2020年02月11日

新型ウイルス問題と自己責任論

豪華客船の乗客・乗員の感染者が増え続けている。狭い空間では仕方がないが、自身の経験からみて14日間、狭いキャビンで閉じ込められるのは精神的にきつくてストレスが溜まるだろう。しかし全員が病院で検査をするのも大仕事だ。対応が遅いと言われながら関係者は必死に努力している。そんな状況下、今日、乗客の代表の「要請」をテレビで見たが、その表現に違和感を覚えたのは私だけだろうか。武漢からのチャーター便の費用負担の件で、前に半分を日本政府が負担し残りはご当人の負担が妥当であると述べた。この世に生きている限り多くの災害に遭遇する。人災もあれば天災もある。そして自己責任も有りうる。何でもかんでも公的責任を求めるのは如何なものか。先般、首相が「武漢で亡くなった日本人に関連して残された家族の面倒云々」を言っていた。詳しい事情は分からないが何故?と感じている。
posted by ケチ at 18:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善光寺と小布施紀行(5)小布施町

小布施町は長野県内で一番小さいまちで19.12平方キロしかなく、人口は1万人ほどだが、最近旅行者が増えているようだ。国道403号線沿いに、お菓子屋や酒蔵が並んでいる。北斎館や高井鴻山記念館がある。この地の豪商だった高井鴻山は自身も文化人であり、葛飾北斎や佐久間象山、小林一茶などをこの地に招いた。かの有名な北斎は約4年間この地に留まり作品を続き続けたらしい。この小布施は落雁やクリ饅頭などが有名である。昔、現役のころ、隣接する高山村でごみ処理装置を受注した時に何度も来た事があるが、当時はこれ程のお店は揃っていなかった。
posted by ケチ at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信州善光寺と小布施紀行(4)須坂市

宿泊は長野駅に直結の「ホテル・コスモポリタン長野」。JR東日本系列のホテルで立派だが、新型ウイルスの影響だろうか客は少なかった。駅前にはセブンイレブンやドン・キホーテもあり、昔の面影はないのは当たり前で偶に来ていた時から半世紀以上経過しているのだから。翌朝はバスで須坂市と小布施町を見物。須坂市は昔は製糸業で栄えたところ。まちの土蔵群が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。市の観光協会のガイドさんが約1時間まちを案内してくれた。繭を保存するための蔵は重厚な造りであり、見世蔵が珍しかった。また、30段飾り千体の雛祭りや笠鉾も誇れる文化財である。須坂藩の藩祖は堀直重で1万石の外様であった。幕末まで14代続き、最後の藩主堀直明は版籍奉還して知藩事となり、明治4年の廃藩置県で長野県へ編入された。現在の須坂市の人口は約5万人である。1万石の藩で早く版籍奉還したところは河内の狭山藩とよく似ているが、かつて製糸業が盛んであり、土蔵群など昔から残っている建築物を保存し、まちづくりに生かしているのは羨ましい。
posted by ケチ at 17:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野善光寺と小布施紀行(須坂市)(3)

すき焼き食べ放題の夕食を済ませてから善光寺へ向かった。丁度この時期に善光寺ゆめ常夜灯が開催されていた。災害復興支援イベントだ。このツアーも災害復興資金(5千円)を利用している。昔、ワンゲルで善光寺へ来たことがあり、本堂の中の真黒闇の地下通路を巡ったと思うが定かではない。このイベントの間は山門や本堂が美しくライトアップされている。右手にある六地蔵の上には満月が出ていた。参拝後に土産物店で飲んだ200円の甘酒は美味しかった。この善光寺、ご本尊は「一光三尊阿弥陀如来」でインドから百済を経て渡って来た日本最古のものらしい。その後廃れかかっていたが、家康に寺領として千石を与えられ、徐々に復興し宝永4年に浄財により現在の本堂や山門などが建設された。北陸新幹線の開通もあり、今では参拝者が年間600万人。
R2善行寺山門.jpg R2善行寺本堂.jpg 善光寺と月 (1).jpg
posted by ケチ at 16:07| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野善光寺と小布施紀行(2)

バスは飯山市の高橋まゆみ人形館へ着いた。この人形館は飯山市が建物を提供し指定管理者が運営しているようだ。古民家を改築した館には田舎の夫婦を模した人形で独特の表情をしていた。作者は高橋まゆみさんで、多くの出版もされている。飯山市のまちおこしの一環だろう。因みに飯山市は長野県の西北部にあり、赤倉温泉や池の平スキー場が近い。大学を卒業した後も池の平スキー場へワンゲル仲間とよく来た場所である。それも50数年前のこと。飯山は戦国時代には上杉謙信の川中島合戦時の前線基地だった。館内での写真撮影は禁止だったので、脳裏に焼き付けた。庭には初雪が積もっていた。この飯山市の人口は2万人弱(2020/1現在)。
R2飯山市高橋人形館.jpg 
posted by ケチ at 15:40| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善光寺と小布施紀行(1)

1泊2日で善光寺と小布施へ行ってきた。旅行会社特別企画の超お得旅行。¥15.000.-は安い。大阪ー金沢間のサンダーバード(往復)運賃だけでその金額になる。金沢から観光バスで飯山市、長野市、須坂市、小布施町を巡りまた、金沢へ帰ってくるルート。宿泊は長野駅前のコスモポリタンホテル。通常レートではシングルで¥16.000-(素泊)かかる。おまけに9日(日)の夕食はすき焼きの食べ放題も付いていたから驚きだ。暖冬の今年、初めて雪景色を愉しんだ。金沢出発のバスは、北陸新幹線と同じようなルートで上越ジャンクションから南下し飯山市に入った。先ず大阪メトロ梅田駅の大型スクリーンが目に入った。

posted by ケチ at 15:06| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする