2016年01月02日

年末の温泉旅行

このところ、数年間は年末・年始には孫の顔を見る為に東京へ行っていたが、今回は何か慌ただしくて止めにした。その代わり、12月30、31日と近くの温泉へ行ってきた。数年前に、市内の東野に温泉が出たとのことで、今流行りの銭湯が出来ている。冷泉を温めているのかも知れないが、温泉と銘打っている。入湯税を取るために条例が制定されたが、料金は1回当り千円を超えないので、市には入湯税は入らないし、利用者も支払う必要はない。1回が700円で昔の「銭湯」よりは高額だが、よく流行っている。家族湯は8箇所ほどあって割高だが、何時も満員だ。京料理のレストランが併設されているので、自分で温泉気分に浸ったら大変経済的だ。年末・年始は大混雑。若い夫婦のお子さん連れが多いのも時代の変化だろう。当方の晦日は、ボクシングの観戦で締めくくった。今回ごく平凡な晦日だったが、齢を重ねた者にとっては、年末・年始はまあこんなものだろう。

posted by ケチ at 19:10| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする