2015年06月20日

統一地方選挙の結果報告(当選)

4月26日(日)、午後9時過ぎに、開票所に行ってくれていた家内から、大丈夫だとの一報が入った。偉そうな言い方になるが、私には私心は無い。「世のために少しでも役立つならとの気概を持っているので、皆さんがだめだとの結論を出されるならそれでよい。」と思っている。此の歳になって、当選させて貰うために「ぺこぺこ」と頭を下げるのはハシタナイ。結果は1964票を獲得した。初挑戦の時より500票増えていた。4年に一度の試練、少し長すぎる評価期間とは感じるが大変良いシステムである。投票率は48%余り。過半数に満たないのは、民主主義国として恥ずかしい。選挙権は「権利」だが、「義務」ではないと思っている国民・市民が多すぎる。選挙によって国や都市の行く先が決まるのだ。
近々、18歳以上に選挙権が与えられる。若者の棄権率が高い上に、また240万人もの若者を追加するのだ。入学試験の為の英語単語を100覚えさすよりは、投票に行くことの重要性を教える方が余程社会の為になる。
posted by ケチ at 10:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック