2016年08月21日

「18歳と81歳」の違い

カラオケ練習の席で、一枚の紙が配られた。読んでみて、面白い比較だが一方、お年寄りに対して失礼な比較だとも感じた。私的には、サムエル・ウルマンの「青春」の方が遥かに好きであるが、参考までに転記する。
「道路を暴走するのが18歳」「道路を逆走するのが81歳」
「心がもろいのは18歳」「骨がもろいのは81歳」
「偏差値が気になるのが18歳」「血圧が気になるのが81歳」
「受験戦争を戦っているのが18歳」「アメリカと戦ったのが81歳」
「恋に溺れるのが18歳」「風呂で溺れるのが81歳」
「東京オリンピックに出たいと思うのが18歳」「東京オリンピックまで生きていたいと思うのが81歳」
「自分探しの旅をしているのが18歳」「目的を忘れて徘徊しているのが81歳」
さて、自身は、東京オリンピックは当然楽しめると思っているのだが??

posted by ケチ at 11:45| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
81歳で、今年右足骨折した私の事かいな!18歳で、選挙権有るのに、犯罪や、自動車事故は、未成年かいな!選挙権あれば、結婚も?それなりの責任、要求してください。少年院でなく、刑務所へ・・・因みに、81歳で骨折しても、骨は薬も飲まず、牛乳で簡単に治る。松葉ズエで海外旅行したが、空港ではVIP扱いでした。今は、前より,じょおぶになったような。
Posted by 平野 博義 at 2016年08月21日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441223937

この記事へのトラックバック