2015年09月21日

H27年度さやまナツメロ・カラオケ大会

9月20日(日)、大阪狭山市の福祉センターで恒例のカラオケ大会が開かれた、さやまカラオケ愛好者連盟が主催していて今回は第8回目である。出演者は丁度100名。朝の9時半から夕方の4時半頃まで4部に分かれての長丁場。世話人がしっかりしていて、プログラム作りや、カラオケ機械の操作まで全て手作りである。大阪狭山市でもカラオケが盛んで、市立公民館や地区会館、福祉センターにはカラオケクラブがある。8回も会を重ねると皆さんが上手になり、プロ級の歌いてさんも居る。前座格の小生は第3部、エントリーナンバー70番で「谷村新司」の「昴」を歌った後、第4部の司会を担当した。ナツメロ・カラオケ大会なので、昔懐かしい演歌の数々、ああ「演歌」は楽し。終了後、遊びに来た、生後10ヶ月の孫「愛生」(メイ)と一緒に5人で夕食、平凡だが至福の秋の一時。
懐メロカラオケH27.JPG 愛生20150920.JPG

posted by ケチ at 15:34| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カラオケ・合唱など、のど自慢当市は盛んです。私たち市民18人で、28年度に NHKのど自慢を、さやかホールに招へいするよう要望、市は直ちに希望を伝達してくださった。実現すれば、さやま池1400記念の素晴らしい催しになる。予選 250人に応募されたい。TV登場は20人です。10人は狭山から出場し、2−3人は、金を鳴らして欲しい。今から,選曲・衣装工夫凝らし、準備を!鳴らすのが、近隣他市の人ばかりでは、悔しい。きっとNHKは来る!副市長が陣頭指揮してくれているから・・・議長にも支援をお願いsました。
Posted by 平野 博義 at 2015年09月22日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック