2016年09月19日

公務員の地域手当の不思議

国家公務員は全国に転勤する可能性があり、勤務する地域によって物価水準が異なる。それ故に、国家公務員の賃金を決める際に人事院が地域ごとに毎年「地域手当」を答申している。100を基準に、地域によって7つの号地を定めている。計算の基礎は厚生労働省の調査数字を元に人事院が決める。人事院が決めるのは国家機関の出先が存在する都市であり、出先が無い都市についての勧告は無い。1号地は東京都の特別区で20%。東京都内でも東村山市などは3%と極端な差がある。県庁の所在地でも札幌市その他もそれほど高い%ではない。大阪府を見ると大阪市と守口市が2号地で16%。近隣の堺市は5号地で10%、河内長野市や富田林市は6号地で6%である。一方、国の出先が無い大阪狭山市(田舎?)は15%。人事院の勧告ではなく、勧告に沿って出されている「総務省」からの数字がその市の地域手当を決めている根拠である。もともとこの地域手当はその地域に所在する国の機関に勤務する国家公務員とその地域の民間企業の賃金との格差を無くす為に設けられたものと思っていた。門真市や守口市が号地として上なのは松下産業や三洋電機などの大企業の所在地だったので、高止まりになっていると思われるのだが、大阪狭山市が3号地(15%地)であるのが理解し難い。市内の企業の平均給与の基準なのか、それとも市民の収入のレベルなのか?物価水準なのか?介護保険法に基づく地域では河内長野市や富田林市と同じ地域になっている。理解し難い「数字」を元に、昨年3月に「人事院勧告に基づくと称して、地域手当改正条例が議会で可決してしまった。孤軍奮闘小生だけが「人事院勧告数字」に異議を申して反対したが、他の会派は挙って賛成した。条例に関する規則を創り昨年(27年度)は1%(10→11%)に上げ、今年の3月に更に2%(11→13%)に上げた。この時も、さやま維新の会として反対をしたが、多数決で可決されてしまった。9月の議会で、この問題を取り上げた。企業でも家庭でも、身の丈にあったことをしないと旨く運営できない。当市は単年度黒字決算を続けているが、現在でも街づくりの為に投資すべき案件が沢山あり、将来でも安心できる状態ではない。そのような状況下一番気を付けるべき人件費を高止まりさせる自治体のガバナンスはどうなっているのかと言いたい。
posted by ケチ at 15:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高い国民健康保険への苦情

市役所の入り口で知り合いと遭遇した。国民健康保険料の支払いに市役所にある銀行の窓口来られたようだ。開口一番に「夫婦2人で月に10万円以上の支払いになる」と。医療費が国の予算の30%位になっているのだから、国民健康保険料が高くなるのも分かる。月に10万円の保険料を支払っている世帯は、それに応じた収入があるのだろうが、低所得者の負担も大変である。高度医療にお金が掛かるのも分からぬではないが、初診料、薬剤管理料などなど諸々に費用が付いてくる。レクサスや外車を複数台並べている医者(開業医)の家を見るたびに、社会の矛盾を感じるのは自分だけなのだろうか?

posted by ケチ at 14:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総務省の人口推計

敬老の日を前に総務省が発表した人口推計によると、65歳以上の人口は27.3%(高齢者人口)である。女性は30.1%で30%を超え、男性は24.3%。総人口に占める65歳以上人口は73万に増の3,461万人、割合、人数ともに過去最高を更新した。後期高齢者である75歳以上は1,697万人で総人口に13.4%占めている。男性が660万人に対して女性は1,34万人と平均寿命の男女差を示してエイル。日本の高齢者の割合は欧米先進国と比較して最も高い。伊の22.7%、独の21.4%を凌駕している。この高齢者の中で職に就いていた人は730万人(H27年)と12年連続で増えている。このうち約74%の267万人はアルバイトやパートなどの非正規雇用だ。日本の特に大企業には定年制が守られていて、大企業に勤めていた人達ほど、定年後に失職する率が高いようだ。税金では「配偶者控除」や「基礎控除」制度の廃止が中央で審議されている。天文学的借金状態の中でも借金が可能な日本政府と比べて借金が出来ないサラリーマンや年金生活者には辛い時代である。それにしても政府の借金はどう処理する積り?
posted by ケチ at 14:13| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケ歌謡大会に参加

9月18日(土)、敬老の日の前日、市立老人福祉センターで開催された恒例の「カラオケ歌謡大会」に参加した。参加は93名、フルコーラスでの出演なので、朝の9時半から初めて午後の4時半まで休みなしの大会である。今年は第2部の司会役を仰せつかり、歌の順番は最終の93番となった。大取りと言うよりは神の思し召しの「抽選」の悪戯である。謳ったのは五木ひろしの「山河」。難しい曲である。滅多に謳わない曲なので、前日に近くの「シダックス」へ立ち寄った。節の正確度を図るために機械「採点」をした。案の定、良い点が出ない。譜面通りに歌えてないのである。最初、1時間の予定が2時間になったが、「精密採点」の評価が下がってくる。張り切り過ぎたのか声がかすれだした。最後の機械採点の講評では「・・・たの易しい曲に変えたら如何ですか?」と言われてしまった。
posted by ケチ at 13:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年の敬老の日

今年も早いもので、秋の「敬老の日」を迎えた。リオのオリンピックとパラリンピックも終わったが、相変わらず、世界中で問題が起こっている。2001年9月11日、NYで旅客機が世界貿易センタービルへ突っ込むテロがあり、その後、世界中でテロが発生している。シリアやイラクに於けるISとの闘いなど、人類はどうして諍いを止めないのだろう。ソ連の無茶苦茶な「北方領土」の略奪、竹島の不法占拠問題、ごり押し以外の何物でもない中国の南シナ海の九段線、東シナ海の尖閣列島問題、北朝鮮の核実験その他種々雑多な問題を抱えているこの宇宙船地球号。地球温暖化による異常気象の連続、あまり深く考えすぎるとノイローゼになってしまう。
今年の敬老の日は何故にか「気が重い」
posted by ケチ at 13:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物にも意思がある

今年の八月に自宅の門の上を這っているバラ門、新芽があまりにも沢山出てきたので切り落とした。その後、大阪地方は好天気に恵まれ、連日熱帯夜が続いた。新芽は春に出るはずなのに、たった2か月足らずの間に、前の2倍ぐらいの嵩になった。台風16号の襲来前にと敬老の日に剪定をした。バラにチクチクと刺されつつの作業だったが、ふと、このバラに復讐の意味での意思があったように感じた。動物には細胞がありDNAがその個体を支配している、一方植物にも細胞があり動物程ではないが生き物としての意思がある。短期間での新芽の繁茂は、先に切られた部分のDNAが復讐の意味を持って成長させたのだろう。10年ほど前に近くの竹藪が切り開かれたその次の春に、倍旧の竹の新芽が育ちだした事実を見たことがある。その時にも、植物を構成している細胞のDNAに「意思」があると感じた次第である。
posted by ケチ at 13:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

夏の天神祭りがまだ続いていた

久しぶりに大阪市内へ出かけたのは、本町にある「那須歯科」へ行く用事が出来たためである。2日前、干物の「ふかひれ」をそのまましがんでいたら、右上の奥から2本目の歯が半分欠けてしまい、治療のための本町行きである。本町から難波まで運動も兼ねて心斎橋筋を歩くのが習わしになっている。午後6時半ごろ、本町から心斎橋筋を難波まで歩いた。9月に入った今でも心斎橋、戎橋の界隈は天神祭りの賑わいである。殆どは東南アジアの方々だ。客寄せの女性は中国語のネーテイブスピーカだった。兎に角賑やかだが、不思議なことにこの賑わいは道頓堀橋辺りまでで、難波までは続いていない。爆買いはなさそうだが心斎橋筋のお店それもドラッグストアは多くの旅行者で賑わっている。私自身も、外国へ行った時には屋台や商店街をうろうろするのが好きだ。観光立国を目指している日本に外国の旅行者が殺到しているのだ。思えば、ヨーロッパや米国よりも日本には名所、旧跡が遥かに多い。お土産ものでも日本ほど豊富なところは少ない。飛行機やデジタル時代になった今、外国の旅行客が日本へどんどん来て欲しいものだ。
posted by ケチ at 22:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都知事の報酬削減について

小池都知事が選挙の公約に従って都知事の報酬を下げることにしたらしい。大変結構な事である。この削減案が実行されると都議会議員の方が報酬が多くなる。都議会議員は非常勤特別職公務員であり、都知事はそれこそ日月火水木金金の休みなしである。単純に拘束時間だけを考えても不合理である。少し前に、米国の財務長官の年間報酬が約1600万円だと聞いた。米国その他先進国では公務員の報酬は常勤でもあまり高くはない。それだけ公の職は聖職なのだろう。維新の党所属の大阪府知事や大阪市長なども率先して報酬を切り下げた。世界の常識が日本の常識にならなくっちゃ。ところで、あのホリエモン氏が、今回の小池都知事の報酬削減案に異論を呈している。マネーゲームでシコタマ稼いだ御仁に言われたくないものだ。濡れ手で泡のようなお金を儲けた人にはお金の大切さを感じよと言う方が無理だろうが。
posted by ケチ at 21:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

書籍のPODて知っていますか?

文芸社からお知らせが届いた。「文芸社20周年特別企画」の案内だった。POD(プリント・オン・デマンド)とは本の注文があり次第、アマゾンが迅速に印刷・製本して販売するシステムだ。実際に絶版になった書籍に関して「紙の本が欲しい」との問い合わせが多い。既にアメリカのアマゾンではスタンダードな本の販売方法として定着しているらしい。本を注文に応じて1冊でも印刷するなんて手間や費用などから見ても考えられない。デジタル時代でアナログ化である。拙著「維新の力でまちを変えようや」は絶版になったので、それを蘇生させる一方法だいう。案内状に引き続き電話があり、事情を確認した上で申し込む事にした。その際に、教えに従ってアマゾン本を検索し「文芸社小原一浩」を探すと、小生の本が掲載されていた。オリジナルと殆ど変わらない(帯だけがなくなる)。新本の定価は1300円だが、絶版ではアマゾンでも扱えない。古本をクリックすると、一番高い価格で
2800円の値段がついているではないか。インターネットで1冊から注文可能で、オンデマンド印刷&製本により買うことが出来る。本を製本・印刷するには500冊位が経済性から見て妥当な筈だ。管理料が月に1000円必要だが、兎に角面白い企画なので乗ってみることにした次第。

posted by ケチ at 08:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルネイテイブ

放送大学の授業を視聴していて新しい言葉を知った。「デジタルリテラシー」や「デジタルネイテイブ」である。確かに社会でのデジタル化は凄いものがある。スマホなどもその例であるが、世界中の出来事が瞬時に分かるのだ。実は1歳8か月になるわが孫(愛生)が時々NPOの事務所に、母親に連れられてやってくる。母親がデジタル機器を駆使しているので慣れているのだろう、パソコンを操作しているケアマネの膝上に座りたがる時がある。そしてマウスを握りカーソルを動かすのだ。誰が教えたという訳でもないのに。勿論カーソルは無茶苦茶に動き操作は出来ていないのだが、言葉どおり、デジタルネイテイブ時代の子供なのだ。我々の年代でPCを駆使する人は少数派である。幸い、小生は何とか駆使している。このデジタル時代にPCやスマホを使いこなせれば大変便利であるが、高齢者は器用だった人でも食わず嫌いで「使用を拒否している」。情報獲得の格差は想像以上に大きいのだが、不使用者はそれを感じていないだけである。デジタル社会に生まれ、ネイテイブスピーカーならぬ「デジタルネイテイブ」となっている「孫」が成人する頃にはどのような社会になっているのだろうか?残念ながら私にはその様子を見ることは出来ない。
続きを読む
posted by ケチ at 07:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする