2016年09月07日

書籍のPODて知っていますか?

文芸社からお知らせが届いた。「文芸社20周年特別企画」の案内だった。POD(プリント・オン・デマンド)とは本の注文があり次第、アマゾンが迅速に印刷・製本して販売するシステムだ。実際に絶版になった書籍に関して「紙の本が欲しい」との問い合わせが多い。既にアメリカのアマゾンではスタンダードな本の販売方法として定着しているらしい。本を注文に応じて1冊でも印刷するなんて手間や費用などから見ても考えられない。デジタル時代でアナログ化である。拙著「維新の力でまちを変えようや」は絶版になったので、それを蘇生させる一方法だいう。案内状に引き続き電話があり、事情を確認した上で申し込む事にした。その際に、教えに従ってアマゾン本を検索し「文芸社小原一浩」を探すと、小生の本が掲載されていた。オリジナルと殆ど変わらない(帯だけがなくなる)。新本の定価は1300円だが、絶版ではアマゾンでも扱えない。古本をクリックすると、一番高い価格で
2800円の値段がついているではないか。インターネットで1冊から注文可能で、オンデマンド印刷&製本により買うことが出来る。本を製本・印刷するには500冊位が経済性から見て妥当な筈だ。管理料が月に1000円必要だが、兎に角面白い企画なので乗ってみることにした次第。

posted by ケチ at 08:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルネイテイブ

放送大学の授業を視聴していて新しい言葉を知った。「デジタルリテラシー」や「デジタルネイテイブ」である。確かに社会でのデジタル化は凄いものがある。スマホなどもその例であるが、世界中の出来事が瞬時に分かるのだ。実は1歳8か月になるわが孫(愛生)が時々NPOの事務所に、母親に連れられてやってくる。母親がデジタル機器を駆使しているので慣れているのだろう、パソコンを操作しているケアマネの膝上に座りたがる時がある。そしてマウスを握りカーソルを動かすのだ。誰が教えたという訳でもないのに。勿論カーソルは無茶苦茶に動き操作は出来ていないのだが、言葉どおり、デジタルネイテイブ時代の子供なのだ。我々の年代でPCを駆使する人は少数派である。幸い、小生は何とか駆使している。このデジタル時代にPCやスマホを使いこなせれば大変便利であるが、高齢者は器用だった人でも食わず嫌いで「使用を拒否している」。情報獲得の格差は想像以上に大きいのだが、不使用者はそれを感じていないだけである。デジタル社会に生まれ、ネイテイブスピーカーならぬ「デジタルネイテイブ」となっている「孫」が成人する頃にはどのような社会になっているのだろうか?残念ながら私にはその様子を見ることは出来ない。
続きを読む
posted by ケチ at 07:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする