2015年11月13日

府知事、大阪市長選の情報合戦

11月22日(日)のダブル選挙を控えて情報が飛び交っている。毎日のようにチラシが入る。自民党のチラシもあれば、共産党が主導している「明るい民主府政」もある。民主党関連のチラシがないのは、活気のない現在の民主党を象徴しているのだろうか。と言っても活気が有るのが、良いわけでもない。チラシを見て感じるのは、自民党や共産党が書いている項目は殆どが、相手の悪く言っているだけで具体性に欠けている。例えば、「無駄をけずり、財政再建に取り組む。経済・福祉・教育をよくする府政に云々。今までの府政や市政を良く勉強しているのだろうか。呉越同舟の相乗り府政・市政では改革は出来ない。一方、維新のそれは、具体的な政策を述べている。改革には、少しの痛みは伴う。皆がハッピーの政策は有りえない。「さよなら危険な維新政治」との各党あげてのキャンペーンには大いに違和感を覚える。日本の近代への夜明けとなった「明治維新」を思い起こして欲しい。改革なくして前進なし。
共産党ポスター.JPG

posted by ケチ at 10:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック