2016年09月09日

夏の天神祭りがまだ続いていた

久しぶりに大阪市内へ出かけたのは、本町にある「那須歯科」へ行く用事が出来たためである。2日前、干物の「ふかひれ」をそのまましがんでいたら、右上の奥から2本目の歯が半分欠けてしまい、治療のための本町行きである。本町から難波まで運動も兼ねて心斎橋筋を歩くのが習わしになっている。午後6時半ごろ、本町から心斎橋筋を難波まで歩いた。9月に入った今でも心斎橋、戎橋の界隈は天神祭りの賑わいである。殆どは東南アジアの方々だ。客寄せの女性は中国語のネーテイブスピーカだった。兎に角賑やかだが、不思議なことにこの賑わいは道頓堀橋辺りまでで、難波までは続いていない。爆買いはなさそうだが心斎橋筋のお店それもドラッグストアは多くの旅行者で賑わっている。私自身も、外国へ行った時には屋台や商店街をうろうろするのが好きだ。観光立国を目指している日本に外国の旅行者が殺到しているのだ。思えば、ヨーロッパや米国よりも日本には名所、旧跡が遥かに多い。お土産ものでも日本ほど豊富なところは少ない。飛行機やデジタル時代になった今、外国の旅行客が日本へどんどん来て欲しいものだ。
posted by ケチ at 22:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック