2018年11月12日

近大病院の堺市への移転問題(4)

@医学部併設特例の適用を考えた関係3者は、身勝手な「解釈」をした。この特例の趣旨は、医学部と附属病院が距離的に離れていては学生の勉学に支障が出るのを避ける為である。近大の場合は同じ敷地内だから、そもそもこの特例を使うには不可避的な理由が必要である。(2度も浸水した中之島での阪大医学部付属病院の例)A今回の場合は屁理屈を付けて、先に医学部が堺市に来て、後から病院を作るというもの。
posted by ケチ at 12:09| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: