2020年02月02日

新卒者に求められている能力は?

世は、受験シーズン真っ直中である。入試に関しては「偏差値」が一番重視されているが、「偏差値」は単に入学時の選抜の一指標に過ぎない。偏差値が高いからと言って優秀であるとは限らない。ここが大いに誤解されている。新卒者に求められている能力は年々変わって来ていて、最近では「チャレンジ」「創造性」「バイタリティ」「積極性」「柔軟性」「主体性」「意欲」「明るい」などである。共通に必要な能力は「対人基礎能力=コミュニケーション能力」「対自己=自ら進んで行動することが出来る能力」である。
最近の大学生にかけるものは:素質・能力ー「主体性・職業観・実行力」。知識・能力ー「創造力」「産業技術力」「コミュニケーション能力」らしい。(参考まで)
posted by ケチ at 19:14| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働く目的は何処にあるのか?

自分の定年退職はずいぶん昔であるが、今回放送大学の「多様なキャリアを考える」を受講して、昔を振り返った。高度成長期であった現役時代と比較して、労働に関する目的意識も変わって来ているようだ。最近の職業とは「生計の維持」「役割の実現」「個性の発揮」目的の実現である。内閣府の「国民生活に関する世論調査」によると@「お金を得るため」が48.9&、A「生きがいを見つける為」が20.9%、B社会の一員として務めを果たす」が16.1%、B自分の才能や能力を発揮する為」が8.9%。労働はお金を得る為だけのものではないが、生活の安定がないような状態でも困る。正規、不正規雇用の格差解消も喫緊の課題である。
posted by ケチ at 18:52| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堺市議会の百条委員会での証人尋問

堺市の前市長の政治資金問題で百条委員会での証人尋問の記事が新聞に載った。議会での百条委員会の内容が主になっているが、2億3千万円の政治資金の記載漏れが最大の問題である。記載漏れは「ずさんだった」だけで済むのだろうか。ご当人は法令違反罪で起訴され、罰金100万円の略式命令が出て即日納入している。選挙活動としての車上運動員への過剰な支払いも問題だが、受領した多額の寄付金の所在や納税関係はどうなっているのだろうか?寄付した団体の一覧表を見たが多様である。記載漏れの「ずさん」は隠蔽や脱税ではないのか?。他方、政治資金問題では先の参議選で、自民党から一人の候補者に同陣営の他の候補者の10倍の選挙資金が渡されていた例もある。政党交付金や政治資金パーテイなど日本の政治は相変わらずなのか。
posted by ケチ at 18:28| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと納税訴訟について

先日、泉佐野市が起こした訴訟に対する大阪高裁の「総務相の広い裁量権を認めた判決」は正解である。ふるさと納税の趣旨からして、現金に相当するギフト券を返戻品にするのは間違いである。そもそも、ふるさとの地に寄付をしそのお礼として3割程度のお礼するのが趣旨。地元に産品が無ければ、少しは他所から引くのはやむ負えない。30%以内の返礼品の実価格は生鮮品や肉類では中間経費が省かれることも考慮すべきであるが、高額納税者が2千円の納税だけで、高級銘柄牛肉に舌鼓も打つとしたら、これも法の趣旨に反している。

posted by ケチ at 17:58| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする