2019年08月17日

インドネシア共和国の首都移転計画

8月17日のテレビ報道で、インドネシアの首都(ジャカルタ)が5年後位にカリマンタン島へ移転する計画を知った。4月29日の閣議で決定していたのを正式に発表したもの。2.6億人のインドネシアの人口の57%がジャワ島に集中していて首都ジャカルタでは交通渋滞などが酷い。日本でも行政の中心はその領地の中央部になる傾向が強い。ジャカルタは昔から東インド会社の中心地で「バタビヤ」と言われていた。今回の外領への移転は共和国にとって画期的な事である。地政学的には南カリマンタン州への移転だろう。今後はジャカルタが経済の中心地になる。一都市への一極集中は良くない。ブラジルも首都をブラジリヤに、マレーシアもプトラジャヤへ一部が移っている。米国もワシントンとニューヨークと政治と経済を分けている。それに反して、日本は東京一極集中過ぎる。せめて大阪都と東京都の2極にすればよい。
posted by ケチ at 23:17| 大阪 ☀| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする