2015年10月04日

南十字星会の機関紙

10月2日(土)、大阪市内の中之島にある大阪大学中之島センターでの南十字星の幹事会に出席。中之島センターへ行くのはこの会合の時だけであるが、周囲の景色が毎回少しづつ変貌しているのに気が付く。この中之島には大阪市の電気科学館やリーガロイヤルホテルなどがるが、川の北側にも高層ビルが立ち並びつつあが、それでも東京の変貌には大きく差を付けられている。10月におおさか維新の会が発足し、副首都を目指すらしい。居住した経験者として首都圏は地震が多すぎ、やばい感じがする。日本全体を考えれば、列島には2つの拠点が必要だ。ところで、「南十字星会」は旧阪外大のインドネシア語学科の同窓会であるが、機関紙を発行している学科の同窓会は少ない。現在まで21号発行されていて、同窓会員約850人に毎回送付されている。12頁立ての機関紙だが、インドネシアに関心を持っている人にとっては大変有意義な情報誌である。発行が継続されている理由の一つは会長や特に編集を一人で引き受けてくれていた岩谷氏(元産経新聞社)に負うところ大きい。学校の同窓会が上手く運営される主な理由は、メンバーのボランテイア精神の発露である。奉仕精神に富んだリーダーの存在が必須である。今回、東京支部長を快諾された辻本雅広氏(元住商)がわざわざ東京から参加してくれた。毎回減少して行く「協賛金」の問題は存在するが、是非とも継続して発行される事を望んでいる。継続は力である。

posted by ケチ at 12:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック