2015年11月13日

がん保険か生命保険のどちらが良いか?

最近、生命保険会社の複数の代理店から書類が届く。傷害保険や生命保険の窓口が一挙に広がったせいだろう。勧誘がたくさん来るので、病気の入院保険で一日5千円に入ろうと考えた。がん保険をかけて20年たつが、保険は使ったことがないので勿体ない。外資系の保険に入ろうと思っていた矢先に、知人が保険を扱っていることをふと思い出し即契約。テレビでよく宣伝しているアメリカの保険と同じような生命保険が国産の保険にもあった。持参されたPCで重要事項説明や保険の条件を即座に確認することが出来るのだ。最終段階で、なんと、東京のセンターの担当者とインターネットを介して、告知に関する面接を受けた。保険業務も変わったものだ。今ではパソコンを駆使できない保険外交員は失職だ。或る大手の生命保険会社、女性の総合職の新卒者5名を採用したが、10月でその内の4名が退職したらしい。どの業界も競争は厳しい。
保険契約面接.JPG
posted by ケチ at 10:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック