2015年08月13日

中国・元の3日連続の切り下げ

中国政府が3日連続の「元」切り下げを発表した。輸出を促進するための切り下げと思われるが、これくらいの切り下げ幅では中国の輸出を大幅に増やすことは出来ないだろう。テレビの画面には株の暴落に怒った市民が「政府は株を賭博にした」と憤っていた。借金をしてまで、株式を購入するに至っては、バブル以外の何者でもない。昨年の上海市場での株の高騰は日本の「バブル時代」を思い起こす。所得格差問題、大都市と地方都市の開発格差問題や友人から聞いた「地方都市での中断中のビル建設工事」の例などを聞くに付けなど問題山積の中国経済である。労働者の賃金上昇により、外国の企業が東南アジアへシフトしている現実、習政権の強引な外交政策なども中国経済の不安定化の要因である。いずれ、米国を抜くと予想されている中国経済だが、果たしてすんなりと達成出来るのだろうか。
posted by ケチ at 12:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック