2020年07月30日

グラウンド・ゴルフの道具を新調!

始めてから1年間が過ぎたグラウンド・ゴルフ、人から借りていた道具を返上して、やっと自分の道具を購入した。クラブとケースとボールで約2万円。このスポーツは1982年(昭和57年)に鳥取県泊村(現:湯梨浜町)で創案されたもの。コースは50m、30m、25m、15mが各々2ホールあり、1コースで8ホール。ゴルフのようなグリーン上にホール(穴)は無くホールポストがある。ボールは野球のボールより小さめのプラスチック製。パターゴルフのようなもの。1コースには8つのホール(ホールポスト)
があり、何処からでもスタート出来るので、ラウンドの消化は早い。家の近くの西新町グラウンドは「太陽会」のホームコースである。芝生を植えているが、グリーンのような滑らかさは無いので、プレイは難しい。週に2回の内、火曜日のみ参加しているが、慣れれば結構楽しい。グラウンド整備は皆で行っている。
GG用クラブ&ケース.jpg

posted by ケチ at 13:54| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: