2015年10月28日

遅れてきたネオ・帝国主義者=中国

27日に米海軍横須賀基地配属のイージス駆逐艦「ラッセン」が南シナ海南砂諸島を航行した。この5月に米軍や米国務省が艦船と航空機を勝手に作った人エ島の12カイリ以内に派遣する方針を中国に通告したが、オバマ大統領が待ったを掛けていた。その間、中国はこの人エ島に軍用に利用できる3本の滑走路を建設した。港湾施設も複数作られていて、今年の6月の時点では埋め立て面積が12平方`に拡大している。オバマ米国大統領の傍観が問題を大きくした。遅きに失した感があるが、27日に駆逐艦を使ったのは、習主席と会談で中止要請をあっさりと断られたことによる。公海上の環礁を勝手に埋めて、自分の領土だと宣言する今の中国は帝国主義以外の何物でもない。米国は「海洋権益を過度に主張する国には対抗する」としている。今は、米国しか、この中国の高圧的な態度に対抗できないのはおかしな話である。国連は一体何をしているのか。第2次大戦の戦勝国である5常任理事国が自分の不利益な案件は拒否権を行使するので、国連が動けない。国連が結成されてから70年になるのに、事態は改善されていない。世界は、勝手気ままに振舞う「新・帝国主義国」を許してはならない。
posted by ケチ at 12:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック