2016年11月15日

日本は何時まで米国の「ポチ」でいる必要があるのだろうか?

先般の米国大統領選挙の結果、大番狂わせトランプ氏が当選した。氏は演説の中で日本の駐留米軍の撤退や、経費の百パーセント負担を主張していた。氏や米国民の本音だろう。現実としては、日本は既に年間で8千億円弱の経費を負担している。一方米国は自国の将兵等への人件費・糧食費は約5千800億円である。日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の英文での表示は「日本は日本の市民と領域を防衛する一義的な責任(Primary responsibility)を有する」、「米軍は支援・補完する」とある。日本は既に一義的な責任を負っている。戦後70年以上が経過した今、日本は自国で防衛をすべきである。米国の指導者が駐留軍の撤退を言い出した時が「change]であり「chance」である。就任前の他国の大統領(予定者)に駆けつけて「朝貢貿易」まがいの行動に出るのは如何なものか?「ポチ」は返上したら、と友達間で話し合った。

posted by ケチ at 10:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック