2017年06月03日

真実を述べない恐ろしさ

家計問題で、政府と民進党、自民党の間で論争?が続いている。首相が、指示をしたとかしないとか。恐らくは直接の指示は無かっただろうが、周りが「忖度」し過ぎである。英語でも「Whisper](ささやき)との言葉がある。「注進」、意を組んで側近が主の思いを遂行する手である。世の中、この種の事は多い。その為に、権力者は普段から自らの行動を厳しくしておく必要がある。そうでないと、「李下に冠を正さず」のような事が起こる。首相ご夫妻にはこの点を強く指摘したい。主に取り入って、点数を稼ぎたい手合いが沢山に居るこの日本なのだから。「私は指示をしていない」との言葉だけでは一国の指導者としての自覚に欠ける。

posted by ケチ at 09:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック