2015年08月13日

呆れた参院・特別委員会での質疑応答

たまたま、テレビ中継で参院・特別委員会での国立競技場関連の質疑応答を視聴した。競技場を建設するために、隣接している建物を建て替える為の計画が既にかなり進行していて、見直しが出来ない(もしくはしたくない?)状態のようだ。素人のような担当が、業者の言いなりになって物事を進めていたようだ。建設関係に詳しくない文科省が主管。本体が見直すことになっているのに、関連施設は見直さないとの回答だ。質問者の鋭い質問に対して、最後には数十億円の無駄遣いに対して陳謝をしていた。通常の経営判断から逸れた、怠慢などによる執行については、行政マンの責任を明確にする為の法整備が必要だ。いつの時代でも、どの部署においても責任が明確にされずに、うやむやになってしまっている
posted by ケチ at 15:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック