2017年06月30日

緑映え、水きらめく田園都市?

大阪狭山市内に溜池が約120ある。その溜池の上に太陽光パネルを敷き詰める計画が出てから2年を迎えようとしている。既に3か所にパネルが設置された。東池尻地区にある大鳥池には約9000枚のパネルが浮かんでいる。当初、反射光や反射熱の問題が懸念されたが、案の定反射光が問題になっている。環境アセスメントなおざりにした結果である。一方、住民の反対により、設置が中止された新池は自然の儘である。マンションに囲まれた新池に設置されなかったのは本当に良かった。
H29年6月新池 - コピー.JPG ☆☆大鳥池パネル1.JPG

posted by ケチ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック