2016年08月18日

時代は変わる、人も都市も日本の世界も

心斎橋の日航ホテルで証券会社のセミナーがあり、久しぶりに難波から御堂筋西側を北上した。空き家になっていた歌舞伎座は撤去されていたが、その跡には建物はないようだ。道頓堀橋の西側にあったスポーツ高橋はドンキイホーテに変わっていた。黒い日動ビルはブランドのビルに。会社の本社があった第3松豊ビルは既に名前が変わって久しい。韓国の領事館は不変で府警の機動隊のバスが2台停まっていて、背の高い機動隊員が警戒に当たっていた。日航ホテルの向かいの大丸本店は現在建て替え中。「そごう」は大丸北館として営業中。心斎橋筋には外国旅行者がひしめきあっていた。定年退職して丸17年、自分は変わっていないように思っているが、世界はどんどん変わって行く。行く川の水は絶えずしてしかも元の水にあらず。グローバル化する世界、どちらに向かうのだろうか?見る術もない50年後の世界が気にかかる。
posted by ケチ at 10:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック