2015年11月26日

超高齢社会への対応策はあるのか?

3ヶ月に一度の眼科の定期検診の為に近大病院へ行った。病院は相変わらず満員であった。眼科の検査では視力は両眼ともに1.5であった。眼圧は左右11でこれも良好。17年前に手術した緑内障の経過は良好に推移している。先輩が受けた2回目のアブレーションについて聞いたら、20%位の確率で2回の治療を受けるらしい。社会保障費がどんどん増え続けるこの日本、迫り来る超高齢社会にどのように対応して行くのだろうか?外ではイスラム国のテロ、内には借金まみれの国の財政。永遠の処女「原節子」さんが逝去された。
posted by ケチ at 10:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミアム商品券に効果を検証すべし

昨日、地元の知り合いにお会いしたら、プレミアム商品券は良かった。必要なものを安く買えたと賞賛した。その意見を傾聴しつつも、プレミアム商品券についての思いを説明しておいた。20%安く買えただろうが、その為にどれだけの経費を使ったか、殆ど理解されていない。国の借金が1040兆円もあるのに、何故ばらまき政策を実施するのか。1000兆円を1万円札で積み上げたら10,000`にもなる。地球周囲が4万キロだから、その4分の1にも達する距離である。富士山の高さの約2700倍。毎年1兆円も増え続けている社会保障費(5千億円に抑える案あり)なども考えると余計なばらまき施策はもはやご法度である。プレミアム商品券の費用対効果について検証すべきであろう。
posted by ケチ at 10:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪ダブル選挙でのダブルスコア

11月22日の大阪ダブル選挙では維新の候補者が圧勝した。南河内地区での得票率を分析したら、この保守的な地域で、自民党の候補者が惨敗。共産党との共闘(?)が大きなマイナスになったようだし、第15選挙区選出の代議士が余りにも不人気なのも大いに影響しているようだ。投票前に当地へ来た演説会への出席者が少なかったのは、かの代議士や堺市長の不人気が足を引っ張った。不人気者に推薦されて出馬した候補者が可愛そう。当地区(3市、2町、1村)での平均得票率は松井候補が66%、栗原候補が34%だった。保守系が強い筈の2町、1村での数字も同じ傾向を示している。南河内も変わってきた証拠である。松井府政に「けち」ばかり付けていた今回の自民、共産、その他の国政政党に対して有権者は松井府政の成果を冷静に判断していた結果が今回の維新完勝に現れた。
posted by ケチ at 10:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする