2018年11月13日

日本の資格社会は経済発展を妨害していないか?

EPA制度によるインドネシア人の介護福祉士候補者との交流会に出席した後で感じたことは、この日本は如何に資格社会になっているかという事である。3年間の実務経験を積むために、インドネシアの若者が日本に滞在して、日本語での介護福祉士試験を受験する。しかし、幸運にも試験に合格しても、この介護・福祉の業界の給与は特別に良いわけでは無い。他の職種と比べてきつい、汚い、安い状態が続く。崇高な職業ではあるが、報酬など報われていない。介護保険の運用にしても、例えばケアマネジャーに対する報酬は実に低いのに、義務的な研修も多い。教育的な研修は、結局は官の天下りの道具になっては居ないか?
posted by ケチ at 19:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独身の日(11月11日)の爆買い(中国)

中国の独身の日(11月11日)にアリババの売り上げが一日で3兆54億円だとの報道を見て驚いた。魔法使いのような名前の「アリババ」通販の最大手らしい。中国のEコマース企業「Alibaba Group]が運営するECサイト。BtoBのECサイトではAmazonと並ぶ世界有数のシェアを誇っている。自身もAmazonはよく利用する。何しろ便利である。宅急便が届いて、一日前に注文したものと知り驚く。HPを開くとログインしなくても自分のページが開き、買いたい品を探すし、購入をクリックすると注文完了。信用しているからだが、支払は前に使用したカードで清算。いちいち、カードの番号や期限などインプットする必要がない。昔は本の購入に利用していたが、今では電化製品など多種にわたる。
米国では自動車の販売も50%以上がインターネットで占められていると聞いていた。保険の販売も、自動車も家電も、家も全てがECになる可能性がある。コンピューターと物流(小口搬送)の融合である。昨今、人手不足が喧伝されているが、業界間の人材シフトで賄えないのだろうか?
posted by ケチ at 10:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする