2020年05月31日

今、看過できない「香港問題」他

米国が、中共・習近平政権の傍若無人な行為に対して本気で怒り出した。トランプ大統領の対中感情が悪化したのだと軽く考えているが、「一滞一路」「ウイグル問題」「貿易摩擦」「香港問題」「南シナ海での基地建設「軍拡」「新型コロナウイルス」等々すべてが習政権の驕りから来ている。これを対岸の火としてして静観するだけでは将来に禍根を残す。日本は毅然たる態度を示すべき時だ。
posted by ケチ at 17:47| 大阪 ☔| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

学はあってもバカはバカ!

本棚に「学はあってもバカはバカ」(川村次郎著)を見つけた。元週刊朝日編集長が「学バカ」を斬りまくった本だ。テレビでは「東大Vs・・」番組が大流行だし、政治の世界でも、不倫をして党から除名された東大法学部卒の代議士や委員会でシドロモドロの女性大臣、かけ麻雀で失職した
元検事長、その他例を挙げればきりがない。知識が多いのは結構だが、あまり多すぎると創造力が出ないのかも。先の財務省の公文書改竄問題しかり、日本の学歴社会、これでグローバル戦争に対応できるのか??
posted by ケチ at 12:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

どうにもならんのか?「中共、習政権の暴挙は」

グローバル化が進んだ21世紀の今、傍若無人に世界中を愚弄する中共習近平政権の諸々の行動を許していいのか。領土拡張政策を推し進め、軍備拡張し、南シナ海の公海で基地を建設し、尖閣列島周辺では日本の領海を侵犯し漁船を追い回し、更に沖縄諸島も我が領土と主張する共産党帝国主義政権を14億の国民が認めたとしても、72億の地球人は認めない。勿論「神」は認めまい。
posted by ケチ at 13:54| 大阪 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狂気の沙汰の京アニメ事件

事件から10か月後に青葉容疑者が逮捕されたと新聞一面に大きく載った。恨みがあったとして36人の尊い命を奪った犯人だ。自分も火傷を負い、市内の近大病院で必死の治療を受けた治療費用だって莫大だ。人に大迷惑を掛けたご当人は2人程死んだかも言っているらしい。悍ましい事件である。莫大な経費を掛けて救った犯人の「命」、判決で「死刑」は免れないだろうが、何とヤルセナイ事か。
posted by ケチ at 13:36| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受領して情けなくなった「アベノマスク」

昨日、待ちに待った(?)アベノマスクが到着した。2枚の小さな布製のマスクは孫に使わせるとして、466億円の予算(実際はもっと安く納まる筈だが)での調達。このような発想しか出来ない行政本部の政策に情けなくなった。そんな行政本部に2次補正歳出31.9兆円の内、予備費10兆円を認めて大丈夫なのか。国債を幾ら発行しても良いとの意見があるが、無理、無駄は無くすべきだろう。
IMG_20200529_123425.jpg IMG_20200529_123342.jpg 

posted by ケチ at 12:36| 大阪 | Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

2020年登山道・施設全て閉鎖の富士山

今年は富士山の全4ルート(吉田・須走・御殿場・富士宮ルート)が、新型コロナウイルスによる登山者および関係者の安全確保が困難とかで、閉鎖らしい。コロナウイルス禍が富士山まで及ばないと思われるが、頂上まで行列が続くとしたら前後が密になる。岩ばかりの富士山には登る積りはないが、富士山の遠望は美しい。テレビの画面で見たので慌ててスマホに納めた。富士山は遠くから眺めていた方が良い。
富士山.jpg 富士山2.jpg
posted by ケチ at 16:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南十字星会会報の平成保存版の作成

コロナ禍による巣ごもり生活の中、大学の同窓会の会報第1号〜25号までの抜粋保全版を編集した。ホームページのPDFをワード原稿に直したりしやっとの思いで校正を終了し、今朝完成品が届いた。邪魔くさい作業だったが、完成出来たのはコロナ禍の巣ごもり生活のお陰である。昨日あたりから、公民館や体育館の開館予定のニュースが入りやっと巣ごもり生活から脱出出来そうだ。保存版をメールでインドネシア等に送ったところ、喜んでもらえたので正直言ってホッとしている。コロナ禍の2波、3波が来るかも知れないが、とまれ、令和2年の半年は変な時期だったと記録しておく。小さな庭に綺麗な花が咲いているが、花の名前は知らない。
posted by ケチ at 15:53| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪の交通事故前年より減少

免許書更新の為の講習を受けた。平成30年中の大阪の交通事故は減少しているようで何よりである。それでも発生件数は34,382件で死者数が147人。夜間・幹線道路・交差点での事故が多く、高齢者や二輪車、自転車事故には十分に気を付ける必要がある。自転車の信号無視や、夜間の無灯火違反など散見される。自転車が車道を走行する余裕幅がない道も多すぎるのは問題だ。
posted by ケチ at 15:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免許更新に四苦八苦!!

高齢者の自動車事故が多いとかで免許更新が難しくなっている。事故率は高くない筈だが、時々大きく報道されて高齢者は大迷惑。事前に認知機能検査と更新講習の2度の受講となる。認知機能検査は近くで受験出来ず、3か所目でやっとOKとなり、昨日教習所で更新講習を受講出来た。手にした修了証明書なのに、コロナ禍の為に更新事務がストップしているので延長手続きを警察署へ申請するようにとのお達しである。腹を立て返上したら、不便になるのでグッと我慢。
posted by ケチ at 15:15| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

100年前のスペイン風邪と与謝野晶子

2020年(令和2)新型コロナウイルス禍で世界中が大騒動だが、100年前にもスペイン風邪が地球上で猛威を振るった。このウイルスは第一波は米国デトロイトで発生し、米軍の進軍で欧州に渡り、スペインで大流行した。当時世界中で全人口の約4分の一(5億人)が感染し死者が1,700〜5,000万人、成人の若者の死亡率が高かったようだ。日本で与謝野晶子のお子さんも罹かったそな。情熱的な歌を多く残している歌人だが、苦労した当時の事を嘆く歌も数多く残している。「街行けば涙ぐまるるおもいでの必ずわきぬまづしきがため」など。我が高校の大先輩の当時の生活が思い起こされる。
posted by ケチ at 16:35| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天の恵みか、天罰か?

国家公務員法改正案と一緒に提出された「検察改正法案」が、検察OBや多くの国民から反対されて後送りされた直後に、当事者の全く考えられない愚行により廃案となった事件。無理が通れば道理が引っ込むの諺どおり。現内閣の司法権への介入はこの1月31日の最高裁判官の人事に既に現われていたいたようだ。従来からの慣例を覆して検事長の定年を延長し、正式に定年延長を後付けしようとして試みが引っくり返ったのだ。これは天罰なのだ。任命責任は感じていると反省の意を表するだけでは済まない。「綱紀粛正」を即実行すべき時期に来ている。
posted by ケチ at 12:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

お客の戻らないホームセンター

靴の補修用のボンド剤を買うために、久しぶりに堺市美原区にあるホームセンターへ行った。入館するとマスクの着用要請があったが、広い売り場では普段よりも客数が少なかった。今回のコロナウイルス禍による自粛は徐々に緩和されるだろうが、消費が元通りに戻るにはかなり時間が掛かりそうだ。今の所、日本には新しく買いたいものが無く、通貨を増産してもデフレが継続するように思える。
HCムサシ (2).jpg HCムサシ (1).jpg 
posted by ケチ at 13:20| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

自歯(80-20目標)は軽くキープ

健康を維持する為に自歯の数が多い方が良いが、歯は年々傷んでくる。幸いに良い掛かりつけ歯科医に出会えば歯の健康は保てる。その為にコンビニよりも数が多い歯科医院を通り越して大阪市内瓦町まで通う。年末に抜歯寸前の状態だった自歯はコロナ禍のお陰で半年延びたが、歯茎が腫れて来て訪問。割れ目が広がったらしい。次には、抜歯だと宣言された。帰途は本町から難波までシンブラ。コロナ禍までは毎日が天神祭り模様の心斎橋筋はひっそりで、久しぶり開店のデパートも今日は閑散。インバウンドの減少が原因だが、物事はほどほどが良い。過ぎたるは及ばざるが如しとはよく言ったものだ。
posted by ケチ at 11:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古い通帳でも有効だろうよ

家内が古い通帳を発見して、これまだ有効でしょうねと言う。残高は33,549円で平成2年12月26日付け記載がある。銀行は第一勧業銀行。今は何銀行になっているかと調べたら2002年まで存在していた都銀であるが、富士銀行、日本興業銀行と第一勧銀が合併し2000年から「みずほFG]の傘下に入っている。そこで、みずほ銀行の難波支店のATMに古い通帳を通したら無言で帰って来た。窓口へ行き、相談しようと思ったが5月中はコロナ禍で業務は絞っていると取りつく島もない。6月になって行くつもりだが、平成の世に銀行業界が大変動したことを実感した。多くの都銀の名前が消え、行員の数も激減。今では統合された4つのメガバンクでさえ経営に汲汲としている。休業要請が解除されたその日なのに、コロナ禍を口実にしている銀行は従来の大企業病を引きずっているのかも。(ネットで調べたら通帳は有効らしい。)
posted by ケチ at 11:11| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

個人のライフコースで感じる事

大学の語科の同窓会の世話人を引き受けることになり、名簿を整理した。途切れた会報の発行を続けるための引き受けでもある。会の運営は卒業生の協賛金で賄っている。過去の協賛者を整理していて感じたのは、同じ大学を卒業していても各人の生き方は多様である。また欧米と比べて寄付文化が少ない日本でも毎回協賛してくれる人が固定していることだ。少額の協賛金だが郵便局迄行き、手続きしてくれる律儀な人たちはきっと良い人生を歩んでいるのだろう。概して大企業に勤めていた人達で、企業戦士でありながら、人の機微を理解している人だ。作業しながら、協賛者への感謝の気持ちが湧いてきた。自分のライフコースを思い出しながら「人生とは?」と自問した次第。
posted by ケチ at 12:34| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検察庁法改正案の成立先送り

この改正案は国家公務員の定年延長に併せて検察庁の改正案を束ね法案として成立を目指していたものだが、まず、「束ね法案」としての提出が曲者だ。経緯を見るにつけ現政権の下心が見える。特に「特例規定」が問題だ。先送りの理由が、コロナ禍対策に専念する為らしいが、時期の問題ではない。長期安定政権を自ら任じているが、これ程までに倫理的に堕落してしまった原因は何なのか。嘘をついても嘘とは自覚しない「アスペルガー症候群」的なものなのか。永く続ければ続けるほど「公害」が増えてくる。
posted by ケチ at 12:12| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副池の池面と金剛山遠望

週一の金剛登山、午前中は晴れとの予報を信じて実行。巣ごもり生活の中でも金剛登山は継続中だ。前日夕方に近くの副池湖畔を散歩した時、池面に映った対岸の家々のが綺麗で、北堤からは金剛山が遠望できた。池面はさざ波の為に鏡状況ではなかったが、1,125mの山頂が夕暮れの空にくっきり見えた。ただ、素敵な湖畔の散歩道なのに「動物にエサをあげるな」「魚釣り禁止」の野暮な看板だけが自然を害している。ビオトープと称している副池なのに何故に自然に親しめない環境を作るのか不思議である。
副池5月.jpg 金剛山遠望副池から.jpg 
posted by ケチ at 11:49| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特養入所者との面談方法

孫たちが近くの特別養護老人ホームに入所している「大ばば」と面会するという。日時を決めて、スマホを介しての面会だと知った。それぞれのホームでこのような工夫がされているのだろう。IT革命はそれ程身近になっている。写真も動画も撮影後瞬時に送受信が出来るしカメラ無しでもスマホだけで画像面会も出来るのだ。コロナ禍の中で欧米では高齢者の死亡例が極端に多いのに、日本が少ないのはこのような理由による。
一方、無駄なアベノマスクや10万円の給付金の通知はまだ来ないのは役所システムの遅れが原因かも。

posted by ケチ at 11:12| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロナ禍後の遠隔学習の為に「放送大学」活用を望む

東京在住の時に「放送大学」の存在を知り、学士入学し卒業。大阪に帰った今も学び続けている。当初は首都圏だけの放送の為に全国的には知られない存在だったが、今では全国に57の学習センターがあり、Bs放送やインターネットで受講が出来る日本最大の大学である。講師陣は超一流で、粗製乱造の大学の非常勤講師とは雲泥の差である。5大紙の毎日の番組欄に放送内容が掲載されているのに存在や内容が意外と知られていない。コロナ禍の後の変革社会において実のある学習機会提供で大活躍を期待する。大教室での講義、段々少なくなる出席者、代返さえ取らないマンモス粗製大学での現状改革だ。必要な知識さえ学ばず、空っぽの大学卒業資格を特別扱いする社会問題を解決する絶好の機会でもある。それでこそ、国が法律を作り設立した大学として価値がある。
posted by ケチ at 10:51| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

中共政府の暴挙を世界はどうして阻止出来ないのか!?

尖閣列島付近を中国公船が航行し日本の漁船を追尾したりしているが、頼みとする「国連」は一体何をしているのか。中共政府は2014年以降、公海である南シナ海の人口島の造成を本格化させ、軍用滑走路やミサイル、レーダーを配置し軍事拠点化した。そして最近になって新行政区「西砂区」「南沙区」を新設。時々、米軍艦船が航行の自由作戦を実施しているが、公海を通過しているだけだ。2012年に設置した海南省三沙市の人口は1,800人で更に実効支配を強めている。このような中共政府の傍若無人な行為を世界が何故阻止できないのか。ますます軍備拡張を図っている隣国に対して、「遺憾」の連呼だけでは、人が良いのにも程がある。米中紛争を他人事だと様子を眺めているだけでは済まなくなる。そうは云っても「国連」は第2次大戦の戦勝国の集まりだ。
posted by ケチ at 13:04| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする