2020年02月21日

拡大解釈の怖さ

先日、国会討論の委員会討論を見ていたら、検事長の定年延期問題で、野党の質問に対して法務大臣は「今までの解釈とは異なって、閣議で検事長の定年を延長した」と答弁していた。前例踏襲は必ずしも最善とは言えないが少なくとも法令に決められている物事を変更解釈するならばそれ相当の理由が必要である。噂だが、当該検事長は時の政権寄りで例えば「もりかけ」問題、元大臣の現金受領問題でも不問にして来た人物らしい。検事総長(No.1)の定年退職の時には検事長(No.2)が検事総長に就任させる思惑があるらしい。もし7月にそのようになったら日本の司法制度は信用出来なくなる。お隣の国では「タマネギ男」を自分たちの利益の為に法相にしたり,検察改革だと称して検事総長を辞めさせようとしている。日本はそんな国の真似をすべきではない。現政権の驕りが怖い。
posted by ケチ at 08:59| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

小泉環境相の感染症対策本部の欠席

小泉大臣が、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合に欠席して、後援会の新年会に出席していた。指摘されて、代理を立てていたので問題ないと抗弁していたが、結局は反省した。氏は育休も率先して取ると公言している。私見ながら、国の重責を担う大臣等は国民の模範となるためだと称して育休などを取るべきではない。政治家、それも大臣などは国民の為に日夜を問わず働くべき存在である。例えば兵隊が、戦闘中に休暇を取ることはあり得ない。どうしても育休などを取りたいなら重責を担う職に就かなければ良い。言っておくが、家族との時間などを大事にしたい御仁は重要な職に就く資格はない。
posted by ケチ at 19:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

北方領土問題に関して

放送大学で「日本政治外交史」を受講し、単位認定試験を受けた。出題は「北方領土問題」についての記述試験だった。今の我々の理解ではソ連は日ソ中立条約が存在しているのに侵攻して来た、信用ならない国である。「条約は破るために締結する国だ」と揶揄する識者もいる。ソ連(ロシア)は戦争で取った領土だと主張するが、過去に日本が得た領土を返還するとの平和条約の筈だ。現在の日本が抱えている領土問題(竹島、尖閣列島)も日本固有領土の定義が曖昧な上に、当時の関係国が明記しなかった事に原因がある。北方領土問題は1955年に開始された「日ソ国交正常化交渉」以後今も続いているが、4島一括か、2島かも決着が付かない。日本は韓国と「徴用工」問題で大もめしているが、ソ連の対日参戦に関連して発生したシベリヤ抑留や強制労働などはもっと理不尽な筈だ。正しい判断出来る中立的な第三者機関が無いのだろうか。


posted by ケチ at 12:24| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

嘘、欺瞞、隠蔽は人間失格だ

「中共」のIR関連業者が、日本の政治家に現金を配った問題で、贈賄側から個人名が出て来たが、ご当人たちは完全にその事実を否定している。被疑者は問い詰められるまで本当の事を言うはずがない。その中で、日本維新の会の代議士が正直に白状し、100万円を受け取ったと認めて離党した。この人は間違ったことをしたが、人間として正直だ。その他の人達も何れは事実が判明するだろう。まさか色々な忖度が出て、事件がうやむやになることは無いと思うが、人は正直でなければ「人間」ではない。人間失格である。
posted by ケチ at 12:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

中国公船が尖閣列島周辺に

中国の公船が尖閣列島周辺に現れているとの記事が連日、新聞に載っている。日本国民がどれ程このことに関心を持っているだろうか。中国と日本は今のところ友好関係にある。それなら、何故に尖閣列島を自国の領土だと主張し、自国の公船をうろちょろさせるのか。このような領海侵犯しかねない行動を政府は「遺憾砲」だけでやり過ごすのか不思議でならない。南シナ海などでの中国の覇権的行動、東シナ海上空での中国軍機による挑発行為に日本は毅然たる態度を示すべきだ。自衛隊機の度重なる緊急発進だけではなく、国として外交的にもっと強力に抗議すべきだ。米国のペンス副大統領は尖閣列島は「日本の施政権下にある」と明言しているが、自国の領土は自国で守る気概が必要だ。
posted by ケチ at 19:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

韓国法務部長官 突然辞任のニュース

台風一過の祝日(月)の午後3時ごろ、ユーチューブを見ていたら「韓国チョ・グク長官辞任」のフレーズがあった。先走りのフェイクニュースかと思ったが本当だった。文大統領がこの人物を長官に強引に任命したのは去る9月9日。「多くの疑惑があるので任命すべきではない」と検事総長が大統領に進言したらしいが、それが逆効果で大統領が任命を強行した。結果的には1月余りで辞任に追い込まれた。隣国の人事案件をとやかく言う積りはないが、大統領と一緒になり反日政策を継続されるのは迷惑だ。反文政権の大規模なデモが10月3日にあり、隣国民の良識があった事に安心する思いだ。今後は極端な反日政策が弱まり、両国が仲良くして行ければ良いことだ。
posted by ケチ at 16:33| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

美人過ぎる韓国国会議員・羅(レ)女史

以前に、youtubeで視聴した韓国国会での羅女史の演説に感心していた。タマネギ男と揶揄されている人物をK国の法相に任命する件で、痛烈に現政権を批判していた人物。その発言に対して、国会は長い時間中断していた。女史はタマネギ男と同じくソウル大学の同窓生とか。裁判官を経て2004年から国会議員を務めている。2015年3月に中国の劉外務次官補と会談した時に、「・・・美人でいらっしゃる」と言われたのち、「美人過ぎる議員」と脚光を浴びた。一方、冷たすぎる感があり「氷姫」とも言われているらしい。あの国会での厳しい追及の後で、ご当人にもタマネギ男と同じような疑惑が出て来ている。2人の子どもの大学入学時の疑惑。今の日本でもありそうな話ではあるが、彼の国ではこの種の噂がなんと多い事か。歯切れの良い美人過ぎる国会議員に頑張って貰いたいが、ご多分に漏れず羅女史も反日だそうだ。
20190906韓国国会羅女史.jpg
posted by ケチ at 11:43| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

韓国国会での出来事

インターネットで韓国の国会での演説のシーンを見た。最大野党の自由韓国党の代表演説でナギョンウオン女史が文大統領に関して辛辣な意見を述べたらしく、与党議員が壇上に詰め寄り、ヤジを飛ばして演説を妨害していた。議場での混乱を治めるのに、議長は大変苦労をしていて「例え、発言に問題が有っても意見は聞くべきである。それが民主主義だ。」と出席議員を諭していた。美人で有名らしい「ナ議員」は、勇敢にもGSOMIAに対する文政権の対応がおかしいと力説していた。大統領の権限が強すぎるお隣の国だが、民主主義的な所もあるのだ。それなら、反日、嫌日に凝り固まらずに日韓請求権協定(1965年)などをよく理解して欲しいものだ。
20190906韓国国会羅女史.jpg
posted by ケチ at 19:11| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一体何処まで行くのか「米中貿易戦争」?

米国が、第4弾の対中制裁関税を発動した。中国からの約1120億ドル(12兆円)分の輸入品が対象で靴や時計、薄型テレビなどが15%の追加関税が適用される。これに対して中国も約750億j(8億円)相当の米産品のうち原油、農産物など1717品目に対して最大で10%の追加関税を課す報復措置を取った。だだでさえ減速傾向にある世界経済に追い打ちをかけている。この影響で韓国ではサムスン他の売り上げが激減しているし、日本でも円高が進み、株安が続いて、些細な事ながら、私自身にも火の粉が降りかかっている。更に、米国は「国防権限法」の適用も考えているようだ。非常事態宣言をした後に、政府が14分野で自国の企業に中国からの撤退命令をすることが出来るらしい。国民はよくよく考えて国の代表を選ばねば大変な事になる。勿論、現大統領はアメリカ・ファーストを目指しているのだろうが。
posted by ケチ at 18:53| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

韓国、文大統領のあきれた論理!!

新聞報道で、韓国の文大統領が閣議の冒頭でした発言が載っていた。
「一度反省を言ったので反省は終わったとか一度合意したからと言って過去の問題がすべて過ぎ去ったのだと終わらせることは出来ない」「一度の合意で歴史問題は解決しない」と述べている。一般常識、国際的な常識が通じない国とどのように付き合えば良いのだろうか?
posted by ケチ at 18:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹島(島根県)の帰属問題について

最近、韓国が、竹島(独島)で軍事訓練をした。長らく韓国がこの島を実効支配している。you-tubeでその帰属に関する記事を見た。それによると、1951年、日本がサンフランシスコ講和条約を締結した時に、韓国が米国に対して「韓国を連合国にしてくれ」と主張したが、韓国は連合国ではないと拒否をした。韓国は「対馬、パランド(ハロー島?)、竹島」を韓国領にするように主張したらしい。それに対して、米国は「対馬」は問題外故に話題にもせず、竹島は日本領であり、パランドなどは実在しないとして認めなかった。実在しないパランド、全く問題外の「対馬」を自国領にとよくも主張したものだ。その後、李承晩大統領が李ラインを勝手に引いて、多くの日本漁船を拿捕し、漁船を沈没させ、死者まで発生させてた証拠は政府資料で明らかだ。何たる国なのか!?
posted by ケチ at 18:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

本当に大丈夫なのか韓国経済は!

8月23日にGSOMIAを破棄した韓国の文政権。面子ばかり気にしていて自国民のことを大切にすることを忘れていないか。他人事ながら余りにも状況判断が幼稚である。You tubeで韓国の国会風景を見たことがある。女性議員が真っ当なことを発言している時にヤジが飛び交い、発言が長時間中断されていた。文政権は今後2年間の任期があるが、それよりも韓国経済が2年間耐えられるのだろうか?韓国の皆さん、早く眼を覚ましましょう!
posted by ケチ at 22:48| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

「あおり運転」を繰り返す韓国文政権!

昨日(8/22)韓国は日本との間のGSOMIA協定を破棄した。両国間のやり取りを見ていると「あおり運転」の繰り返しだ。ホワイト国からの削除を日本の仕返し(徴用工問題など)と勘違いした文政権が、負けじと「あおり行為」を繰り返している。1910年の日韓併合(歴史問題)が悪いと決めつけての行動だ。過去の歴史はそれぞれ時代背景がある。2次大戦前まではアジアは長年西欧列国の植民地であった。もし、過去に植民地であった新興国が同じように宗主国に恨みを抱いて行動したら世界はどうなる?世界平和を守るために国際法も存在する。条約を破る国(ソ連)もあるが、条約を平気で無視する韓国は、国家の体をなしていない。国民の幸せを第1義に考えない政権などは滅びるべきではないか。思想的に凝り固まった左翼政権は手に負えない?!文政権は法律的にはまだ2年間続く。そんな大統領を選んだ韓国民の受ける不幸を憂う。
posted by ケチ at 11:18| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

韓国に関する新書シリーズD

新書シリーズD
【もう、この国は捨て置け! 韓国の狂気と異質さ 著者 呉善花市(拓殖大学教授)/石平氏(評論家)】
【韓国の日本に対する外交姿勢、反日体制はますます攻撃的、強硬的、超法規的なものになっている。この異常さの背後に何があるのか。中国を捨てた石平と韓国人をやめた呉善花が解き明かす狂気の国・韓国の真実】
posted by ケチ at 18:35| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国に関する新書シリーズC

新書シリーズC
【韓国・韓国人の品性】著者 古田博司氏(筑波大学名誉教授)
【韓国人は平気でウソをつく。「卑劣」の意味が理解できない。あるのは反日ナショナリズムだけ。だから「助けず、教えず、関わらず」の非韓三原則で対処せよ! 朝鮮半島は、主体思想で合体し大国の干渉をはねのけようとしている。」】
posted by ケチ at 18:27| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国関係の新書シリーズA

難しい国際情勢の下、近隣国とは仲良くすべきであろうに。
シリーズA 「韓国・北朝鮮の悲劇」著者 藤井巌喜氏(国際政治学者)/古田博司氏(筑波大学教授)
【北との統一を夢見る韓国は滅びるだけ。米中は冷戦から熱戦へ!? 対馬海峡が日本の防衛ラインになる。テロ戦争から「大国間確執の時代」が再びやってくるーこれからも東アジアはどんどんとダークサイドに落ちていく。】『韓国・北朝鮮の悲劇 米中は全面対決へ「徴用工問題で日本企業の資産を差押え、国際法すら無視、常識が通用しない韓国。北朝鮮との統一を夢見る文在寅はもう無視せよ!」
posted by ケチ at 18:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ええ加減?(大阪弁)な市議会の対応

久しぶりにブログを書いている。大阪狭山市ではこの6月議会で⑴市行政職員への地域手当を2%アップして15%にしたことA6月議会で二人目の副市長を任命したこと。R1年度の骨格予算でも積立金を取り崩して予算執行する状態なのに、上記の2点を強行した。市議会のチェックは一体どうなっているのか?チュック機能が働いていない。民意を尊重する立場にある小生だが、とてもこのような運営では一市民として納得しかねる。厳しい財政運営なのに、市当局が身の丈に合った態度が取れないのか。この2件でも年間の人件費は数千万円アップに繋がる。先ず、近隣市の所謂地域手当は、河内長野市、富田林市が6%、政令都市の堺市が10%である。15%の数字は総務省からの給与情報に従って市が決めたのだが、その数字が理解し難い。厚労省の基幹調査の結果だそうだが、データが正確だとは思えない。この場合、行政並びに議会が良く調査をするべきであり事情に疎い中央からの数字に悪乗りするのは止めて欲しい。それにしても、状況を判断すべき議員達の資質は大丈夫?
posted by ケチ at 16:47| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

統一地方選挙への挑戦

平成31年4月22日(日)統一地方選挙への挑戦は失敗に終わった。当方の戦略・戦術の失敗であった。まさかの坂があり、大阪府内に想定外の暴風雨が吹き荒れた結果でもある。「敗戦の将、結果を語らず」である。自分では世の中、時には変な風が吹くものだと思っているが、それ以上のコメントは差し控えたい。それよりも、今回の挑戦の結果は、自分自身にとってはまさに「神の思し召し」だと感じている。おかしな感じだが、少しも残念さや口惜しさを感じない。負け惜しみではない。「Time is money」である。残された自分自身の持ち時間をもっと自由に、賢く使えとの神のお告げである。妻と相談をして、早速、エーゲ海のクルージングを申し込んだ。永らくご無沙汰していた金剛登山にも復帰した。
KIMG1072.JPG KIMG1069.JPG


posted by ケチ at 22:48| 大阪 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

失敗に終わった米朝首脳会議だが、

ベトナムのハノイで開かれていた米朝首脳会議は双方の思惑が外れて不調に終わった。あのハーマンカーンがハイテク時代のハイタッチと予測していたが、あの首脳会議は一体何なのだろうか。たかが1乃至2日の会議に大袈裟過ぎるのではないか。北朝鮮などは多くの空腹の国民が居ると言うのに、列車や特別機で遠くハノイまで行っての会議。世界中の誰も無駄な事だと思わないのだろうか。税金を集めて運営している行政府は例え裕福な合衆国であっても費用対効果を考えるべきだろう。
posted by ケチ at 19:42| 大阪 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

元議員秘書だとどうなの?

知人から変な葉書が来たが、これは何なのと聞かれた。見ると「地元、大阪狭山市の為に働きます!!」とある。元議員秘書だ。そもそも議員秘書だからと言ってだけで尊敬に値しない。本市で元議員秘書だと言って、4年前に当選した市議は地元に何も残せず、議会で然したる「議論」もせずに去ってゆく。政治はもっと崇高なもので、自分の私利私欲を追い求める手段としての生業ではない筈。日本、経済は一流、政治は三流の現状は残念ながら不変?
posted by ケチ at 09:24| 大阪 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする