2015年12月18日

やっと狭山駅前の府道の側溝蓋工事着工さる

南海高野線狭山駅前を昔の下高野街道という府道が走っている。この府道は一方通行になっていて道幅は狭い。車が来れば、避けるのに困る。かなり前に沿道の家に側溝のフタの設置の了解を取り、市の土木に側溝の蓋をとりつけてくれるように依頼した所、やっと工事を始めて呉れた。この狭山池に至っている一方通行の府道。府道故になかなか着工までには時間が掛かるのだが、今回は予想より早く施工してくれたのは有難い。住民が安心して道を歩けるようにするのが行政の仕事である。市内を貫通するR310号線の歩道の状況などをみても、道路に関しては、日本はまだまだ後進国である。

posted by ケチ at 23:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック