2016年10月03日

さやま荘(老人福祉センター)でのカラオケ歌謡大会

今年で、もう10回目を数えるだろうか、福祉センターでのカラオケ大会があり参加した。市内には結構「カラオケ」ボックスがある。日頃は滅多に行かないカラオケボックス(市ダックス)に行ったのは、少しだけでも事前に練習しておこう思ったから。エントリーしているのは五木ひろしが歌っている「山河」。いい歌であるが難しい歌だ。93名が出演する会は9時過ぎから始まった。第2部には「進行役」が回ってきているし、神の思し召し(抽選)の結果、歌うのが最後。前日のボックスで2時間ほど練習したが、ゴルフコンペの前日の付け焼刃と同じで、うまく歌えない。声帯が疲れてきたのか、DAMの精密採点で「もう少し優しい歌を歌ったらどうか」とのコメントを頂いてしまった。当日は少し声がかすれて、思い通りには唄えなかった。何事も日頃の行いが大切だと痛感。丸一日仕事ではあるが、カラオケは楽しい。高齢者には欠かせない趣味である。
posted by ケチ at 15:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック