2019年09月23日

わかったぞ!「反日」ではなくて「卑日」なのだ

K国の文政権が国際常識を逸した主張を繰り返すのか理解できなかったが、新潮新書「米韓同盟消滅」鈴置高史著を読んで判った。当時の事情を理解しようとせず、1910年の日韓併合を恨み、その後に日本の地位が相対的に落ちて、追い越せそうな状態になってきたので「反日」ではなく「卑日」の思いを持っているからである。国際法順守などの常識は考えも及ばず「憎き日本などに負けるか!!」の思いが強く出ている。今年の光福節の時の言葉からでも伺える。K国社会では「自分よりも下の存在(と思いたい)を徹底的に蔑むことで、「自分たちが上であること」を確認するのが常らしい。米大統領は「国民はあのような人を大統領に選んだのだろうか?」と疑問視しているが、それが国民のレベルだと考えれば理解できる。国民も検察も裁判所も現在社会は法治国家であるとの認識を持って欲しいものだ。
posted by ケチ at 17:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

ふるさと納税制度の行き過ぎ適用は問題だ

泉佐野市が新制度から除外された問題を審査した第3者機関が「除外決定の再検討を総務省に勧告する」ことを決めた。過去の事実に対する遡及的な適用は法律的には不適切と判断したのは理解できる。しかし、平成30年度には全国一位の約498億円(約250万件)の寄付を集めた泉佐野市のやり方は制度の趣旨に反する行為であると言わざるを得ない。寄付文化の無い日本で多額の寄付金を集めようとすると返礼品の競争になるのは当たり前だ。しかし、地場産業に限定したら産品が少ない都市などは不公平になる。だからと言って「LCCポイントや商品券など」を返礼品にするのは行き過ぎである。制度の不備に付け込んだ悪用だ。自身も当該市へ「豚肉」の返礼品を受けるために少しばかりの寄付をした。返礼品は寄付額の30%以下の地場産品」とのルールは妥当なものだ。流通経費がかかる生鮮食品や肉類は産地直送すれば30%でも市価の半分にはなるだろう。そもそも、お金持ちへの減税措置のような制度を鳴り物入りで進めたところに間違いがあり、制度を活用させている業者の存在も要検討だ。ものごと、趣旨を理解して善用する知恵が必要だ。
posted by ケチ at 18:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドネシアの首都移転計画に期待する

現在の首都ジャカルタは蘭領東インドの植民地時代にバタビヤとして栄えていた。今回の首都移転は構想としてスカルノ大統領の時代からあったが、巨額の費用がかかると実施出来ずにいた。首都移転はジャワ島中心主義からの脱却で歴史を変える出来事だと思うが、膨大な移転費用(約3兆5千億円)が問題だ。現在インドネシアには1500社超の日本企業が進出している。経済の中心は変わらずジャカルタだろう。
クバヨラン・バルやタンジュンプリオク港などの名前が懐かしい。カリマンタン島のバンジャルマシン市は木材の積出港で、友達が一時期住んでいたことである。「ジャムカレット」(ごむの時間)よろしく、2024年の移転完了は伸びるだろうが、共和国の将来の為に計画が実現することを願っている。
posted by ケチ at 10:14| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、半島に「任那」があったのか?

前から、朝鮮半島に何故「任那」があったのか疑問に思っていたが、最近本を読んで判った。半島の北側には北方シナ人が住み、南では倭人が多く住んでいた。昔、文明が中国から朝鮮半島を通じて日本へ伝わったと習ったが、考古学的調査から、半島南部へは倭人が渡っていたのだ。1万年から5千年前の半島には遺跡がないが、その後の縄文土器時代に半島に遺跡が多くあり、半島南部には縄文土器が日本から伝わっている。倭人の任那国は、北方からの圧力により、日本本国へ撤退した。それが真相のようだ。九州での「水城」などの遺跡を見ると当時の様子が伺われる。ミトコンドリアDNAなど最近の科学技術の発達により今までの知識・常識がくつがえる事が起こるのだ。
posted by ケチ at 09:23| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭の良いひとは「賢い」か「愚か」か?

「頭が良い人」を定義するのは難しいが、一般的に学業成績が良いと「頭が良い」と言われる。しかし世の中を見ると学業成績と「賢さ」は一致していない。韓国のチョグク氏の記者会見を見た。玉ねぎ男と揶揄されている当人が、娘の大学不正入学疑惑等について国民に謝罪しつつも自身の関与を否定した。「若い世代に失望と傷を与えた。法的な議論は別として国民に申し訳なく思う」と謝罪。氏はソウル大学へ2年の飛び級で入学した学校秀才だが「賢くはない。」日本の官僚の中にも多くの例がみられる。屁理屈を捏ねるための技術を学ぶ学問習得なら無い方がましだ。氏は韓国をホワイト国から外すとの報道の後に、韓国内の保守系の政治家やメディアを「親日」「売国」などと自身のネットで非難していた。この危険極まりない人物が隣国の法相になったら最悪だろう。頭の良いひとは正しい事を覚えて、賢い人でなければならない。
posted by ケチ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

訪日外国人の増加が過去最高に

大阪市内へ行き心斎橋を歩いて何時も感心するのは外国人の多いことだ。自身も外国では珍しい物を探してショッピングを楽しむ。今時、道頓堀などでは訪日外国人で一杯。政府の統計では、2019年7月には299万1,200人で前年比5.6%増である。1位は中国で105、500人(前年同月比30%増)、2位が韓国561,700人(7.6%減)、韓国は反日運動からか少し減少しているが13の国からの来訪者が過去最高である。韓国からは少し減少しているが、全体的に大きく伸びているので、世界中から日本に来て貰うようなPRをすべきである。幸い日本には世界に誇れる異文化、景色、食べ物、土産品などが一杯あるのだから。地方空港では韓国からの旅客が減って大変だという声も聞こえるが、このグローバルな時代だからもっと広く世界へPRすべきだ。因みに、統計によると、韓国旅行者の日本での消費は欧米や中国の方々の三分の一だそうな。量より質の重視も大切なこと。
posted by ケチ at 19:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

インドネシアの首都の移転先が東カリマンタン

R1年8月26日、インドネシア共和国のジョコ大統領が、インドネシアの新首都を東カリマンタンのパスール県、クタイ・クルタヌガラ県にすると発表した。2022年に着工し、24年に移転開始する計画らしいが、計画通りに進むのだろうか?建設費も嵩むだろうし。カリマンタン(ボルネオ)島は世界で3番目に大きな島で、北部にはマレーシアとブルネイ王国がある。新しい首都は、地政学上で、インドネシアの中央に位置する。移転の理由は、ジャカルタは地盤沈下もあり、人口がジャワ島に集中し過ぎていて交通渋滞が激しい。経済損失は7,500億円にも上る。新首都は、政府が東カリマンタン州に18万ヘクタールの土地を持っていて、災害が少なく、高速道路や空港が既に整備されているらしい。近くにバリックパパン市やサマリンダ市などもあり、ジャングルには「オランウータン」も住んでいる。夢があっていいが、ジャカルターバンドン間の高速鉄道(中国が受注)の建設はどうなるのだろうか?
posted by ケチ at 19:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

濱口梧陵の稲むらの火と「世界津波の日」

東日本大震災後の2011年6月に日本が申請し、国連で安政の大津波の稲むらの火の美談にちなんで、「世界津波の日」が制定された。そして、今回「百世の安堵〜つまみと復興の記録が生きる広川防災遺産〜」が日本遺産として認定されたようで、誠に素晴らしい事である。自身、白浜への途中に、時々広や湯浅のまちを通ることがある。70年前の記憶が蘇りいつも大変懐かしい。広小学校で学んだ4年間の思い出は、自分史の数ページを占める。濱口梧陵氏が創立したという耐久高校には行きそびれたが、親友の戸田君、木村君たちがそこで学び、生命保険会社や製鉄会社で活躍の後に、今は定年退職後、千葉県と神奈川県に住んでいる。また、以前に親類の葬儀の席で、津木の山は濱口興産へ売ったと聞いたことがるが、真偽の程は定かではない。数年前に町から、地積図を作成の為の測量に立ち会って欲しいとの通知があり、山奥へ行った。山の周囲のへたの部分が数か所あったが、山奥で、全く値打ちがない半端な土地なので、処分せずにその儘にしている。
posted by ケチ at 22:08| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紀州出身の偉人、濱口梧陵氏の広川町

安政元(1854)年11月5日の大津波の時の「稲むらの火」から後に濱口梧陵氏が私財を投じて作った広堤防のお陰で、昭和21(1946)年に起こった昭和南海地震(=大津波)の時に、村は大きな被害を免れた。実はこの津波を小生自身が体験している。浜の方から「津波が来るぞ!!」jとの声があり、母親と3人の妹と共に必死で広八幡神社まで走って逃げて難を逃れた。しかし翌日、帰宅途中で被害現場を見たら、紡績の社宅の多くは柱だけになっていたし、逃げ遅れたのだろうか紡績の女工さんの死体もころがっていた。紀州が生んだ偉人の話を知ったのは、かなり後になってからである。

posted by ケチ at 21:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

市民カラオケフェスタ(10月25日)へのご案内

恒例のカラオケフェスタが10月25日にさやかホールで開催される。私自身も毎年出演しているが、そのイベントは市民間で意外と知られていない。カラオケは日本発祥でフアンが多いし健康的で、医療保険や介護保険から見ても多大な貢献している。折角開催するのだから多くの人に見に来てもらいたい。このフェスタは文化推進事業団の主催。協力が実行委員会で、当日の運営は実行委員会のメンバーがボランテイアで参画する。そんなフェスタなのに案内チラシを作らないという。そこで、専門家に原稿を依頼して自前でチラシを作製する事にした。沢山の市民が楽しまれ、また「カラオケの良さ」を感じて頂ければ幸いである。
posted by ケチ at 11:37| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近大医学部移転で住民が監査請求!

金剛さやまコミュニティ紙(8/22号)で近大医学部の大阪狭山市から堺市への移転に関する記事が載っていた。住民の反対は充分に理解できる。都市公園の近くの住民はその好環境を享受しているのに、何故ゆえに公園を潰して民間に払い下げるのか。その上に公園の移転費用も税金で賄われるのd、行政の横暴以外何者でもない。そもそも近大医学部と附属病院が大阪狭山市から堺市へ移転するのが法令的に見て、無理なのだ。医療法により病院の移転は規則により移転要件が規定されているのに、無理矢理に移転を強行しようとしている。「医学部併設特例」を持ち出しての強行策は屁理屈だ。法令を恣意的に解釈する典型的な行政の職権乱用である。この件は、府知事や堺市長が推進しているのだから始末が悪い。大阪を変える必要性は感じるが、府内の市町村のまちづくりを度外視して強引に計画を推進する府の姿勢は如何なものか。この移転計画は地域政党である大阪維新の会が推進しているとは。各医療圏審議会、大阪府審議会、堺市都市計画審議会でも、しぶしぶ賛成らしい。審議会は形骸化していないか?TOPの方針になびくとしたら、隣国の文政権と同じではないか。社会正義は何処へ!
posted by ケチ at 10:56| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

インドネシア共和国の首都移転計画

8月17日のテレビ報道で、インドネシアの首都(ジャカルタ)が5年後位にカリマンタン島へ移転する計画を知った。4月29日の閣議で決定していたのを正式に発表したもの。2.6億人のインドネシアの人口の57%がジャワ島に集中していて首都ジャカルタでは交通渋滞などが酷い。日本でも行政の中心はその領地の中央部になる傾向が強い。ジャカルタは昔から東インド会社の中心地で「バタビヤ」と言われていた。今回の外領への移転は共和国にとって画期的な事である。地政学的には南カリマンタン州への移転だろう。今後はジャカルタが経済の中心地になる。一都市への一極集中は良くない。ブラジルも首都をブラジリヤに、マレーシアもプトラジャヤへ一部が移っている。米国もワシントンとニューヨークと政治と経済を分けている。それに反して、日本は東京一極集中過ぎる。せめて大阪都と東京都の2極にすればよい。
posted by ケチ at 23:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

洛陽の紙価を高めている?拙著「維新の力でまちを変えようや」

友達から教えてもらった。拙著「維新の力でまちを変えようや!」がインターネット上で掲載されていて、その乙波価格が、¥3,014、¥3,018、
¥4,799、¥5,196、・・・・そして最高値が¥8,684となっていた。定価が¥1,600の本が何故にこれ程の価格で出ているのか理解し難いが、内容を評価して呉れての価格設定だと嬉しい。それにしても、世は情報化時代。
DSCN4164.jpg
posted by ケチ at 19:12| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

進むのか?年金・医療・介護制度の改革

630万人いる団塊の世代が3年後(=令和4年)には後期高齢者(75歳)以上になり始め、社会保障費が急増する。社会保障費の中で、医療費や介護費も増大しているが、年金の占める割合が一番多い。1070兆円にも及ぶ国の借金を抱えているのに更に保障費が増大する事態、名案があるのか?先般、老後には一世帯で2千万円が必要との資料が出て、財務省が打ち消していたが、貧富の格差が拡大している現在、2千万円は高根の花だろう。テレビで時々「セレブ」を紹介しているが、その中で超セレブな生活をしている医師の話が目についた。泌尿器科医が、大きな家で高級車を何台も所有している話。自由・民主主義社会だが、余りにも格差が拡大するのは如何なものか。友の話だと、開業医は人数以上に外車や高級国産車を保有している。医療費などは社会保障費の一部であり、目に余る格差の是正が肝要。政治家の率先垂範による自己改革が望まれる。
posted by ケチ at 18:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NYからの暑中見舞いが

ニューヨークに住んでいる滝口夫妻から暑中見舞いのメールが届いた。ご夫妻は小生と大学の同級生で奥さんはワンゲルの仲間。主人も優秀で当時、学内で優の数が一番多く取ったとの噂があった。住商で米国駐在となり、そのまま帰国せず米国民となった?。氏が同期生の同窓会に出席して呉れてからでも10年以上経過する。暑中見舞いの返信に小生の選挙結果を報告したら、グーグルで知っていた様子だった。今時の情報化は凄い。この情報化により世界は大変身。核軍縮が反故になり各国の軍備拡大が懸念される今、地球上で人が住めなくなるような事態は避けないと。地球48億年の歴史の中、短い期間で霊長類の頂点に立つ人類の英知を発揮して欲しいもの。
posted by ケチ at 17:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本人は騙せ!」との学校教育が今でも?

昔、数回韓国へ業務出張したことがある。通訳の「李」先生は、日本の大学(早稲田?)卒業の知日派。日本の「あいうえお」の表にハングルを書いてくれた。ハングル文字は日本のカタカナ・ひらかなの類で表音文字。象形文字として素晴らしい「漢字」を廃止してしまったのは韓国民にとっては取り返しが付かない出来事だ。廃止後は国民の中で漢字を理解できる人が少なくなり、昔の文献などが良く理解されないらしい。日本も以前、漢字をなく動きが出ていたが、アルファベットやひらかな・カタカナの表音文字、はたまたエスペラントなどに特化しなかったのは大変良かった。過去の漢字文献が読めないから歴史認識が間違っているとは思わないが、古きものを大切にする心は必要だ。韓国人は故人の「形見」などは残さないらしい。あの時李先生の言われた「日本人は騙せば良いとの学校教育」が未だに続いているのだろうか?無理解の上にしぶと過ぎるのは手に負えない。
posted by ケチ at 17:20| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国内の前方後円墳は日本から

韓国の文政権の横暴のお陰で今、韓国の歴史を勉強中。国民から選ばれた一国の大統領が無茶苦茶の意見を主張するのは如何なものか。世界中で笑われるだろう。ところで、YOUTUBEにある色々な情報を見た。中にはフェイクニュースもあるだろうが、有名人の意見も多いので全く嘘でもなかろう。韓国の南西部にある14程の前方後円墳は朝鮮伝来ではなく日本が先に作ってから朝鮮に伝わったものらしい。昔から朝鮮半島にどうして「任那国」があったのか不思議に思っていた。当時は半島に多くの和人が住んでいたようだ。李王朝の朝鮮も独立「国」ではなく「邦」といって中国の支配下にあったようだ。今回の騒動、国のトップ先導とは言え、韓国人に正常な判断が出来る常識人は居ないのだろうか。
posted by ケチ at 16:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

大阪市立大学同窓会の南大阪支部総会へ出席

令和元年7月6日(土)、市大・学術情報総合センターで開催された総会に出席した。この南大阪支部は一昨年に新しく創設された支部である。第1部は総会、第2部は講演会「日本料理の流儀」第3部は懇親会。第2部の後半、自己紹介の時に出席者のプロフィールのプリントが用意されていたのは良かった。小生自身は学士入学で法学部と商学部を卒業したので、言わば変則的な同窓生だ。働きながらの学生生活、専門課程の3+3年間、6年間も通ったので、外大(現阪大)の4年間よりも長くお世話になったし、その後のキャリアーにも良い影響を与えてくれた。来年(2020年)には創立140周年を迎える大阪では一番古く伝統のある大学である。因みに、2021年には阪外大が100周年、阪大が90周年を迎える。市大の卒業性は5万5千人いるらしいが、同窓会が活発に活動しているようでもない。公立大学法人として府立大学と一緒になったので今後はもっとシナジー効果が出てくると思われるが、もう少し同窓生としての自覚が各自にあっても良い。
2019南大阪支部総会集合写真.JPG
posted by ケチ at 22:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

小野達也先生の講演会に出席

大阪狭山市の支援センターで開催された「増進型地域福祉とは?」に出席した。先生の講演は大変判り易すかった。会社を定年退職して地域ボランテイアとして20年間活動してきた私は「目的実現志向」ボランテイアであったと自覚した次第。神戸淡路大震災から日本でボランテイア活動が活発になったと言われているが、ボランテイア活動は、「できることだからしている」と目的実現型でないと長続きしない。「市民協働」といって持て囃されても行政の下請けでは情けないし、行き詰まる。今日は有益で示唆に富んだ話であった。
H30年福祉後援会 (1).JPG
posted by ケチ at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

文庫本の発刊(人とは違った生き方を!)

この3月に5冊目の本を出版する。文芸社からの出版で題名は「人とは違った生き方を!」である。未発売ながら、AmazonのHPで既に発売予告の記事が出ている。今回は、手軽な500円のワンコイン(税込み)の価格設定。生涯現役を目指して生きている男として、過去に積み上げて来た経験を後生(後で生まれた諸氏)に伝え、多少でも役に立ちたいとの想いからの執筆である。大学の先輩である西田達雄氏(元住友商事専務)から有難い推薦を頂いている。ご拝読頂ければ幸いです。3月に新発売。


posted by ケチ at 08:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする