが開き、買いたい品を探すし、購入をクリックすると注文完了。信用しているからだが、支払は前に使用したカードで清算。いちいち、カードの番号や期限などインプットする必要がない。昔は本の購入に利用していたが、今では電化製品など多種にわたる。
米国では自動車の販売も50%以上がインターネットで占められていると聞いていた。保険の販売も、自動車も家電も、家も全てがECになる可能性がある。コンピューターと物流(小口搬送)の融合である。昨今、人手不足が喧伝されているが、業界間の人材シフトで賄えないのだろうか?
posted by ケチ at 10:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

近大病院の堺市への移転問題について(総括)

今まで堺市住民のチラシに沿って記して来た。堺市の発表によると、この移転による経済波及効果は年間114億円。大阪狭山市の住民としては何故これ程まで大阪府がこの移転を推進するのか全く理解に苦しむ。小さいが、文教都市としてのまちづくりをしてきた市にとって、その上部団体である大阪府が何故、法律や規則を拡大解釈して、この移転計画を推進し、弱い市をないがしろにするのか。権力を独占する行政の怖さを感じると共に、この理不尽は行政行動を後の世のよすがとする為に敢えてこのブログをアップして置く。日本は主権在民であり、法治国家なのだから。
posted by ケチ at 12:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大病院の堺市への移転問題(6)

この移転問題の今後のスケジュールは:
2018年9−10月 :南河内保険医療協議会 、堺市保健医療協議会で協議済み
2018年11月:大阪府医療審議会 医療審議会 病院新増設部会で審議済み
2018年11月:厚生労働省への計画申請
2019年3月 :(開設等許可申請)新病院(泉ヶ丘)開設許可申請
2019年秋:土地譲渡
2019年秋〜:近大及び附属病院等工事
2023年4月:新病院開設 
posted by ケチ at 12:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大病院の堺市への移転問題(5)

チラシはさらに続けて、@小学校、中学校、泉ケ丘幼稚園、こども園、等々、住宅密集地で大型ヘリが飛来する防災拠点病院の立地が適地なのか。A今でも、ジョイパーク前の横断歩道は交通渋滞が起こっている上に、病院行きの交通量が現在の5.4倍にもなる。B堺市は「政令都市として大学医学部と附属病院が欲しい」と説明するが、周辺住民への事前説明が無く、田園公園売却は決定事項としている。C泉北ニュータウンの活性化を大義名分にして、私的存在である近大の要望に応えている。公園を残して欲しいという住民の声は全く無視。

posted by ケチ at 12:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大病院の堺市への移転問題(4)

@医学部併設特例の適用を考えた関係3者は、身勝手な「解釈」をした。この特例の趣旨は、医学部と附属病院が距離的に離れていては学生の勉学に支障が出るのを避ける為である。近大の場合は同じ敷地内だから、そもそもこの特例を使うには不可避的な理由が必要である。(2度も浸水した中之島での阪大医学部付属病院の例)A今回の場合は屁理屈を付けて、先に医学部が堺市に来て、後から病院を作るというもの。
posted by ケチ at 12:09| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大病院の堺市への移転問題(3)

医療法による2次医療圏は全国で344、大阪府にも12の医療圏がある。堺市医療圏と南河内医療圏は隣接していて、今は、近大病院は大阪狭山市にある。2次医療圏を越えるには規則がある。医療圏内で建て替えが出来ない場合と医学部併設特例の適用の場合。当初、近大は現地で建て替えは出来ないと主張。富田林、ベルランド、労災病院、何れも狭い敷地を工夫しながら現地建替えを計画している。一方、約8万坪もある現在の敷地で建て替えられない筈がない。この理由では世間が納得しないと考えた当該三者は、「附属病院併設特例」の適用に変更し、強引に南河内と堺市の両医療協議会で移転説明をし、大阪府医療審議会をも通過させた。
posted by ケチ at 11:56| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大附属病院の堺市への移転問題(2)

@平成24年4月頃から近大病院が大阪狭山市から2次医療圏を越えて堺市医療圏へ移転する計画が始まっていた。以前は、近大関係者は医療法に基づく2次医療圏を不可能と考えていたが、泉北ニュータウンの活性化案に乗り、強引に移転を推進し始めた。A移転に関して「府・堺市・近大の三者協定「」を結び、平成27年3月24日に堺市の建設局長は「プールの移転検討は泉ヶ丘駅前地域での近大移転の基本協定の締結に基づく」と明言。(以前はプールの老朽化と漏水の為と説明していた)。
posted by ケチ at 11:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大学附属病院の堺市への移転問題(1)

泉北ニュータウンの知人からチラシが送られて来た。泉ヶ丘プール地を残す有志の会作成である。主張は的を得ているので、その内容を少しづつ連載紹介する。@都市公園である「田園公園」が全国で初めて民間に売却される!!堺市は代替公園を作るので合法と主張しているが、民間のための公園移転は全く税金の無駄遣い。A近畿大学は移転用地のプール跡地と田園公園を複数回に亘り大阪府と堺市に土地の無償譲渡を要求していた事実が判明。B今回の無謀な移転計画は近畿大学に経産省の大臣がついているからではないのか!「「森友・加計問題と同じだ!?」等々。
posted by ケチ at 11:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

走れメロスを読んで

新聞の広告に「一分音読」の本が載っていた。私も過去の作品の冒頭を読むのは好きで一部暗記もしている。それではと、Ex-wordの中にある「走れメロス」を最後まで音読した。終わりの部分を読んでいるうちに泣き出しそうな声に変わった。友達との約束を守るために必死に城へ戻ろうとするメロスの気持ちに思わず感情移入したのだ。涙も零れて来た。約束を違えたり嘘をつく事は人として一番悲しいことである。一方、国会の論戦や昨今の出来事を見るにつけ、如何に人間の尊厳が疎かにされているかと愕然とする。トップの言動に辻褄を合わせて書類を改竄する官僚の存在等々・・・
posted by ケチ at 12:24| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

2年ぶりの狭山中学同期同窓会

2年ぶりに狭山中学校の同期会に出席した。2名の常任幹事を仰せつかっているのも有難いこと。41名の出席者は、歳に似合わず皆な元気であった。人生100歳の時代だから当たり前かも知れない。以前には3年毎の開催だったが3年だと出席出来るかどうか分からないとの意見が出て、2年に短縮。高齢になると元気さは気の持ちようによって変わる。世間で良いと言われることを積極的に取り入れるのがベスト。健康寿命は勝ち取るものだ。
狭山中同窓会.JPG 狭山中同窓会A組.JPG

posted by ケチ at 12:52| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東亜樹ちゃんの友情出演

大阪狭山市の文化祭の一環として例年、カラオケフェスタが開催される。10月26日に今年も80名余の喉自慢が出演。その際に、市を元気にする為に美空ひばりの再来と噂されている愛知の東亜樹ちゃんを招聘した。主催者に許可を取り、山口氏は亜樹ちゃんのご両親と連絡。さやかホールでのカラオケフェスタに友情出演して頂いた。文化会館の主催だが、関連費用は山口氏とさやまカラオケ愛好者連盟が負担。当日の主演者を含め、多くのカラオケフアンに喜んで貰った。ちなみに東亜樹ちゃんは小学5年生。you tubeにアップロードされていて、多くの賞を獲得している全国的な有名人。今のところはプロになる気持ちはないとのご両親の弁だが、将来が楽しみな子である。

posted by ケチ at 12:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症予防策について

先週から風邪引きで痰が出ていたが、自己治癒力で治そうとしていたが、治りそうになって医院へ。特に悪化はしていないらしい。4日間の服薬で直りそうだ。待合室で週刊誌を見たら「認知症予防」記事が載っていた。参考までに記録しておくと:
2017年の日本人の平均寿命は男性が81.09歳(世界3位)、女性が87.26歳(世界1位)。厚労省は予備軍も含めて認知症の人は500万人(2015年)が700万人(2025年)と推計している。*脳が元気な人の共通点として、毎日食しているのは1位がヨーグルト、2位がお米、3位が納豆、4位がたまご、5位が味噌汁。これは理解できる。健康維持の為に避けているものは、2位塩分、3位が酒、4位が油物、5位が過食。これも判る。100歳以上の人口は2018年で69,785人。最近では運動の効用が話題になっている。「有酸素運動」の継続と「読書」が認知症予防に良さそうだ。


posted by ケチ at 11:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

EPA介護福祉士候補者への研修カリキュラム

現在、EPAに基づき日本で研修を受けているカリキュラムの目的は下記の通り。
@生活適応:地域社会で生活できる十分な日本語運用力・生活適用力の獲得(日本語能力試験N3レベル)日本の社会・生活習慣への理解・適用学習範囲の70%以上の理解)
A職場適応:職場で即戦力として就労できる十分な日本語運用力・職場適応力のい獲得(専門日本語 学習範囲の70%以上の実践、職場への理解・適応)
B自律学習:職場および地域社会における自律的学習能力の養成。
日本での研修期間(6か月)で定期試験・中間試験が合計6回ある。
これだけハードな研修の後に試験に合格して働く介護職員の職場の待遇は受け入れるのに十分なのだろうか?気になった。
阪大と介護福祉士候補生交流会.jpeg
posted by ケチ at 10:51| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ウサギ会コンペ(狭山中学同期生)泉佐野CC

先に、泉佐野CC(現在アコーデイア)の事を書いたが、久しぶりのビジターとしてコンペに出席した。コースは台風21号によってかなりの被害を受けていた。大きな松の木も根こそぎ倒れていた。関空の近くにあるゴルフコース、広いヘアウエイを21号さんは思い切り駆け抜けていったのだ。長かったコースはお得意様のご老人衆の為に、思い切り短くしてあったが、ボールは飛ばない上に真直ぐにはいかない。練習不足を自覚していたので最初からBB狙い。狙いが的中してBBだった。13名のメンバーは来年には大台に乗る面々だ。それでもゴルフを続けられるだけ元気。来年ン予定は奈良ロイヤルと決まった。
KIMG0543.JPG
posted by ケチ at 20:52| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人の海外駐在員の動向

私が海外へ出張・赴任した当時と比べると昔日の感がある。グローバル化の進展した昨今、駐在員先も大きく変化している。新聞に現状が出ていた。6年前に比べて、中国への駐在は7万人で6%減少したが、ASEANへは32%増加して8.3万人、米国へは5.3万人、欧州は3万人だそうな。昔の駐在員とは違って、ホワイトカラーだけが駐在員となっている訳ではない。製造工場が安い労働力を求めて沢山海外進出している。半面、日本では産業の空洞化が進展している。少し昔は、韓国製、台湾製の商品が多かったが、今では中国からベトナムやインドネシアなどへシフトされている。中国への駐在数がASEANに負けたのは、中国の労働賃金が高くなった為だが、こうやって賃金のグローバル化が進んでいくのだろう。日本では労働者不足が深刻になり、外国人労働者を増やす施策が進みつつあるが、欧米の先例をよく研究し、同じ轍を踏まないように注意すべきだろう。
posted by ケチ at 08:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

久しぶりのホームグラウンド(?)でのプレイ

春にコンペに参加してから久しぶりの中学校同級生のコンペに泉佐野CCへ行った。このコースは私が45年程前に120万円を投じて会員になっていたホームコース。当時から距離とフェアウエイが広くて気に入っていたのだが、東京勤務などが長くてアブセント会員にしていた。帰阪後は時々はプレイし、HC20になっていた。忙しさにかまけて、ご無沙汰していた間にアコーディアに買収され、更に年会費がアップ。年会費未納を続けていた為に会員権の権利が抹消されていた。3年間未納を続けたら抹消するとの規則になっているらしい。全く一方的な言い分である。証拠としての会員証は今も金庫の中に保存しているが、一体この始末はどうすれば良いのか分からない。バブル崩壊して20数年。バブル以前に購入していた会員権なのに、救済方法は無いのだろうか?一方的な連絡通知を無視した方が悪いのだろうか?
ところで、コンペ結果は、80歳台のテイグラウンド(グリーン)からのスタートで、6割ほど短縮されたコースを回ってもグロス107、Wぺリア方式の近コンペでBB.(12/13人)。寄る年波には勝てぬという事か。
posted by ケチ at 09:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光陰矢の如し

毎日、多忙なのにかまけて、ブログを更新しなかったら、あっという間に1年間が過ぎてしまった。人生の持ち時間が充分に有るわけでは無いのに、何たる事を仕出かしたのか。大反省しながら久しぶりの記事を書いている。自宅や事務所のPCを使う時間が、スマホ利用の便利さに負けて随分と少なくなったことは確かである。今まで小生のブログを読んで頂いていた読者にお詫びし、
今後はもっと頻繁に自分の意見・主張を書き続けることをお約束する。
H290401小原座姿勢.jpg
posted by ケチ at 08:53| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

大義無き衆院の解散だが

必ずしも首相の専権事項ではない筈だが、1年2か月の任期を残して衆議院が解散された。戦いでは相手の準備態勢が整わない時に攻めるのが常套手段だが、主権者である国民の事を考えたら、600億円も掛かる税金の無駄遣いをして欲しくない。首相の解散権は余程の理由が無い限り制限すべきである。ところで、今回、藪をつついたら、蛇が出てくると思ったが、どうやら恐ろしい「まむし」が出てきそうにない。頭は沢山あるが、弱り切った「大蛇」がよろよろと出てきそうである。まだまだ日本には本当の民主主義が育ってないと見える。国民のレベル以上には政治も行かないようだ。「看板、カバン、地盤」がまだまだものを云う社会か。代議士という地位にありつきたい輩が右往左往している。

posted by ケチ at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

市民懇親カラオケ大会をさやかホールで開催

市立公民館の登録団体と老人福祉施設(さやま荘)の団体で組織された「さやまカラオケ愛好者連盟」が以前からさやま荘でカラオケ大会を開催している。その連盟が今回はさやかホールで手作りのカラオケ大会を企画して催行した。募集や当日の司会、その他全て手作りだから大したものである。当日は81人の出演者がフルコーラスで日頃の喉を披露した。小生もエントリーナンバー77で、「湯原昌幸の柚子」を。上手くは歌えなかったがオリンピックと同じで参加する事に意義を見出している。
最初は、開催にあまり積極的では無かったようだが、言い出しべえの一人として、会が盛況裏に終わったのでほっとしている。
市民懇親カラオケ大会.JPG
posted by ケチ at 00:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする