2020年05月23日

100年前のスペイン風邪と与謝野晶子

2020年(令和2)新型コロナウイルス禍で世界中が大騒動だが、100年前にもスペイン風邪が地球上で猛威を振るった。このウイルスは第一波は米国デトロイトで発生し、米軍の進軍で欧州に渡り、スペインで大流行した。当時世界中で全人口の約4分の一(5億人)が感染し死者が1,700〜5,000万人、成人の若者の死亡率が高かったようだ。日本で与謝野晶子のお子さんも罹かったそな。情熱的な歌を多く残している歌人だが、苦労した当時の事を嘆く歌も数多く残している。「街行けば涙ぐまるるおもいでの必ずわきぬまづしきがため」など。我が高校の大先輩の当時の生活が思い起こされる。
posted by ケチ at 16:35| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: