2019年09月22日

久しぶりのみちのくの旅 平泉・中尊寺、松島、五色沼

本日のバス走行距離は約360kmの予定。平泉から松島へより、裏磐梯の五色沼へ行く。中尊寺は岩手県西磐井軍平泉町にある天台宗東北大本山寺院で開山は円仁と言われている。奥州藤原氏三代のゆかりの寺。平成23年に平泉の文化遺産が世界遺産に登録された。国宝第1号の「金色堂」は大きな建物の中にある。その金色堂には多くの平安仏教美術の宝物が収められている。近くには釈迦堂や多宝寺などがある。
松島には大震災(2011年)の3年後に視察団の一員として訪れたことがある。松島は沖合に島が沢山あり、津波の被害は比較的に少なかったようだ。しかし有名な松島の瑞巌寺の参道の両側の木が植え替えられていた。松島見学後に裏磐梯の五色沼温泉へ移動した。
みちのく平泉金色堂.jpg みちのく平泉1.jpg

posted by ケチ at 23:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: