2018年11月12日

近大病院の堺市への移転問題について(総括)

今まで堺市住民のチラシに沿って記して来た。堺市の発表によると、この移転による経済波及効果は年間114億円。大阪狭山市の住民としては何故これ程まで大阪府がこの移転を推進するのか全く理解に苦しむ。小さいが、文教都市としてのまちづくりをしてきた市にとって、その上部団体である大阪府が何故、法律や規則を拡大解釈して、この移転計画を推進し、弱い市をないがしろにするのか。権力を独占する行政の怖さを感じると共に、この理不尽は行政行動を後の世のよすがとする為に敢えてこのブログをアップして置く。日本は主権在民であり、法治国家なのだから。
posted by ケチ at 12:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: