2016年08月14日

外大ワンダーフォーゲルOBの消夏会

実施を忘れていた新年会の代わりに「消夏会」を梅田スカイビル39Fの中華料理店「燦宮」であり参加した。偶にしか来ない梅田界隈は、最近では大きく変わっている。大阪フラン・フロントが出来て人の流れが変わった。梅田スカイビルは積水ハウスの所有。パリの凱旋門の形をしている、でかいビルである。ただ、グランフロントとの繋ぎが如何にも不味い。薄汚い200メートルの地下道を通って行くしかない。何れは再開発の時に整備されるのだろうが、その間、改善すべきだ。(福島駅から歩けば別だが)39Fの特別室の窓からは淀川周辺が一望できる。高所から見ると淀川が本当に近くに見える。消夏会は少数精鋭の出席となったが、出席者は健康だから参加できるのだ。同年輩には部品が傷んでいる人が最近多くなった。日頃からのメンテナンスが必要だ。特に精神的なものが影響すると思われる。気力が体力の衰えを補う。今年の夏は特に暑い。リオのオリンピックも開催中。健康で長生きをしたいものである。
DSCN3299.JPG H28ワンゲルOB消夏会.JPG H28スカイビル39Fから淀川.JPG H28WVスカイビル屋上で.JPG
posted by ケチ at 13:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪(心斎橋筋)の賑わい

歯が欠けたので歯科の掛かりつけ医へ行った。欠けた奥歯以外に虫歯があるとの事で、合計3回大阪市瓦町にある歯科へ通った。80−20即ち、80歳で20本の自分の歯を維持する意味だが、幸いに小生は奥歯の1本が抜けているだけ。機械類でも生身でも、平生のケアが必要なのは誰でも分かるが、健康に関する日頃のケアは本当に大事だと痛感する昨今である。昔は聞かなかった「歯周病」には気を付ける必要がある。係りつけ医は良い先生を選ぶのが大切だ。小生の歯は、先生のお陰で健康さを保っている。コンビニより多いと言われる歯科医院をやり過ごして市内の本町まで通うだけの価値はある。ついでに、帰途にシンブラを実践できるのも楽しみの一つ。午後6時過ぎに本町から難波まで歩く。その間、外国のお方の多いことに驚く。心斎橋筋の商店街には外国人向けの「ドラグ・ストア」の新設が目立つ。化粧品などの売り上げが順調のようだ。今は改修中の「大丸本店」辺りから、道頓堀橋まで、すれ違う人の90%は外国のお方である。ベビーカーを押す若い夫婦も散見される。道頓堀通りなどは毎日「天神祭り」のお込み合いである。関空の民営化やLCCのお陰だろう。「爆買い」との言葉はあまり好きではない。既に買う物が無くなっている日本人に代わって、購入してくれる外国の方には感謝すべきだ。それ故、「爆買い」などの少し皮肉を込めた表現は止めるべきだ。
自身、北京やソウルの市場をうろついた昔を思う。心斎橋筋や道頓堀の商店街は世界的に見ても珍しい筈。中国の人が沢山日本に来て、平和な日本を認識してくれたら、軍国主義的な「今の中国指導部」も変わって行くだろう。
H28夏道頓堀橋.JPG H28道頓堀川.JPG H28道頓堀.JPG


posted by ケチ at 13:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孫娘との思いで作りの旅

旅といえる程のものではないが、7月の末に和歌山県の由良町への一泊旅行。6月にNPOのバス旅行で、御坊の道成寺まで行ったが、その時には時間が無く由良の白崎海洋公園へ行きそびれた。孫娘(愛生)が是非とも行って見たいと言う(1歳8か月では意思は通じるがまだ日本語を話せないので母親が代弁)ので、4人で出かけた。車は、フーガをやめて今流行のHUSLERにしたのは、小回りが利くし、ガソリン代も少なくて済むからである。由良の海岸は夏休み中とは言え、時期的には少し早く、海水浴客は少なかった。海水は透き通っていた。海初体験の孫娘、最初は警戒して砂浜にも足を着こうとしなかった。静かな波なのに、怖がっていたが、最後には親の勧めで、やっと水に入った。それでもかなり警戒していた。幼子、少し連れ回し過ぎのきらいはあるが、翌日には湯浅の親類3か所を巡って帰宅。孫娘との思い出を沢山作っておくとの「じーじ」の我儘の一つである。
H28広の従弟と.JPG H28年.JPG H28湯浅で愛生.JPG H28湯浅従弟宅で.JPG

posted by ケチ at 12:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする