2019年07月14日

大阪市立大学同窓会の南大阪支部総会へ出席

令和元年7月6日(土)、市大・学術情報総合センターで開催された総会に出席した。この南大阪支部は一昨年に新しく創設された支部である。第1部は総会、第2部は講演会「日本料理の流儀」第3部は懇親会。第2部の後半、自己紹介の時に出席者のプロフィールのプリントが用意されていたのは良かった。小生自身は学士入学で法学部と商学部を卒業したので、言わば変則的な同窓生だ。働きながらの学生生活、専門課程の3+3年間、6年間も通ったので、外大(現阪大)の4年間よりも長くお世話になったし、その後のキャリアーにも良い影響を与えてくれた。来年(2020年)には創立140周年を迎える大阪では一番古く伝統のある大学である。因みに、2021年には阪外大が100周年、阪大が90周年を迎える。市大の卒業性は5万5千人いるらしいが、同窓会が活発に活動しているようでもない。公立大学法人として府立大学と一緒になったので今後はもっとシナジー効果が出てくると思われるが、もう少し同窓生としての自覚が各自にあっても良い。
2019南大阪支部総会集合写真.JPG
posted by ケチ at 22:29| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: