2017年08月28日

うつ病について

市内のケアマネジャー対象のうつ病に関する講習会があり、出席した。現在、国内でうつ病として病院に罹っている人は100万人位だが、実数はその4倍位らしい。そう言えば、高齢になってうつ病になっている友人も多い。大学のクラブのOB会の有志で久しぶりに消夏会を開催することになり連絡をしたところ「うつ」で出席できないという。身体はどこも悪くはないが気力が出てこないらしい。これは「うつ」の症状の一つ。早期に発見すれば治療薬はあるが、自覚症状は無いので医者に相談しないケースが多い。東京や埼玉にいる友もそのきらいがある。早く、診断を受ければよいと思うが、そう勧めるのはちょっと躊躇する。認知症とうつとの相関関係はある。「うつ状態」の人への励ましの言葉は逆効果でもある。昔の貧乏だった時代とは異なり社会が豊かになった今日、糖尿病やうつ病は「贅沢病」のような気がしてならない。
posted by ケチ at 13:10| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: