2020年03月04日

米国の候補者指名争い「スーパーチューズデー」

ほどなく民主党の候補者が決まるが、その直前に書く。思うに極左のサンダース氏の政策は余りにも極端過ぎる。「国民皆保険実現」「公立大学無償化」「学生ローン債務免除」「発電事業の国有化」「富裕税の導入」等々。格差が拡大している米国だが、急な改革は無茶だ。中道系のバイデン氏への支持が伸びているのは歓迎だ。当初に人気があった若い候補者は出馬を残念したのは正解である。日本でも同じことだが、若さが良いと思われ勝ちであるが間違いだ。混沌たる世の中でベストの決断が出来るのは、知恵、知識や積み重ねた経験に依るところが大きい。「ディール」一辺倒のトランプ氏では困るが、もう少し中道を行って欲しいもの。
posted by ケチ at 15:15| 大阪 ☔| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畏友、盟友の死を悼む

大学の同期であり、ワンダーフォーゲル部の盟友であったO氏の訃報に接し心が痛む。彼は大学時代と卒業後の半世紀以上の長きに亘り、親しくお付き合い頂いた忘れがたき畏友、盟友であった。昨年6月に東京へ行った時に彼の最寄りの駅で寿司を食べながら昔話に花を咲かせたのが最後の出会いとなった。ワンゲル部OB有志からの堺の「最上の線香」贈呈に一口乗った。一番親しかった畏友の急逝の報に接し、自身も寄る年波の気配を感じる昨今である。思い出をもっともっと語り合いたいが、もう少し待っていて呉れ。注(本名を書かなかったのは、昨年同じような心境をブログに載せたところ、遺族から「近所にも知らせなかった事なのに、何故公表したのか。故人のプライバシーを何と心得ているのか」と、きついお叱りを受けブログの削除を迫られた。写真が他に自動的に転送されていて、削除出来ないケースが有ったためである。)


posted by ケチ at 14:50| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公選法違反で秘書3人が逮捕との報道!

昨年7月の参院選で河井案里氏の公設秘書と、夫で元法相の河井克行衆議院議員の政策秘書並びにスタッフが公職選挙法違反で逮捕された。この陣営に自民党から例外的な選挙費用が渡されたので大盤振る舞いをしでかしたのかも知れない。選挙カーに乗るウグイス嬢14人に法定上限額(1.5万円)以上の手当を渡した疑いである。ウグイス嬢に3万円を渡すのは公選法違反であり、マスコミが大騒ぎも分からぬではないが、政治の裏にはもっと「でかい巨悪」があるように思えてならない。
posted by ケチ at 13:38| 大阪 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする