2015年12月23日

大阪・関西への観光客急増に拍手

偶に、大阪市内に行き心ブラ(心斎橋散歩)を楽しむが、昨今の外国人訪問客の多さには驚く。昼時も、夕方も歩いている人々の半分以上は外国のお方である。今年の1月〜11月の関空の国際線利用の外国人旅客数が911万人と過去最高を記録した。大阪・南への経済効果は大きくて、高島屋や近鉄百貨店の免税店の売上が4倍位に膨らんだようだ。友達が東京から出張して来た時に市内でホテルを確保するのに難儀したらしい。沢山日本の製品を購入するのを「爆買い」と揶揄しているが、全く失礼な言葉である。デフレに喘ぐ日本にとって、日本製品を購入して頂ける大切なお客さんである。一方、日本人は既に最新の電化製品を購入しているので、今や買う物が見つからない。
今年の初めにマレーシアへ10月に台湾へ旅行し、帰国し入国手続きをした時に、帰国日本人の窓口よりも来日外国人の列の方が遥かに長く、訪日外国人の多さを実感はしていた。
posted by ケチ at 13:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「夫婦同姓」の合憲判決に喝采

夫婦別姓と女性の再婚禁止期間の是非について最高裁大法廷の判断が示された。最高裁判決は夫婦同姓の意義や合理性について積極的に言及している。氏には「家族の呼称としての意義」があり、その呼称を「一つに定めることには合理性がある」。また「家族は社会の自然かつ基礎的な集団単位」であり、全員が同じ氏を称することにより、家族という一つの集団を構成する一員であることを実感することに意義を見出す考え方も理解出来る」。と。夫婦同姓であればその子供も両親と「氏を同じくするうことによる利益を享受しやすい」また、最高裁は、憲法13条は「氏の変更を強制されない自由」まで保障したものではなく、夫婦同姓は憲法14条1項目の「法の下の平等」との関係についても、民法750条は夫婦がいずれの姓を称するかはその「協議」に委ねていて、「文言上性別に基づく法的な差別的取り扱いを定めているわけではない」ことを理由に、夫婦同姓制は違憲でないとした。現在、日本では家族崩壊の危機に面しているが、個人ではなく家族が社会の基礎である。「家族の絆」をこれ以上に破壊しかねない「夫婦別性論」には反対である。
posted by ケチ at 12:54| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国旗国歌条例(大阪府)は合憲との地裁判決

大阪府の教諭が「卒業式での国歌斉唱時に起立しなかったことを理由に、減給処分を科したのは違法」だとの訴えに対して、大阪地裁は「処分が重すぎるとはいえない」として請求を棄却した。正しい判断である。私が幼い頃には国旗掲揚はよく見られたし、国歌「君が代」斉唱はごく普通だった。全国で初めて公立学校の教職員に国歌の起立斉唱を義務付けた条例が憲法が保障する思想、良心の自由を侵害するか否かが争われた。裁判長は、この条例も「違憲・違法であるということはできない」と述べた。当市の公立学校の卒業式や入学式で共産党議員は起立も斉唱もしていない。学校の規律や秩序保持を考えれば、従うのが当然だ。それに従うのが嫌なら、出席しなければよい。国旗掲揚ももっと推進したらよい。今日は天皇誕生日、我家では国旗を掲揚したが、ご近所で掲揚していない家が大半だ。
posted by ケチ at 11:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

大阪ダブル選挙の模擬選挙結果


NHKテレビが11月22日(日)の午後8時、大河ドラマの放送が始まった直後に、大阪維新の会の2人の候補者の当選確実がテロップで流れたのに大阪のいや全国の人が驚いた。午後8時には全ての投票所で箱の蓋を閉めた時間であるのに、「当選確実」報道である。あれから1ヶ月が経った。来夏の参院選挙から満18歳から選挙権が出来るので、近畿を中心に全国の高校、大学合計20校(約2千人)が模擬選挙を実施したところ、大阪市長選では、吉村候補(大阪維新)が柳本候補(自民・共産・民主その他の推薦)を大幅に破っり、府知事選では松井候補が46.6%、栗原候補が37.5%を得票し、実際の選挙結果と同様の傾向が見られた。恐く高校生・大学生の方が市民よりも大阪維新の会のマニフェストや過去の実績を真剣に検討したものと思われる。自分達が殆ど何も実行せず、相手の批判ばかり繰り返していた候補者の事が、市民がわかって来たのだろう。住民・市民・国民は時代の流れを理解すべきである

posted by ケチ at 20:16| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

やっと狭山駅前の府道の側溝蓋工事着工さる

南海高野線狭山駅前を昔の下高野街道という府道が走っている。この府道は一方通行になっていて道幅は狭い。車が来れば、避けるのに困る。かなり前に沿道の家に側溝のフタの設置の了解を取り、市の土木に側溝の蓋をとりつけてくれるように依頼した所、やっと工事を始めて呉れた。この狭山池に至っている一方通行の府道。府道故になかなか着工までには時間が掛かるのだが、今回は予想より早く施工してくれたのは有難い。住民が安心して道を歩けるようにするのが行政の仕事である。市内を貫通するR310号線の歩道の状況などをみても、道路に関しては、日本はまだまだ後進国である。

posted by ケチ at 23:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

狭山池の周回遊歩道の一部開放

11月16日から全面通行止めであった狭山池の周回遊歩道の一部が解放され、散歩楽しみにしている人たちが戻ってきた。さやま池の遊歩道は一周が2850米あり、健康増進のために、多くの市民や近隣の住民が池の回りの遊歩道を散歩している。その遊歩道が傷んだので、今回舗装改修工事が実施されたのだが、工事量の割には、工事期間が長すぎるので、担当に工期短縮方を申し入れ、約2ヶ月の短縮が実現した。本会議でも質問をしたが、市役所が施策を実行する際には、他の部門とよく調整して実施すべきものである。さやま池は今では格好の散歩道として利用されている。主として高齢者にとっては毎日欠かせない「健康道場」なのだ。本来なら、全面通行止めをせずに、工事をして欲しいが、せめて工期を最小にして、市民の要望に応えるべきである。11日に一部(南半分)が使えるようになったのは喜ばしいが、行政は、きめの細かい施策をして欲しいものである

posted by ケチ at 19:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合同クリスマスコンサートin SAYAKA HALL

12月12日(土)、午後4時からさやかホール(小ホール)で3つの合唱団の合同クリスマスコンサートがあり、妻と一緒に出席した。大阪狭山プリテイコーラスと泉北児童合唱団「わ」と清教学園中・高等学校合唱部のコラボだった。前2者は、地元で40年以上の歴史がある児童合唱団である。幼稚園児ぐらいの子が出演していて、微笑ましい状況だったし、中高生からなる清教学園のメンバーは流石に上手だった。幼い子供たちの一生懸命に歌う姿を見ていると、平和な日本に感謝したくなる。老兵が去った後には、これらの若い人たちがこの日本を背負って行くのである。COP21で、全世界的に地球の温暖化防止策が合意された。生命体の絶滅機種の増加や、宗教紛争、地球温暖化など人類史上始まって以来の地球の危機が迫っている。人間の知恵で、これらの危機を克服したいものである。子供たちの純粋なクリスマスソングを聞きながら、祈りたい気持ちになった。

posted by ケチ at 18:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

池尻自由丘の銀杏並木

昔、戦時中に開発された住宅地が池尻にあり、今では池尻自由丘と住居表示されている。車の交通量は少ないが、昔、住民の要望により一部に歩道が整備されて並木が植えられた。師走の初旬の寒い朝、イチョウの木が色づいていて綺麗だったのでデジカメに収めた。短い距離ながら、池尻にもイチョウの並木道があることはあまり知られていない。
posted by ケチ at 20:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狭山池と副池

2016年(来年)には狭山池が築造1400年を迎える。日本最古の人工ダムとして認められている。最近は一周が2850米の遊歩道として市民や近隣の人たちが朝夕の散歩道として利用している。高齢者の健康維持に大いに貢献している。しかし、この狭山池を世界遺産にしたいとの試みには賛成しかねる。池単体だし、築造当時の面影を残していない場所がどうして世界遺産に登録されうるのか?それよりももっと他に実施すべき事がある筈だ。
ところで、最近副池湖畔を散歩している。ビオトープと称して副池公園が整備されていて、散歩するのに適当だ。狭山池と副池を合わせて、散歩道と宣伝した方が良い。朝の凪ぎ時には副池の池面は鏡のように綺麗である。
posted by ケチ at 19:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪ダブル選挙で気になったこと

11月22日(日)の大阪ダブル選挙では大阪維新の会の候補者が完勝したが、選挙期間中に気になったことがある。「維新よさよなら」と大きく書いてあるポスター(2枚ひと組)の真横に小学生が書いたと思われる手書きの絵が貼付されている場所が多く見られた。共産党のシンパが貼ったのだろうか? 少し前に、安保関連法案が国会で審議されていた時に、共産党などは戦争法案と名付けて猛反対をしていた事がある。小学校の生徒に「戦争法案」と教えていたのだろうか?先生が意識的に生徒に描かせて、それらを選挙用に利用したのだろうか、定かではないが、もし、子どもにそのように教えたとしたら問題であろう。公務員、特に教育者は中立でなければならに筈である。
posted by ケチ at 19:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふれあい唱歌隊初冬懇親コンサート

12月3日(木)、毎年行っている初冬懇親コンサートがさやかホールのコンベンションホールで開催された。午後1時半の開演だが、午前8時半に荷物を運び込んだ。8時45分にドアが開くらしい。早く着きすぎて頼み込んで入った。机を出したり、椅子を並べたり、横断幕を吊るすのは全て、自分たちの仕事である。リハーサルを終えて、やっと格好が付いた。今回、練習日での欠席が多くて、覚えきれていない歌があり、いささか不安だった。午前中には雨が降り、寒さも厳しかったが同級生も沢山参加してくれ、盛況だったのは良かった。このコンサートは懇親コンサートと名乗っているように、参加者と一緒に歌を歌うのが恒例になっている。このふれあい唱歌隊は公民館の講座から出発していて、今年で20周年を迎えた。新しく栢木先生になってから10周年を迎えた。自分たちの日頃の練習の成果を発表する機会でもあり、来年も続ける事にした。来年の12月の第一木曜日は12月1日であり、場所の申し込みはしておいた。

 初冬のコンサート.JPG ふれあいコンサート.JPG
posted by ケチ at 18:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨大ショッピングセンターへ

和泉市に巨大ショッピングセンターが出来ている。娘が孫の「愛生(メイ)」を連れて来たので、「ららぽーと」と「コストコ」へ行った。買い物に付き合わされたと言って良い。以前に幾度かコストコへは行った事はあるが、ららぽーとは今回が初めてである。ららぽーとでは孫の靴を買うため。客層を若い夫婦に絞っているのか、、子ども連れの若夫婦が多く、ベビー用品のお店が目立った。幼児の靴の寸法を測るコーナーも準備されていて、子ども用の靴がずらりと並んでいた。小さい寸法ながら、価格は大人用には負けていない。少子高齢社会、少ない子どもは大事に育てられる。毎年大きくなる子ども向け用品は身体の成長に合わせて需要が出てくるので効率が良い。最近、中規模のスーパーの販売実績は良くないらしい。今後は巨大ショッピングセンターの時代が来るのだろうか。モノが溢れている時代、ますます商売は厳しくなる。プレミアム商品券などでテコ入れをしても、デフレ傾向は続くように思えてならない。

posted by ケチ at 18:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狭山池クリーンアクションに参加

11月28日(土)、狭山池クリーンアクションに参加した。この活動は、ボランテイア団体や個人が狭山池の中のゴミ類を綺麗に掃除する事で既に長い歴史がある。この活動のお陰で、狭山池や湖畔は綺麗で、ごみは落ちていない。遊歩道の舗装工事の為に通行止めになっている最中での活動だった。月に一回のボランテイア活動だが継続は力である。参加者のご協力に頭が下がる。
posted by ケチ at 18:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする