2015年06月20日

統一地方選挙に臨んで

旧聞に属するが、4月26日に統一地方選挙があった。私にとっては2回目の選挙である。前回の4年前は投票日の2か月前に立候補を決めたので、所謂息の長い選挙戦ではなかった。今回もさしたる緊張感もなく、4月19日の出陣式を迎えた。1週間の選挙期間はあっという間に過ぎ去った。前回と比較して、支援者もあまり緊張感が無さそうだった。「平生往生」という言葉がある。平生が大事だ。選挙が始まる前に、既に60%が決まっているらしい。他の陣営は駅前での朝立ち、夕立を重ねている。4年前には選挙前に半年ほど朝立ちして当選した若者も居たようだ。私的には、朝立ちで「お早うございます。行ってらっしゃい」を繰り返す朝立ちは好かない。一時、候補者が駅前に数人直列に並んだことがある。バスから降りた有権者はその列の前を下向きながら歩いておられた。迷惑な話である。定数15名の状況下、18名が立候補。私が主宰した「維新政治塾」の塾生が2人含まれていたが、・・政党のように票を旨く分散出来ない。それぞれが独自の選挙戦を戦うことになった。
posted by ケチ at 09:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック