2020年02月26日

日本政治外交史に於ける「北方領土問題」

日本の関知しないところで結ばれた密約(ヤルタ協定)に基づき1945年に対日参戦したソ連は、満州・南樺太・千島列島へ侵攻し占領した。日本は8月15日にポツダム宣言を受託し、連合国に対して無条件降伏した。1951年にサンフランシスコ講和条約に調印(ソ連は調印せず)し、1955年から日ソ国交正常化交渉を始めた。日本政府は交渉にあたり「国後・択捉島の返還」と「歯舞・色丹の無条件返還」を要求したが、ソ連は歯舞・色丹返還には同意したが、国後・択捉島に関しては妥協しなかった。当時の重光外相は「二島返還」での妥協を試みたが、米国のダレス国務長官の「国後・択捉島をソ連に帰属させたら、沖縄をアメリカ領にする」との恫喝(ダレス)により、米国の意向に従った。その後、鳩山首相が1956年10月に日ソ共同宣言に署名し、@国交回復A平和交渉継続B平和条約締結後に歯舞諸島・色丹島を引き渡すことを決定。日本は、引き続き領土交渉と最終的な「四島返還」を求めていて、その後も交渉は継続したままである。四島の中で、歯舞諸島と色丹島は位置的に見て、千島列島には入らない、北海道の一部だ。先ず、ソ連が、西欧諸国との関係があったとは云え、日本と不可侵条約を結んでいたのに、侵攻し占領したのは許せない行為で、そんな国を信用できるのか。
posted by ケチ at 13:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアのプーチン氏は信用できるのか?

安部首相は、プーチン氏と仲良しで5月9日のロシアの対独戦争75周年式典へ出席予定らしいが、果してプ氏は信用にたる人物なのか?山口の温泉に招待したり、仲良しぶりを発揮しているが、甘く見られていて、身勝手な歴史観に同調することにならないか。他方、首相は米国のトランプ大統領、中共の習主席とも個人的に親しい関係を維持しているが、相手は海せん、山せんの強者である。北朝鮮の首相にも嘘をつかれた実績もある。お坊ちゃん判断で間違いないのだろうか、その辺りが本当に心配である。
posted by ケチ at 12:01| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告

午前中に確定申告の為に富田林市のスバルホールへ行ってきた。自転車を利用したのは健康の為である。予想に反してスバルホールは空いていた。午後から、堺市の法務局へ登記簿謄本を取りに行ったが、堺市の税務署は長蛇の列だったのは、両管轄地の人口の差だろう。日本人の律儀さには感心するが、集める側(行政)には税金の合理的な使用を望みたい。

posted by ケチ at 11:39| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「知の拠点」を目指す大阪新大学

大阪市立大学と大阪府立大学が統合し令和4年度の開学を目指している。基本構想によると11学部・15研究科に再編される。新大学のキャンパス整備は議会での可決後に本格化するが、メインキャンパスは森之宮地区に、市大杉本キャンパスと府大中百舌鳥キャンパスになるらしい。
新大学は公立大学としては最大規模になる。大阪大学と共に大阪における知の拠点としての活躍を期待する。自分のライフ―コースにおいて両大学で学んだ一人として心から願う。市立大学の創立140周年記念祝典(5月9日於ホテルニューオータニ)には出席予定である。
posted by ケチ at 11:27| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一極集中の東京都の驕り!?

大阪都構想の特別区の名称「北区」と「中央区」案に対して名称が同じになると東京都北区、中央区から大阪府市側に再考を求めている。特別区になるとは言え、郵便番号も違い、混同する筈がない。それこそ「言いがかり」東京の驕りである。日本の為に、東京一極集中を早くやめる努力・施策の必要性を痛感する。
posted by ケチ at 11:07| 大阪 ☔| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

クルーズ寄港中止相次ぐ

新型肺炎によるクルーズの日本寄港中止が相次いでいるらしい。日本の主要10港での寄港中止は既に206回に上っている。中止206回の内で寄港頻度が一番多い横浜は11回だが、大阪の37回は信じがたい数字である。そんなに大阪港に寄港しているのだろうか?今のところ、5月以降の神戸港のキャンセルは「0」らしいが、ダイヤモンド・プリンセスさん5月16日には大丈夫なの? 娘は様子を見ていて、孫の旅券は未だ取得していないと。
posted by ケチ at 23:06| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年2月22日 綺麗に「2」が並んだ

今日は2年2月22日と沢山の2が連なった。新型コロナウイルス禍が世界経済に大打撃を与えつつあり、IATAはアジア太平洋の航空会社が今年は約3兆1千億円の損害を被るとの試算を発表した。この騒ぎ以外に韓国の航空会社は反日政策により、経営危機に陥っているらしい。それ程までグローバル化が進展していた証拠である。私事ながら、語呂合わせが好きな娘は平成12年12月12日に、豪州の教会で結婚し、その機会にシドニーへ行ってきた。東京オリンピックの開催の是非まで言われる始末で全く罪な武漢の「竹ねずみ」(?)だ。
posted by ケチ at 22:47| 大阪 ☀| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

拡大解釈の怖さ

先日、国会討論の委員会討論を見ていたら、検事長の定年延期問題で、野党の質問に対して法務大臣は「今までの解釈とは異なって、閣議で検事長の定年を延長した」と答弁していた。前例踏襲は必ずしも最善とは言えないが少なくとも法令に決められている物事を変更解釈するならばそれ相当の理由が必要である。噂だが、当該検事長は時の政権寄りで例えば「もりかけ」問題、元大臣の現金受領問題でも不問にして来た人物らしい。検事総長(No.1)の定年退職の時には検事長(No.2)が検事総長に就任させる思惑があるらしい。もし7月にそのようになったら日本の司法制度は信用出来なくなる。お隣の国では「タマネギ男」を自分たちの利益の為に法相にしたり,検察改革だと称して検事総長を辞めさせようとしている。日本はそんな国の真似をすべきではない。現政権の驕りが怖い。
posted by ケチ at 08:59| 大阪 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

小泉環境相の感染症対策本部の欠席

小泉大臣が、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合に欠席して、後援会の新年会に出席していた。指摘されて、代理を立てていたので問題ないと抗弁していたが、結局は反省した。氏は育休も率先して取ると公言している。私見ながら、国の重責を担う大臣等は国民の模範となるためだと称して育休などを取るべきではない。政治家、それも大臣などは国民の為に日夜を問わず働くべき存在である。例えば兵隊が、戦闘中に休暇を取ることはあり得ない。どうしても育休などを取りたいなら重責を担う職に就かなければ良い。言っておくが、家族との時間などを大事にしたい御仁は重要な職に就く資格はない。
posted by ケチ at 19:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国の大統領専用機が飛来

豪華客船の自国の乗客の為に韓国が大統領専用機を使った。日本の専用機よりは小型のようだが、日本はANA機をチャーター。乗客の人数に差はあるだろうが、何故に日本は専用機を使用しなかったのだろうか。当初の思惑とは違って、結果的には税金を使うことになった。少しでも経費を削減するとの気が無かったのはエリート意識が邪魔をしたのか。半日政策を断行する文政権には呆れているが、専用機の活用には拍手を送る。
posted by ケチ at 18:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまり有名になって欲しくない2例

最近、あまり有名になって欲しくない2例が身近に出た。一つはダイヤモンド・プリンセス号、2つ目は和歌山県湯浅町の有田病院である。前者には5月に乗船予約をしている。新型ウイルス禍のお陰で豪華客船が広く知られるようになったが、予約をしている身なってみれば、大丈夫なのかと心配になる。有田病院は近くに叔母の家族が住んでいて、孫が以前その病院に勤めていた。近くの住民は新聞、テレビの報道程は心配していないが、何しろ風評被害も出てくる。東京マラソンの一般参加も中止になり、3月中頃の同窓会をどうするとの電話も入った。個人的には素人判断ながら過剰反応は行き過ぎだと思っているのだが。
posted by ケチ at 18:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生真面目な日本人!!

この月曜日は久しぶりに寒波が押し寄せ、寒い一日だった。法務局へ用事があり、堺東へ行った。市役所の西隣のビルには法務局や税務署がある。朝から寒風の中に長い列が出来ていて、中に入ったら空港のような列でごった返して税務署の腕章を巻いた係が整理作業をしていた。恒例の確定申告の時期だ。ビル内の列に並ぶのは未だしも、寒風の吹きすさぶ屋外で並んで待っている。国会では意味のない質疑をし、税金の無駄遣いも多いのに、日本人はなんと律儀なのだと感心した。国民の浄財である税金の無駄遣いは絶対に止めて頂きたい。
確定申告の列(堺).jpg確定申告の列(堺).jpg
posted by ケチ at 18:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

是非とも必要な病院船の建造

旧日本軍は病院船を保有していたが、戦闘しない自衛隊は不要との見解だ。東日本大震災の時に、「災害多目的船」が検討されたが、実現していない。建造には1隻に140億円位掛かる。予算が無いというだろうが、今回のウイルス災害への対応費として多額の予備費を計上している。又、一方では、空母用の戦闘機は高額である。数機削減すれば建造費が出てくる。戦闘機を爆買いせずに、この病院船を建造する方が国民や、いざという時に世界貢献も出来る筈。
posted by ケチ at 10:58| 大阪 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪華客船が泣いている?!

ダイヤモンド・プリンセス号が東京近辺で漂流している。狭い船中で長期間閉じ込められれば、人へのストレスも大きいが、ウイルスの感染が広がることは予見出来たことだが、日本国内への汚染を恐れて船に閉じ込めてしまい、外国からも批判される羽目になった。一つの事に気を取られて、他の手段に考えが及ばなかった結果だ。米国はチャーター便を送りこんでくる。旅客の希望も入れて柔軟に対応すべきで、一生懸命やっても、それこそ「気が利いて間が抜ける」対応である。国会で意味のない質疑をせず、今何をすべきかを考えるべし。
posted by ケチ at 10:43| 大阪 🌁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やばいぞ、今、世界が軍拡競争に!!

英国のシンクタンクが世界の軍事情勢を分析した「ミリタリーバランス」2020年版を発表した。それによると、2019年の世界の軍事費は約190兆円(前年比4%)。米国の伸びが最多だが、アジア全体でも中国を含めて過去10年で1.5倍である。首位の米国は6,846億ドルで2位の中共の4倍近く、日本(8位)の14倍である。中共軍の近代化が他の国の装備調達決定に大きく影響している。日本も、北朝鮮、中共軍に対抗するために空母や潜水艦を増設している。今の中共政府の恐ろしさはその独善さにある。日本と仲良くしながら、尖閣列島周辺に公船を送り、香港や台湾への政策でも分かる。自己保身の為に国民をも弾圧する「独裁政権」の性である。国連は、早急にこの軍拡競争を止める為に、軍備縮小条約を結ぶように働き掛けるべきである。

posted by ケチ at 10:29| 大阪 🌁| Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

日産が元会長へ100億円の賠償請求

先日、日産がゴーン元会長へ100億円の賠償請求訴訟を起こした。当のゴーンは日本から違法出国して今は手の届かないに滞在している。政府間の協定が無く(迂闊?)引き渡し要求が出来ないらしい。日本の司法権が及ばない人に損害賠償請求しても実益があるのだろうか?100億円の訴訟だと訴訟費用も高くつく。私は日産車に乗っているが、株主ではない。株主代表訴訟を起こした方がベターだと思うが如何か。今日の新聞で日産が今期263億円の赤字だ。米国での売行きが赤字の原因らしいが、ゴーン禍の影響は大きいぞ。
posted by ケチ at 12:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余りにも突然の野村克也氏の急逝

テレビで野村克也氏の近況を視聴していた数日後に、急逝の報道があり驚いた。奥さんもご当人も急性心不全で亡くなった。野村選手の存在は南海ホークス時代から知っていて難波球場での活躍を何度も拝見していた。現役時代の成績は、本塁打王が9回(通算657本で歴代2位)、打点王が7回(通算1988打点で歴代2位)最多安打1回(通算2901回で歴代2位)。監督時代ではリーグ優勝5回、日本一が3回もある。Bクラスのチームを短期間でリーグ優勝や日本一に仕立て上げる術は他の人には出来ない。野球解説者になってからも、投手の配球まで詳しく解説していた。また、「ぼやき」と称して、多くの名言を残している。その中で「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」が私は一番気に入っている。氏こそ、野球界のマルチスターであり、抜群に頭の良い人だった。ご冥福を祈っている。





posted by ケチ at 12:26| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

新型ウイルス問題と自己責任論

豪華客船の乗客・乗員の感染者が増え続けている。狭い空間では仕方がないが、自身の経験からみて14日間、狭いキャビンで閉じ込められるのは精神的にきつくてストレスが溜まるだろう。しかし全員が病院で検査をするのも大仕事だ。対応が遅いと言われながら関係者は必死に努力している。そんな状況下、今日、乗客の代表の「要請」をテレビで見たが、その表現に違和感を覚えたのは私だけだろうか。武漢からのチャーター便の費用負担の件で、前に半分を日本政府が負担し残りはご当人の負担が妥当であると述べた。この世に生きている限り多くの災害に遭遇する。人災もあれば天災もある。そして自己責任も有りうる。何でもかんでも公的責任を求めるのは如何なものか。先般、首相が「武漢で亡くなった日本人に関連して残された家族の面倒云々」を言っていた。詳しい事情は分からないが何故?と感じている。
posted by ケチ at 18:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善光寺と小布施紀行(5)小布施町

小布施町は長野県内で一番小さいまちで19.12平方キロしかなく、人口は1万人ほどだが、最近旅行者が増えているようだ。国道403号線沿いに、お菓子屋や酒蔵が並んでいる。北斎館や高井鴻山記念館がある。この地の豪商だった高井鴻山は自身も文化人であり、葛飾北斎や佐久間象山、小林一茶などをこの地に招いた。かの有名な北斎は約4年間この地に留まり作品を続き続けたらしい。この小布施は落雁やクリ饅頭などが有名である。昔、現役のころ、隣接する高山村でごみ処理装置を受注した時に何度も来た事があるが、当時はこれ程のお店は揃っていなかった。
posted by ケチ at 17:37| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信州善光寺と小布施紀行(4)須坂市

宿泊は長野駅に直結の「ホテル・コスモポリタン長野」。JR東日本系列のホテルで立派だが、新型ウイルスの影響だろうか客は少なかった。駅前にはセブンイレブンやドン・キホーテもあり、昔の面影はないのは当たり前で偶に来ていた時から半世紀以上経過しているのだから。翌朝はバスで須坂市と小布施町を見物。須坂市は昔は製糸業で栄えたところ。まちの土蔵群が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。市の観光協会のガイドさんが約1時間まちを案内してくれた。繭を保存するための蔵は重厚な造りであり、見世蔵が珍しかった。また、30段飾り千体の雛祭りや笠鉾も誇れる文化財である。須坂藩の藩祖は堀直重で1万石の外様であった。幕末まで14代続き、最後の藩主堀直明は版籍奉還して知藩事となり、明治4年の廃藩置県で長野県へ編入された。現在の須坂市の人口は約5万人である。1万石の藩で早く版籍奉還したところは河内の狭山藩とよく似ているが、かつて製糸業が盛んであり、土蔵群など昔から残っている建築物を保存し、まちづくりに生かしているのは羨ましい。
posted by ケチ at 17:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする