2016年10月03日

RUN伴に参加してタスキリレー

認知症高齢者を励ます活動で、北海道から九州沖縄まで、たすきを繋ぐ「RUN伴」が10月2日に大阪狭山市にやって来るとのことで、NPOふれ愛さやまのケアプランセンターが参加した。小生も役11キロを走る(ジョギング)する積りで参加。
タスキは河内長野と富田林から来て、それを堺市南区にある「年輪」までつなぐ。ジョギングの積りだったが、最近ランニングをしていないので、途中でバテた。雨の予想の天気予報が外れて31度にも上がったため、コンデイションは悪かった。四苦八苦し、途中、伴走の「軽自動車ハスラー」に助けられて目的地にやっと到着した。高齢者の体力は若者と比較して半分以下に落ちている。強がりを言っても所詮は寄る年波に勝てぬのだ。ゴールの「特養(年輪)」から桃山学院大学までは3台の恰好良い「ハーレー」がタスキをつないで呉れた。
DSCN3470.JPG DSCN3461.JPG DSCN3482.JPG DSCN3465.JPG   RUN伴team.JPG


posted by ケチ at 16:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック