2020年07月30日

日本のマスメディアは何を報道している?

外出自粛の巣ごもり生活、日本のマスコミはつまらぬお笑いの番組ばかり流している。一方、香港や南・東シナ海、尖閣列島の問題をごく一部しか取り上げない。米中の政治、経済、軍事対決をよそ事のように取り扱っている。領海を侵犯されても「遺憾である」と繰り返すだけ。政府の平和ボケにはほとほと呆れる。勿論、政府はその国民のレベル以上にはならないとしたら、国民全員が平和ボケ。中国共産政権は公海上の暗礁を埋め立て自国領とうそぶき、尖閣列島への侵害に対する日本からの抗議(か弱い)に、自国の領土だと主張するばかり。日本はこの暴挙を国連に提訴すべきだろう。今月、米国は明白に「南シナ海」「東シナ海」での共産中国の暴挙に正論を吐いた。インターネットの情報には先走ったものもあるが、最新の情報を伝えている。
posted by ケチ at 12:20| 大阪 ☁| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: