2016年10月03日

平成28年9月議会終了

9月1日から始まった9月の定例市議会は丁度30日に終了した。今回、総務文教常任委員会から「予算決算常任委員会」が独立して開催された。質的には変わらない筈であるが、予算決算委員会が出来たので3日間の開催であった。マンションで囲まれた溜池での太陽光発電装置設置は、又もや「継続審査」となった。周辺住民は絶対反対を表明しているが、当局は強硬しそうである。我が会派は、当初から溜池での太陽光パネル設置には自然環境を損ねるとして反対している。水きらめくまちを謳っている市としては自然の保全にもっと真剣に取り組むべきだ。また、市当局がこのような事業に率先して取り組まず、民間主導にすべきだ。それにしても今回の「太陽光パネル設置事業」の推進はあまりにも拙速と言わざるを得ない。
posted by ケチ at 16:03| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本件、マスコミも市の動向に注目しており、若し市が住民の同意を得ず、強行するなら、狭山の「この世は終わり」でしょう。
Posted by 平野 博義 at 2016年10月04日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442479941

この記事へのトラックバック