2015年12月23日

大阪・関西への観光客急増に拍手

偶に、大阪市内に行き心ブラ(心斎橋散歩)を楽しむが、昨今の外国人訪問客の多さには驚く。昼時も、夕方も歩いている人々の半分以上は外国のお方である。今年の1月〜11月の関空の国際線利用の外国人旅客数が911万人と過去最高を記録した。大阪・南への経済効果は大きくて、高島屋や近鉄百貨店の免税店の売上が4倍位に膨らんだようだ。友達が東京から出張して来た時に市内でホテルを確保するのに難儀したらしい。沢山日本の製品を購入するのを「爆買い」と揶揄しているが、全く失礼な言葉である。デフレに喘ぐ日本にとって、日本製品を購入して頂ける大切なお客さんである。一方、日本人は既に最新の電化製品を購入しているので、今や買う物が見つからない。
今年の初めにマレーシアへ10月に台湾へ旅行し、帰国し入国手続きをした時に、帰国日本人の窓口よりも来日外国人の列の方が遥かに長く、訪日外国人の多さを実感はしていた。
posted by ケチ at 13:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック