2020年05月12日

吾輩は猫である「勝って過ぎないか人類は?!」

アフリカで生まれ世界中へ広がり各地に住み着いた人類は、自然の中で我々動物仲間と共存し昔は謙虚であった。それが今では科学を発展させて、傍若無人の振る舞いをしている。石炭、石油を掘り出し大量に消費し地球の温暖化を促進中。意思を持たない極小のウイルスに対して殺傷用剤の開発で必死。油の価格が上がって驚き、下がったと言って大騒ぎ。商売が出来ないと補償を要求し、アルバイトが出来ないからと大学生に助成金。野球やサッカー、オリンピックが開けないとボヤク。人類は何様と思っている?地球は人類だけのものではない。このかけがえのない地球を保全する為に猫族を代表して主張する。
posted by ケチ at 12:06| 大阪 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする