2020年01月05日

恐ろしい「中共」の日本進出の数々

連日、中国の公船が尖閣列島周辺をうろついているし、南シナ海では勝手に線引きをして自国の領土だと言ってサンゴ礁に軍事施設を建設している。これらの行為を非難する国に対して「核心的利益だ」などと言って反論する。第2次世界大戦後70年が経過しているのに、未だに戦勝国が常任理事国を独占し、拒否権の発動など横暴な振る舞いをする。このような国が国連常任理事国だとは恐れ入る。抜本的な国連改革が必要な時期に来ている。ところで、「中共」の日本への進出は軍事的な動きだけに留まらず、日本の政界にも手を出して来ている。自国では「袖の下」などはお手の物かも知れないが、日本の政治家にまで手を伸ばして欲しくはない。報道された4名の議員たちは完全否定しているが、恐らくは「嘘」だろう。2,250万円の現金を日本へ運び込んで、関係議員に渡すのだから日本も舐められたものだ。自由な民主主義も問題は多いが、一党独裁の国の偏狭な指導者たちの方がもっと恐ろしい。
posted by ケチ at 20:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面白かった今年の高校駅伝(男子・女子)

昨年末、恒例の高校駅伝をテレビ観戦した。最近のグローバル化の進展で、外国人生徒が高校駅伝にも登場した。外人選手がけた外れのスピードで日本人選手を引き離すと、今度は抜かされたチームの次の外人選手が抜き返すシーソーゲーム。これなどは観ていて面白い。アフリカ出身の高校生はやはり強い。各チームに1名だけの参加が許されているらしいのであまり気にはならないが。もし制限が外れて、参加選手の大方がアフリカ人等になったらどうなるのか考えた。世界はグローバル化したのだから、それで良いのだと認めるかどうか。貿易においても同じことが言える。極端なグローバル化に反対する勢力が「自国第一」政策を推進し出す。力は正義だとして「軍拡競争」も始まりつつある。安寧を願う令和時代だが、果して世界平和は大丈夫なのだろうか?
posted by ケチ at 19:52| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの元旦の国旗掲揚

この2年間、自宅で国旗「日の丸」を挙げていなかったので、久しぶりに掲揚した。最近は、各家々で日の丸を掲げることが本当に稀になった。休みを多くするために祝日が増えたのに、国旗を掲揚しないのは如何なものか。平和ボケしているからなのだろうか?昨今の不安定な世界情勢下にあって、日本国民のアイデンティティを示すためにこぞって日の丸を挙げようではないか。
R2元旦日の丸.jpgR2元旦日の丸.jpg
posted by ケチ at 19:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘をつくことは悲しい事(実篤)

昔、武者小路実篤の言葉を思い出した。嘘をつくことは悲しい事である。しかし、公的存在である1国の首相が正々堂々と嘘をつき、何とも思わない社会は一体どうなっているのだ。その嘘をついて事に忖度して、パブリックサーバントであるべき公務員が口を合わせる社会は一体何だろう。昨年は隣国の嘘について随分見聞きしたが、日本も同じ穴のムジナか。桜を見る会に関する国会討論なども、見るに堪えない醜態である。一方、議員の追及の弱さや国会開催期間の制約などで、マスコミは他人事のように取り扱っているが、そもそも社会正義に照らして何が正しいのか何が間違っているのかは明確である筈だ。いくら世界中を飛び回りトランプ大統領などと仲良くしても、身近な事で嘘をつく御仁を国のリーダーと崇める国はいずれこの国を不幸にするのではないだろうか。「嘘をつくのは情けない事以上に悪である」
posted by ケチ at 12:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これで良いのか?日本の裁判制度は

元日の新聞に大きく「ゴーン被告レバノンへ逃亡」と出た。昔の金大中氏の日本からの拉致、北朝鮮の拉致事件など、日本が舐められている事件が多すぎる。「遺憾である」の連発では済まない筈だ。今回の逃亡事件、ゴン被告は「日本では、国際法と諸条約の下で守られるべき法的義務が著しく無視されている」「私は司法から逃げたのではない。不正と政治的な迫害を回避したのだ。」と自分を正当化して、正に「盗人猛々しい。」自家用飛行機で逃亡したらしいが、法治国家日本が馬鹿にされていることを政府は自覚し反省すべきだ。幾ら依頼者を守るためとは言え、理屈をこね回し結果的に逃亡に加担した「弁護士」の存在にも腹が立つ。
posted by ケチ at 12:04| 大阪 ☁| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする