2016年01月16日

さやま池堤にある「管理道路」

さやま池の平成の大改修が終わって、この16年間、市民にはあまり知られていないが、堤の北東部に一部通行が出来ない箇所がある。それは「管理道路」とされ、一般には開放されていない。平成の大改修工事を開始する時に近隣住民の反対があり、「必要な時には使用するが、普段は通行止めにしておく」事になっているらしい。多くの市民は通行止に対して疑問を持ちながらも見過ごしていた。ところが、昨年の12月、木橋も含めて補修工事が始まり、3ヶ月もの長い工事期間が設定され、池一周が出来なくなった。実はこのさやま池、一周が2850米と朝夕の散歩場所として市民や近隣市の住民の健康散歩道場となっている。池一周の散歩だ出来なくなったのをきっかけに、北東分の堤の閉鎖問題が出てきた。反対している住民は、通行を許したら大変迷惑が掛かる(覗かれる、騒音など)と主張するが、どれだけの迷惑が掛かっているか?その迷惑を最小にする工夫は無いのかを考えるべき時に来ている。16年ほど前の約束は例え有ったとしても、未来永劫に「管理道路」として閉鎖したままなのか?築造1400年の今年だが、今後1400年間閉鎖を続けるのか?閉鎖部分の代わりに、わzあわざ作られたと言われる「木橋」、改修が必要になった時に、また税金を使うのか?一般市民感覚では答えは自ずから決まっている。実態調査の結果、反対が「住民エゴ」だとなった時に、誰が責任を取るのか?長い間、解決を怠っている行政の責任は重いと言わざるを得ない。

狭山池朝 (1).JPG IMGP4028狭山池の夕日.JPG 狭山池3.JPG
posted by ケチ at 12:34| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H28年成人式へ出席

1月11日(月)(成人の日)さやか会館大ホールで開催された「成人式」に出席した。市議として案内されて参加するのは今回で5回目である。この会合は成人式企画運営委員が企画立案して開催されている。中学時代の恩師の映像などをPCを利用して大きな画面に映し出すなど、時代の変化を感じさせる。私の成人式を振り返ると、狭山町時代、特に式典は無かった。同じ年代の数名が町を代表して、大阪府が開催する成人式へ出席したことを覚えている。当時の知事は確か、赤間文三氏だった。2016年の成人式は何処でも同じ傾向だろうが、女性の殆どは綺麗な晴れ着を着用。羽織袴を着けている男性は少々格好を付けているようで、「やんちゃ者」の感じがした。今年の新成人は男性が358人、女性が292人の合計650人。正装に着飾った本市の新成人は行儀正しい若者で、暴れるような人は居なかったが式が終わってから会場の外で少しトラブルがあったようだ
H28年成人式.JPG

posted by ケチ at 11:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新春の消防出初式に参加

新春正月の9−11日には市役所関係の行事が続く。1月10日(日)には「さやか公園」で新春消防出初式があり、出席した。人口が6万人弱の当市だが、結構消防車などの車両が揃っている。広域で対応した方が、効率的だと思いながらの出席であった。中学校の吹奏楽の演奏や消防隊員による梯子ショウなどが続いた後で、消防庁のヘリコプターが上空に来て、通信筒を投下する。また、さやま池に向かって一斉放水の実演もある。この季節、さやま池は池干しの為か水が少なくなっている。今年の2月末に、さやま池築造1400年記念行事が開催される。話は違うが、新春早々から、世界の経済は波乱含みである。東証株価も大幅に下落し続けている。すべて世は事もなしという訳には行かぬようだ。
posted by ケチ at 11:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新春年賀交歓会へ出席

1月9日(土)、さやかホールで開催された新春年賀交歓会へ出席した。毎年、新年早々に開催される催しである。以前には地区長会が開催していたようだが、このところ、商工会が主催。今年は市長と商工会が共催となっていた。同じような催しではあるが、内部では少しづつ変化しているようだ。初めて招待された人とも会ったが、大方は、招待メンバーは固定されている。地域で活躍されている人たちが招待されるのだろうが、少し固定化され過ぎているいるようにも感じる。若い人たちとの交流の場がもう少しあっても良い筈。一方、新春に琴の音は相応しい。
H28年年賀交歓会(1).JPG

posted by ケチ at 10:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする